加藤一二三(ひふみん)の歯がない理由は?入れ歯を入れないのはなぜ?

ひふみんこと加藤一二三・九段
テレビでも出ずっぱりで
紅白の審査員に選ばれるなど
2017年の顔の一人でしたね。

そんな中で気になるのは
前歯がほとんどないこと。

金銭的な理由は将棋界でも
トップの棋士だった方ですし
考えられません。

やはり将棋に係わる
理由があるのかな?などと
想像しちゃいますよね。

そのあたりを色々と調べると
中々興味深い話が出てきました

愛されキャラであるひふみんの
秘密が一つわかったかも?

スポンサーリンク

加藤一二三(ひふみん)さんがかわいい

私のようなオッサンぐらいだと
まだ抵抗あるかもしれませんが
女性から見ても男性から見ても
かわいいキャラクターであると
意見は一致するかなーと。

もちろん凄い方だというのも
認識していますが
こういう方向に持っていったのは
テレビの力が大きいですかね。

ちなみに1940年1月1日生まれで
御年78歳です。

年齢よりも誕生日にビックリ
色々持ってるんだなぁと。

2018年は年始から様々な
イベントに出ずっぱりで
引退してからも人気

むしろバラエティに出やすくなり
人気が上がった感まであります。

ああいった愛され系の
年齢の重ね方
本当に憧れますね。

事務所などは高齢なのを
考慮に入れた上で、
テレビなども十分に
休憩などをスケジュールに入れ
出演交渉して欲しいもの。

1月は8日まで7連勤とか
マジで身体を大切に
長生きして欲しいものです

私も近くに着たら
見に行くと思うし
人気者ですねー(笑)

ひふみんの歯がない理由は?

あの見た目がひふみんに
ゆるキャラ感を出しており
気になる人も多いでしょう。

そもそもどれくらいから
前歯がないのかというと

前歯がなくなったのは、20年ほど前でしょうか。加藤先生は、昔から服装などに無頓着。前歯があった時も、煙草を吸わないのに茶色く変色していたので、仲間内では“歯を磨いていないのでは”なんて冗談も飛び交ったほどです
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14141014/

20年なら60手前の時期ですか
かみ締める奥歯ならわかりますが
前歯というのが不思議の一つ。

実際には朝晩しっかりと
歯を磨いているそうですが
対局中に甘いものを食べるのと
無意識にかみ締める事が多いので
奥歯がもろくなるんだとか。

ちなみにひふみんが好きなのは
明治の板チョコという情報を
目にしました、これですよね。

対局中に相手に分けてあげた
というエピソードも
この方ならではかなと。

現在では棋士達も
歯のケアの指導がされており
かかりつけの医者なんかも
いるのが普通なんでしょうね。

スポンサーリンク

ひふみんが入れ歯を入れない理由は?

とはいえ、歯がないことに
違和感や、拒否感を覚える人が
いることも確かです。

入れ歯を入れないことが
金銭的な理由でないことは
想像できますよね。

かつてひふみんは
インタビューなどで
入れ歯を入れない理由として

15年ほど前に前歯を入れたのですが、頭の回転が鈍り、連敗続きで棋士人生最大の危機に陥った。あるバイオリニストの体験記に“義歯を入れたら演奏ができなくなったので取ってもらった”と書いてあったので、自分も前歯を取ってもらったら、調子が戻った
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14141014/

というようなことを
メディアの前で語っています。

むしろ、歯の噛みあわせが
しっかりしていないと
パフォーマンスが落ちるような?

私が思っているような常識が
通用しないあたり、
こういったところもひふみんぽい。

でも本当の真相は?

しかし実はこの理由は
インタビュー用の建前
本当のところがある模様。

ブレイク前、加藤先生に前歯がない理由を聞いたことがあります。その時も同じ話をしていましたが、先生がトイレに立った時、マネージャーの娘さんに改めて聞くと、“あんなことを言っているけど、本当は歯医者さんへ行くのが怖いだけです”と真相を明かしてくれました
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/14141014/

歯医者さんに行くのが怖い

普通ならばそんな馬鹿なと
笑ってしまう理由なのですが
ひふみんならば というのが
この真相のミソですね。

どちらの理由が真実にしても
加藤一二三・九段という
偉大な棋士の逸話としては
面白いお話には違いありません

ひふみん伝説はこれからも増えるかも

2017年には歌手デビュー
2018年もなにかをやるんじゃ?
と思っていますが
予想は出来ませんね(笑)

ちなみに「ひふみんアイ」とは
対局中に加藤一二三・九段が
対局相手の側に立って
盤上を見ることが多かったから

上下を入れ替えた視点でみることを
自然とひふみんアイと
いうようになったそうです。

特にひふみんだけが
やっていたわけではないのですが
特に多用していたことから
視点を反対にする事を
ひふみんアイというようになった。
そんな名前なのですね。

反対にすると印象が変わるのは
棋士ならではの感覚なのかなぁと。

ちなみにひふみんアイは
MVだけでCDデビューは
さすがになかった(笑)
その代わりにこんな商品を発見

どこで使うのかは
私にはわかりませんでした(*ノノ)

藤井聡太・四段が3月に
最終局を迎える順位戦にて
昇給できるかどうか?

また話題になると同時に
ひふみんにもインタビューが
増えそうな予感

どちらにしろすぐ消えるような
キャラクターじゃないので
ご活躍を見守りたい所です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする