田淵幸一の前夫人は誰?現在や息子・夫人とのなれそめは漫画?

野球

田淵幸一さんといえば、
私の世代では既に引退後なんですよね。

唯一漫画の”がんばれ!!タブチくん!!”
読んだ事があるくらいで。

前夫人は誰なのか?
今現在の活動や息子
何をしているのか。

元女優だった夫人とのなれそめは漫画
というビックリな事実まで
色々と調べてみました。

スポンサーリンク

田淵幸一さんのプロフィール

基本的に私のイメージでは
野球解説は活躍した元プロの選手
という程度しかありません。

田淵幸一さんや漫画になった選手の方は
それプラス漫画を見ているので
他の人よりも知っているというぐらいで。

調べてわかったことは、
今の選手よりもエピソードが濃い
そういったところでしょうか。

名前:田淵幸一(たぶち こういち)
生年月日:1946年9月24日
年齢:71歳(執筆時)
出身:東京都豊島区
身長:186 cm

プロ入りは1968年のドラフト1位で
阪神タイガースへ入団。

巨人入りを希望しつつも~というこの流れが
ドラマチックでやはり昔の方が
野球の注目度やドラマ性が
高かったなーと感じたことの一つです。

選手歴は以下の通り。
阪神タイガース:1969 ~ 1978
西武ライオンズ:1979 ~ 1984

調べていて気になったのは
そのアクシデント率でしょうか。

1982年を除いて毎年何らかの怪我や
病気に悩まされており
それでプロ野球に残る記録を
打ち立てているのだから
本当に天才だったのですよね。

その天才っぷりを計る数値として
私は知らなかったのですが
本塁打率という数値があります。
本塁打1本を打つのに要する打数
という数値なのですがそれが
王貞治さんに次いで2位。

王貞治さんが10.66という本当に
意味がわからない数値ですが
田淵幸一さんも12.41という数値です。

毎年のように故障や怪我で悩まされての
この成績だというのですから凄いですね。

野村克也さんは捕手としての田淵幸一さんは
全く認めていないようですが
打者としてのその天才っぷりは
認めていたようです。

1984年に花粉症を訴えていましたが
1970年からずっと春頃は調子が悪い
と言われていたことから
それがなかったらもっと凄い成績を
残したかもしれませんね。
完全にたらればの話ですが。

田淵幸一さんの前夫人

”がんばれ!!タブチくん!!”の中で
タブチくんの奥さんがミヨコという名前なので
私はずっと前の奥さんはミヨコだと
勘違いしていました

前夫人の名前は谷口博子さん。

一応探してみましたが
同姓同名の方が多かったのと
芸能界やアスリートではないようで
掘り下げることはできませんでした。

ミヨコじゃないことがわかったので
私個人は収穫がありましたけども。

ちなみに、がんばれ!!タブチくん!!の
夫婦間のネタの提供元は
この前夫人によるものです。

スポンサーリンク

田淵幸一さんの現在の夫人と息子

野球

田淵幸一さんの夫人というと現夫人で
元女優のジャネット八田(八田有加)さん。

今ではさほど珍しくはなくなりましたが
いわゆるできちゃった結婚&
田淵幸一さんが当時35歳のバツイチ
ということで話題になりました。

お二人の仲は現在でも非常に良く
徹子の部屋に出演したりもしてますね。

二人の間には2男がいて、
その内長男はフジテレビアナウンサーの
田淵裕章アナ。

フジテレビアナウンスマガジン - フジテレビアナウンサーオフィシャルサイト。アナマガ。ブログ、壁紙、番組情報も。

コネっぽい感じがするとマスコミが
騒ぐと思うのですがそういうこともなく
悪い噂も見かけたことが
少なくとも私は無いので
ちゃんと自分の実力で入社したのでしょうね。

(フジテレビ側がどう思ったかは別として)

漫画「がんばれ!!タブチくん!!」がなれそめ?

現夫人の八田有加さんは
野球に全く興味がなくて
漫画のがんばれ!!タブチくん!!
田淵幸一さんのことを知りました。

by カエレバ

実際に会ってみるとズングリな
漫画のタブチくんとは違って
ハンサムだということで一目惚れ、
それができちゃった結婚するほどの
熱愛になったわけです。

人間なにがきっかけになるか
わからないものですね。

人柄の良い天才の現在は?

野球

打席に立つバッターに「次の球は
ストレート」と教えたり、
試合前に挨拶をすると相手が
敵だとは思えなくなってしまう
そんな大らかな田淵幸一さん。

現在は野球評論家として
野球中継に復帰しています。

監督時代は良い成績を残すどころか
割と酷い成績を残していますからね。
野球評論家として解説をしているほうが
ご本人にはあっているのでしょう。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする