マッチョ社長(テストステロン)の名言!ブログやプロテイン情報!

ダンベル

Twitterで熱狂的なファンを持つ
マッチョ社長(テストステロン)氏。

経営者として飛び回っている彼の名言は、
ユーモアにあふれながらも
本質を述べていると評判です。

実は最近ブログ始めたそうなので
その情報やプロテインとか
おすすめしていたりしないのかな?
ということも調べてみました。

大体あってるという説得力も、
筋トレで養うことができるのでしょうか(真顔)

スポンサーリンク

マッチョ社長(テストステロン)とは?

Testosterone(テストステロン)という名前で
活動されているのですが
マッチョ社長としてのほうが有名に(笑)

検索してみると海外のサイトというか
学術的なサイトの方が引っかかるかんじで
なんぞこれと思ったので調べました。

テストステロン……
アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、
男性ホルモンの一種。
筋肉増大や骨格の発達に作用する。

ステロイドという名前だけで
一瞬構えちゃいますが
普通に人体から作られるものなのですね
ちょっと安心。

いやーまず怪しいという風に
マッチョ社長に対して構えちゃうのに
名前の意味も怪しかったら
次に進めないじゃないですか?(*ノノ)

私が社長のことを知ったのはかなり最近。

本の発売で話題になってからですね。
それがこの本

タイトルだけでお腹いっぱいになりそうですが
最近ようやく武井壮さんや松岡修造さんの言葉を
ネタではなく本気で受け止められるようになってきた
そんな私にはビンビンに響くのですよね!

そんなマッチョ社長(テストステロン)氏ですが
正体を隠して謎の人物として
活動しているだけにわかっている情報も
実は物凄く少ないです。

ハンドルネーム:Testosterone(テストステロン)
Twiiterアカウント:@badassceo
生年月日:1988年生まれ以外未公開

高校2年まで日本で過ごし
アメリカへ留学。

110kgの肥満体型だったが
アメリカ留学中に筋トレに出会って覚醒
40kg近いダイエットに成功!
以降の人生を大きく変える。

現在では自分の人生を変えてくれた
筋トレを広めることをライフワークに
趣味でビジネスをしている。

筋トレとビジネスの比率はなんと
1:99だそうです。

すごい男だw
正体判明して欲しくないなぁ。

日英中のトライリンガルで
元総合格闘家という
ここまでわかっていれば
英語が理解できれば
誰だかわかりそうな気も……。

マッチョ社長、ブロガーになる

しかもビジネス枠。

badassceoさんのブログ「筋トレで全て解決する社長Testosterone公式ブログ」です。最新記事は「スランプの乗り越え方」です。

ビジネスジャンルを代表する著者として抜てき
あ、そうか筋トレのジャンルがないから
アメブロはその辺意外と自由ですよね
(ただし、著名人に限る)

140文字では語りつくせない
細かい話をしてくれますが
いかんせん開設したばかりなので
今後に期待ですね。

スポンサーリンク

マッチョ社長のプロテイン情報は?

筋トレとプロテインで物事は解決できる
とおっしゃっていますが
どこのプロテインを愛飲している
といった情報や
おすすめのプロテインに関しては
情報がありませんでしたね。

既に業界ではインフルエンサー的な
立場になってしまっていますし
商品名でも書こうものなら
イメージのマイナス待ったなし
とか考えているのかも!

プロテイン全体を推しているのは確かなのですが
特定のプロテイン推しではなく
むしろ主催するサイトでは
食事のメニューとかも公開しています。

あくまで”自分で選べ”というスタンス
そういったメッセージだと受け取ってますけども。

マッチョ社長の名言

Twitterなどから名言をピックアップ。
私が読み返す用とか言ってはいけない(*ノノ)

よし!筋トレしよう!

真面目な話をすると、物事を筋トレに絡めて
ユーモアたっぷりに味付けしてあるだけ
生きていくうえでの本質的なことが
メインだと私は感じました。

好きなことを好きだといって何が悪い!
充実しているから他人が気にならない
好きなことのためなら時間も作れる!
そのために仕事も効率化できる!

みたいな感じ。
ありのまま鵜呑みにするんじゃなくて
自分に置き換えるのをおすすめします。

名言として取り上げましたが
ぶっちゃけだいたい名言なので
ざーっと流してツイートを読むことを
おすすめしますよ!

私の場合筋トレよりも食べる方がキツイ。

お読みいただきありがとうございました。

おすすめ記事茨城温泉動画のマッチョ(筋肉)は誰?顔はイケメン?はいてる?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする