島田順子の夫は誰で大切な指輪とは?娘やイオンの服の情報!

ファッション

ファッションデザイナー島田順子さん。
デザイナーとしてだけではなく、
その着こなし方ライフスタイル
幅広い層に支持を受けています。

パリと日本で超遠距離夫婦生活を
していた夫は誰?
大切な指輪の話など共に調べました。

またさんやイオンで
島田順子さんの服が買えちゃう?
という情報もチェックです。

まずその格好いいところに
目が行くと思うのですが、
インタビューなど調べていくと
かわいい女性だというのがよくわかります。

その島田順子さんのスタイルブック、
これが世の女性に支持される理由が
なんとなくわかるような。

なんとなくなのは仕方がないのです
私がおっさんだからなのです(*ノノ)

スポンサーリンク

島田順子さんのプロフィール

こういう風に年齢を重ねることが
自分に出来ているだろうか?
ふと思い返して目をそらすおっさんです。

ファッションデザイナーだから格好いい
というわけではなくて、
その生き方がデザインになっているから
そう考えると自分の生き様を
見直したくなるわけですが。

島田順子さんの簡単なプロフィールと共に
参考に出来る所はしていきます orz

名前:島田順子(しまだ じゅんこ)
生年月日:1941年7月7日
年齢:76歳(執筆時)
出身:千葉県館山市
好きなもの:子供、友達、仕事、
食事、料理、包丁、皿、台所用品、
動物のもの、ガラス

島田順子さんに感じるのは
年齢なりの格好良さといいますか、
語彙が無くて見つからない(*ノノ)

見たままで伝えようとしますと
ミニスカートって何歳でも
着ることができるんだな、
しかも似合うんだな でしょうか。

本当に最初の印象では
「ラスボス感のある女性だな!」
だったのですが(笑)

1963年に杉野学園ドレスメーカー女学院の
デザイナー科卒業して1966年に渡仏

1970年にはデザイナー集団「マフィア」へ
参加。1975年にキャシャレル社入社。

この当時に日本人女性が渡仏して
デザイナーとして立場を固めていく
それは凄いエネルギーだったんじゃないかと。
今の日本人に足りないエネルギーですね。

35歳の時に未婚で出産

1981年、パリにて
「JUNKO SHIMADA DESIGN STUDIO」設立。
そしてはじめてパリと東京にて
コレクションを発表しており、
以降毎年パリコレに参加してます。

2012年にはフランスにて
フランス文化勲章シュヴァリエ授与されるなど
大変な人物ですね。

プロフィールのところで
好きな物を並べているのですが
好きなものに囲まれる生活
服も含めて、そういうのが大事なのかなと。

うーん、効率を選んじゃうだけの
私にはかなりガツンときますね
好きなものかー。

島田順子の夫は誰?大切な指輪とは?

未婚で娘さんを出産したのが1976年のこと
結婚したのが1988年なんですね。

そのとは山地三六郎さんという方で
日本で船舶関係の仕事をしており
デザイナーとサラリーマンという
異業種でさらには距離も凄い!
パリと日本という遠距離夫婦生活でした。

ちなみに出会いは島田順子さんが
42歳の時で結婚した時は47歳
大人の付き合いで関係を
深めていった様子が思い浮かび……ません、
私にはセンスが無いから(涙)

ドラマみたいな恋をしていたのだろう
という想像ぐらいです。

山地三六郎さんは残念ながら
7年前に他界されています
今でも夫の物はそのままになっているなど
大好きな様子がわかります。

こんなインタビューもありました。
気楽な関係で、好きなもののリズムが合う
夫婦となる相手を選ぶのに
独身の方は参考になるかも?

確かに「蕎麦食べたいなー」と
思った時に「蕎麦にしようか?」なんて
提案されたらめちゃくちゃ嬉しいです。

でも「今日の昼蕎麦だったんだよなー」
というのが現実のような気がします(笑)

なので島田順子さんにとっての
山地三六郎さんが大切な存在であった
というのはわかりますね。

泥棒にも取られなかった大切な指輪

かつて大泥棒に入られて
思い出の物がゴッソリと
もって行かれていた島田順子さん。

それがきっかけで物への執着が
あまりなくなったそうですが
本当に大切なものは別なんだそうです。

その1つが山地三六郎さんから
初めてプレゼントされた指輪

真珠の両サイドにダイヤモンドが
付いている素敵な指輪で
付き合い始めたときに
突然プレゼントされたものなんだとか。

こういった本当に大切なものは
なくしたと思ってもいずれ
自分の手元に返って来る
という島田順子さんの考え方
素敵ですよね。

スポンサーリンク

島田順子さんの娘や孫は?

連載やインタビューにおける
ご自分の経歴に『2010年、孫が誕生。』
と載っている事があるので
如何に大事かよくわかります。

島田順子さんの娘さんとお孫さんですが
名前はわかっていますよ。

娘:今日子
孫:今

さらに娘さんの島田今日子さんは
お母さんと同様にデザイナーであり
ラヴァリエール(Lavalliere)という
乗馬ブランドを立ち上げています。

こういうの、たぶん日本だと
難しいのではないかなーと
海外ならではなんじゃないかなと。

島田順子さんの素敵な生き方が
娘さんやお孫さんに
受け継がれていくのでしょうね。

JUNKO SHIMADAがイオンで買える?

『PART2 BY JUNKO SHIMADA』という
ブランドがイオンで売られているのですが
これってJUNKO SHIMADAなの?

どうやらそのようです
あまり情報が出てこないので
推測が混じることを了承した上で
気楽な感じでお読みください。

JUNKO SHIMADAブランドの歴史を
見てみると1986年に
『JUNKO SHIMADA PART2』が
発表されています。

2003年にクロスプラス株式会社
事業提携している関係で
クロスプラスから出しているブランドが
『PART2 BY JUNKO SHIMADA』
ということになります。

『JUNKO SHIMADA』で出さずに
他社に渡して作っている関係で
名前も変わったのでしょうね。

格好いいスタイルブックが評判

スタイルブックも既に3冊目なので
パリでの生活にも踏み込んでいたりと
全部買っている方も多そう。

こちらが一番新しいものですね
スタイルからライフスタイルへ

うーん、男性目線だと
かわいいお婆ちゃんだなーと
女性目線だとこの年齢で
かわいい女性でいられる
という点に目が行くでしょうか。

エイジレスという言葉もありますが
年齢にとらわれずに生きていく
そのライフスタイルに憧れます

おっさんだってまだ遅くないはず(です)
といっても私の趣味はゲーム
格好良くするイメージが沸かない。
他に好きなものってなんだろう。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする