スニーカーの劣化で転倒事故?加水分解など防止の対策は?

スニーカー-靴

最近スニーカー運動靴劣化によって、
靴底が剥がれることが原因で
転倒する事故が増えてきています。

「劣化するなんて知らなかった!」
私もなのでびっくりです。

加水分解といわれる現象の知識や
そもそも防止対策は可能なのか?
気になったことを調べてまとめました。

大事にしまってある思い出のあれやこれが
実は履けなくなっているかもというのが、
私の中でダメージが大きいです orz

スポンサーリンク

スニーカーや運動靴の劣化で転倒事故に

そのうち履くつもりで大切にしまってある
そんな靴をスニーカーなど種類は問わず
お持ちの方もいると思います。

靴底に使われている素材や、接着剤
時間と共に自然に劣化してしまうため、
それを知らずに久しぶりに履くことで
靴底が剥がれての転倒事故に繋がります。

メーカーとしては購入した靴は履くもの
使うものという認識なのでしょうが
消費者である我々の中にはとっておいて
特別な時にだけ履きたい場合もあるのです。

私の周りに聞いてみましたが、靴が自然に
劣化することを知っている人はあまりいませんでした。
靴をしまっておくタイプが少ないという理由も
あるかと思いますが認知度は思ったより低かったです。

スニーカーや靴の耐用年数?

気になるのは目安とかあるのか?
という耐用年数のことです。

靴の耐用年数は5年?
なんて情報も調べているうちに
目にしたのですが正確には
条件によって変わるので断言できないようで
一応5年~と言われています。

保管場所であったり、使用頻度であったり
湿度が高ければ、劣悪な環境ならば
それは劣化が早いわけです。

他にも靴底の素材の種類によっても
劣化の進行度は変わってくるので
業界としても曖昧なことはいえなかった
という裏事情がありそうですよね(苦笑)

加水分解って何?その仕組は?

加水分解という言葉だけ聞くと
物凄く難しい印象がありますよね。

加水分解とは、反応物と水が反応し
生成物に分解する反応で、
この加水分解に弱い代表格として、
ウレタンゴムがあります。
その特性である強磨耗性により
靴底のパーツに使用されることが多いですが、
水分に弱く、加水分解を起こし靴底が
割れてしまうことが度々、発生します。
引用元:http://www.kyowakg.com/tech/taisui.html

要するに水と靴底の素材が反応して
割れたりするなどの劣化が起こる
という認識でOKです。

比較的、加水分解に強く劣化すると
固くなるラバーソール
ポリウレタン素材とは違い、加水分解が
起きないとされるEVAソール
チョイスするというのも手段の一つです。

とはいえ、経年劣化自体は発生しますし、
使っていれば磨り減りもします。

どちらかというと加水分解を気にするのは
5~10年ぐらいのスパンでスニーカーを
保管するような人向けですね。

スポンサーリンク

劣化防止や加水分解の対策は?

日本の気候を思い出してみましょう。
湿気が多いですよね。
ということは加水分解自体は避けられないわけです。

実はその日本の湿気対策
スニーカーなどにも取り入れれば
そのまま劣化の軽減や加水分解への
対策にすることができます

  • 湿気を避ける(湿気とりなどで)
  • 靴への風通しを良いところに保管する
  • シューキーパーなどで靴の中の湿気をとる

靴箱を開いた時に嫌な臭いや
空気を感じるならば即対策を
湿気が全ての原因では無いかもしれませんが
原因の1つであることは確かです。

風通しの良い所に保管できればいいですが
そうそうそんなベストポジションが
あったりしませんよね。

個人的には脱いだ靴をすぐにしまうのではなく
靴の中の湿気をとったり、
形を整えるなどする間に
風を当てればそれでOKだと思っています。

シューキーパーなどは素材はどうするか?
形を整えてくれるかどうか?
などの好みで選びたいです。

例えば木製のものだったら
形を整えて、湿気も程好く吸収し
消臭効果もありますが入れっぱなしにしないで
ある程度で回収すべきです。

使いまわしたいですから(*ノノ)

単に湿気の吸い取りや消臭だけならば
小さめの湿気とりや消臭剤を入れれば
それでいいわけです。

後は何らかの方法で出来るだけ空気と
触れさせないようにするというのも
手段の一つですので検討してみてください。

買った時の箱に湿気とりを突っ込むだけでも
そのままと比べれば大分違います。

修理 or 買換え?

大切なら修理をしてもらえばいいのでは?
と思っていくつかサイトをみて回ったのですが
メーカー製のおしゃれなスニーカーは
大抵、修理額が1万円を超えたりと高額

修理をすべきか、新しく買い換えるか
思い出の品ならば悩むところですね。
また、修理できないものもあるので
修理に出せば大丈夫と過信するも×

私も今回こうやってスニーカーの
劣化のことを調べたことをきっかけに
そういえば最近履いてないあの靴って
いつ買ったものだっけ?と気になりました。

学生よりも社会人になってからの方が
買ったはいいけれども保管したまま
ということが多いと思います。

そして社会人になるとあっという間に
時間がすぎてしまって、ようやく時間が
出来た頃には劣化していて
それに気がつかずに転倒事故……ありそう。

スニーカーなどの靴は経年劣化する
長期間保存するつもりなら準備をする
保存して時間が経ったものは気をつける

この辺を覚えておけば、いきなり靴底が剥がれて
そのまま転んで嫌な思いや怪我をせずに
過ごすこともできるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする