キン肉マン第243話~感想!マリポーサvsヘイルマン

スポンサーリンク

キン肉マンの第243話~
マリポーサvsヘイルマンの
試合の感想を書いていきます。

往年のファンには胸熱の
展開が続いているため
散った五本槍の皆さんの
勇姿はコミックスで見ましょう。

登場や入り、六鎗客の
警戒度の高さから考えて
スーパーフェニックス以外は
まず勝つんじゃないかと。

最近のキン肉マンでは
非常に珍しい展開で
味方に格上感があり
安心して見ていられます

五本槍のときはウルフマン以外
全員格下感が非常に強くて
見ている方も辛い展開でした。

単純に悪い相手ではないようだし
その複雑な内面も1戦ごとに
描かれていくんだろうなぁ。

そういえば超人ケイリン編にて
キン肉マンの漫画のコマとキャラで
ケイリンのお勉強が出来ますよ。
もちろん、無料の漫画です。

キン肉マンが競輪とコラボ?特別な限定漫画が無料で読める!

メインは限定プレゼントだと
個人的に思っております。

サイン色紙があたりますように(祈)

スポンサーリンク

運命の4王子+1vs六鎗客

試合前のお話の感想はこちら

キン肉マン第239話~第242話感想!運命の王子達が格好良すぎる!

マリポーサvsヘイルマン
舞台:ルーマニア ブラン城

ビッグボディvsギヤマスター
舞台:中国 紫禁城

ゼブラvsマリキータマン
舞台:イタリア デル・モンテ城

キン肉マンvsパイレートマン
舞台:クリミア半島 スワローズ・ネスト
※現ロシア、旧ソビエト連邦の

スーパーフェニックス
vsオメガマン・アリステラ
舞台:日本・安土城

キン肉マン第243話の感想

第243話 五大城決戦、開幕!!の巻
の感想です。

サタンの影や六鎗客の
真の目的などなど
伏線の回収をしながら
さらに伏線を張ってくスタイル。

安土城跡からは当時よりも
さらに豪奢と思われる
安土城が復活

知ってた。

あふれる知性で返り討ちにしてやる
とスーパーフェニックスのセリフに
ニヤニヤしたファンは多いでしょう。

知性(物理)

第1試合はキン肉マンマリポーサ
vsヘイルマンです。

モクテスマ星の盗人ジョージに
飛翔の神が力を貸して
生まれた超人がマリポーサ。

マリポーサと言えば敗戦後に
キン肉マンやロビンマスクから
「風格・実力共に申し分なく、
王にしてもおかしくなかった」
と評価された実力者です。

ブリザードハンドで速攻をしかける
ヘイルマンの攻撃を軽々とかわし
高さのあるドロップキックで迎撃。

リング下へと落ちるヘイルマン、
トップロープへ掛け上がり
コーナーポストからの
ラ・ケブラーダ。

まさにマリポーサ(蝶)の
名に恥じぬ華麗な空中戦

というか、スピード感が
ハンパない試合ですよね。

一方ヘイルマンもやられている
ばかりではなく反撃しますが
その攻撃の反動すら利用して
攻撃をし続けるマリポーサ。

これは強いですわ。

しかしヘイルマンも
ただやられていたわけではなく
マリポーサの戦法の軸は
足にあると看破!

ティーパックマン戦と同様
リングを氷漬けにして
自分に有利なフィールドで
戦おうとします。

それをさせじと
ブリザードハンドを
カットするマリポーサ。

さらにヘイルマンの体勢を崩すと
足で首を挟み回転、
ブリザードハンドを封じんと
腕を取ってホールドします。

これ、コルバタですよね?

うーん、このクオリティ
どういう試合展開なのか
静画なのに動画に
錯覚したのは私だけ?

てか、始まったばかりですが
試合すごいですよね。

え、この5戦って
このクオリティで毎試合を
やってくれちゃうってこと?

ビッグボディは面倒くさいって
言ってたから大変だろうなぁ
とか色々想像しちゃう。

個人的には熱湯を氷で
封じられたティーパックマンの
意趣返し的な氷と炎の
戦いになるように期待したいです。

キン肉マン第244話の感想

第244話 羽根をもがれた蝶々!!の巻
の感想です。

まあマリポーサの機動力を
奪えるかどうかがヘイルマンの
勝機なのでこのタイトルは
仕方がないと思った私。

コルバタからの脇固めで
ブリザードハンドを封じた
マリポーサが優勢な試合展開。

「俺のブリザードハンドは
右腕だけじゃねぇ」

ですよねー。

左腕のブリザードハンドで
マリポーサの隙をつき
脇固めから脱出したヘイルマン。

ついにフリージングリング発動、
アイスショーのはじまりだ
ばかりにリングが氷漬けに。

それを辛くも飛んで避けた
マリポーサはそのまま
ドロップキックで強襲。

しかし自分に有利なフィールドに
変化した事でヘイルマンも
氷の技が解禁。

毒霧ならぬ雹霧でドロップキックを
迎撃してマリポーサの
両足がなんと氷漬けに

最初からやれ
とか思ってはいけない。

機動力を如何に奪うか?
そういう試合展開だったわけで。

氷漬けになったことで
重みでバランスが崩れ
リングへと落ちるマリポーサを
ヘイルマンがキャッチ。

肩に担いでヘイルマンが
ファイヤーマンズキャリーって
チクショウ、普通なんだけど
技のチョイスに笑う。

そのまま膝にマリポーサの
頭をたたきつけると
一気呵成に攻めるヘイルマン。

足にはスケートのブレードが
ブリザードハンドも氷を伸ばし
剣のように鋭く。

氷上を滑りながら
ブリザードブレードで攻撃し
かく乱する姿は
まさにアイスショー(笑)

機動力が奪われた
マリポーサを尻目に
次々と技を繰り出す
ヘイルマンが猛攻。

らせん状の氷の道をつくり
そこを滑る事で加速しながら
高さを稼いでのエルボードロップ。

なすすべ無しかと思われた
マリポーサがついに反撃。

「この私を空中戦だけが
武器の男と思うな!」

エルボードロップから抜け出し
延髄斬りで反撃すると
そのままフライングクロスチョップ。

しかしそれはヘイルマンではなく
鉄柱へと誤爆!?

マリポーサのミスかと思いきや
そのまま鉄柱にクロスチョップの
体勢のまま錐揉み回転。

もしや摩擦熱(笑)

鉄柱からは煙があがりはじめ
ついにはマリポーサの全身が
炎に包まれついにあの技が発動。

モクテスマ・ディフェンス

王位継承戦でロビンマスクを
苦しめた禁断の技が再び。

でもアノアロの杖がないと
この技使えないんじゃないの?
と皆が思ったところで次回へ。

コミックスには掲載されないであろう
部分の保管をしておきます。

「アイスショー終了のお知らせ」

これ考えた奴だれだよ!
夜中なのに爆笑したよ畜生。

私はこのセンス、大好きです。

キン肉マン第245話の感想

第245話 華麗なる火炎殺法!!の巻
の感想です。

アノアロの杖がないのに
モクテスマ・ディフェンスって
使えるんだ!?

という前回の続きからです。

火を纏い、再び空中戦を
仕掛けるマリポーサ。

ローリングソバットを受け
驚愕するヘイルマンと
読者の想いはひとつです。

「アノアロの杖で起こしていた
特別な現象」であったはずと。

ヘイルマンの
モクテスマ・ディフェンスに対する
認識は私と同じくする所。

その指摘どおりと自らも
それを認めるマリポーサですが
認識が異なっていたのは1箇所。

炎を操る技術は失われておらず
火種さえあれば発動できる点。

こうなってくると
このシリーズの最初から
モクテスマ・ディフェンスありきで
ヘイルマンとの対戦が決まっていた
という可能性までありますね。

その炎を消さんとヘイルブレスで
雹を吐き出すも、
それをものともせずに攻撃。

ファイヤートーチロケットで
低空飛行してアイスバーンリングの
氷を削ります。

よく見るとマリポーサが
無駄にポーズをつけたまま
片足で立っているのがわかる。

削ったリングで華麗に
宙返りをしつつ接近からの
炎を纏ったボディプレス。

触れるだけでダメージを受けるし
通常技が凶悪な技へと早変わり。

モクテスマ・ディフェンスからの
ファイヤートーチ殺法
まだまだこれからだといわんばかりに
両足でヘイルマンの胴をはさむと
強烈な連続ヘッドバッド。

てっきり身体の氷が溶けると
真の姿がでてくるパターンか?
と思っていた私。

それは無いようですね。

むしろマリポーサが
圧倒する展開に格の違いを
見せ付けられるようです。

「お前に勝機は微塵もない」

マリポーサが格好良すぎる。

ヘイルマンも反撃をしますが
機動力を自由に活かせる
マリポーサに死角なし。

難なく攻撃を逃れると
残ったのは身体の氷が
段々ととけているヘイルマン。

炎と氷対決はマリポーサに
分があるという
わかりやすい対比になりましたね。

マリポーサ攻略は
機動力よりもまず
炎を何とかしなくては
というのは変わらぬ模様。

そしてヘイルマンが
全霊を掛けての賭けに。

再度リングを凍らせると
氷の柱を次々と作り
マリポーサへと飛ばします。

その氷柱は次々と
マリポーサを取り囲み
ついには四方八方をふさがれ
燃え上がったまま
氷の牢獄にとらわれる事に。

という所で次回へ。

アイスウォールプリズンで
取り囲んだ事によって
酸素をなくして消火するというのが
狙いかな?と思うのですが。

そのまま酸欠で倒れる
ということまで期待してるなら
それが敗因になりそう。

味方側が圧倒的に強者で
敵が賭けに出る展開は
キン肉マンでは中々ないです。

なのでここからどのように
ヘイルマンの賭けを
崩すのかが楽しみ

偽マッスルリベンジャー
使えないだろうし
新・必殺技も楽しみなのは
私だけでは無いはず。

キン肉マン第246話の感想

続きが掲載され、
読了後に追記します。

ルチャが視たくなる試合

かつてないほどのダイナミックな
試合展開とマリポーサの
圧倒的な強者感が凄い。

展開も上手いといいますか
ネット上などでツッコミが
入ることを想定した上での
ストーリーになっていますよね。

そしてそれに気がついてからは
次回が楽しみで楽しみで。

私が追っているネット漫画は
キン肉マンと聖闘士星矢 アサシン
この2つなんですが
後者は掲載日よく破るし(ぉぃ)

そういった意味でも次回を
間違いなく楽しみに出来る
キン肉マンの今後の展開が
ますます目が離せませんね。

ソルジャーキャプテンはよ

毎回同じような事を
感想の締めとして
使っているような気がする。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする