松本金太郎の学校はどこ?絵が上手い歌舞伎界のプリンス?

歌舞伎 歌舞伎座

来年には3代同時襲名を
控える松本金太郎くん。

今いくつでどこの学校に通っているのか
少々気になりました。

調べていくうちに絵が上手い
という情報をキャッチ。

実のところはどうなのか?
など彼について色々と調べたこと、
気がついたことを書きます。

スポンサーリンク

歌舞伎界のプリンス・松本金太郎

芸名:四代目 松本金太郎(まつもと きんたろう)
本名:藤間齋(ふじま いつき)
生年月日:2005年3月27日
年齢:12歳(記事執筆時)

本名メチャクチャかっこいい名前ですね。
私は古臭い上に変なので正直羨ましい。

父:七代目 市川染五郎
母:藤間園子
妹:松田美瑠

祖父:九代目 松本幸四郎
伯母:松本紀保
叔母:松たか子
※父母の姉が伯母、妹が叔母です
こうやって一族の名前を並べるだけで
凄いと圧倒される面子ですね。

私の中で松本幸四郎さんはいつまでも
お若いイメージなのですが
実際はこうやってお孫さんが大きくなっていて
時間の流れにびっくりします。早すぎだよ。

初お目見え:2007年6月・歌舞伎座『侠客春雨傘』
初舞台:2009年6月3日・歌舞伎座『門出祝寿連獅子』

門出祝寿連獅子は『かどんで いおう ことぶき れんじし』
と読むそうですよ。
初舞台の時に四代目 松本金太郎を襲名しています。

すでにドラマにも出演しており、
父親の七代目 市川染五郎さんとNHKの
『妻は、くノ一』で競演を果たしています。

どちらかというとバーターっぽいですが
芸能界に今のうちから慣れさせるといった
意味もあったのかもしれませんね。

悪い影響は受けないで欲しいです。

松本金太郎の学校はどこ

松本金太郎くんが通っている小学校は
青山学院初等部です。

数多くの著名人が子供を通わせており
歌舞伎俳優の方も出身者が多いです。

普通の学校だと、言い方は悪いですが
どうしても親のことが子供だけでなく
親からも目に付くはずですが
その点で言うと青学なら安心。

芸能活動にも左右されるでしょうが
少なくとも中等部までは青学に通う
と考えるのが自然ですね。

高等部に関しては市川海老蔵さんなど
堀越に移った方もいるので
今後の活躍次第でしょうね!

父と祖父がまだまだ現役ですし
割と話題に事欠かない一族。

定期的に彼の名前も出るでしょうし
後は本人次第でしょうね。

スポンサーリンク

オタクと呼ばれるほどの歌舞伎好き

松本金太郎くんはオタクと呼ばれるほどの
歌舞伎好きだそうです。

歌舞伎役者の子供というのは
親がそうだから自然と稽古をして
そのまま舞台に上がって~
というイメージを持っていました。

好き嫌いよりも自然と伝統に対する
プライドのようなものが出来て
それを人生にするのかなーと。

なので子供の頃からドップリと
歌舞伎が好きという情報にビックリ。

祖父の松本幸四郎さんによると、
息子の市川染五郎さんも歌舞伎が好きだったが
孫の松本幸四郎くんはもっと知的に見てるとか。

どんな会話をしているのか気になります。

家でもぬいぐるみを使って歌舞伎をしたり
誕生日には舞台装置の『スモークマシン』

これはリップサービスの好きではなくて
本当に好きなんですね。

絵も上手いというか雑誌の付録になった

絵も歌舞伎の絵ばかりを描いているそうで
隈取の練習にもなってるのかな?
なんてのん気に考えてしまいました。

しかし、なんと彼の絵が雑誌の付録として
描き下ろしカレンダーになっていました。

2017年2月1日発売の婦人画報2017年3月号です。

posted with カイモモ
  • ハースト婦人画報社
  • ハースト婦人画報社
  • 2017-02-01

「いつかこんな役をやってみたい」という
役を12選んで書いたものだそうですが
やっぱ隈取上手いですね。

そしてこれが付録として成立する
婦人画報に戦慄しました。

いや、思ったよりもずっと上手で
迫力があるのは確かなんですけれども。

子供っぽくってかわいいなーと思うのですが
年齢を考えるともうかわいいは嫌でしょうね。

よくよく調べていると、この一族って
絵を描くのが好きなんですよね。

九代目松本幸四郎さん自身も
自画像を描いたりしていますし
そのお父さんである初代松本白鸚さんは
役者にならなければ画家になっていた
口にするほど。

九代目松本幸四郎さんの弟である
二代目中村吉右衛門さんは
自身で個展を開いたこともあります。

本当に芸術肌の一族なんですね。

親子孫での3代同時襲名

昨年2016年12月28日に祖父と父と共に
三代の襲名披露が発表されました。

親子孫での三代同時襲名は
1981年以来37年ぶり2度目。

2018年1月の歌舞伎座公演から
市川染五郎の八代目を襲名予定です。

それぞれの襲名ですが、孫・父・祖父の順に
以下の予定になっています。

四代目松本金太郎⇒八代目市川染五郎
七代目市川染五郎⇒十代目松本幸四郎
九代目松本幸四郎⇒二代目松本白鸚(はくおう)

親の代から次々と名前をバトンタッチしています。

襲名直後はどうしても、先代と混乱しますが
松本金太郎くんにも先代に負けないくらいの
活躍をして欲しいものです。

まだまだ若いですし、それはずっと先のはずですが
最近は時間の流れが早い気がするので
気をつけたいと思います(*ノノ)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする