雫井脩介のランキング入りしたおすすめ本!ドラマ化の著書も紹介!

小説家-タイプライター

おすすめ本として紹介するには
個人の趣味嗜好って強すぎますよね。

そこで雫井脩介作品を紹介する基準として
過去に書評などでランキング入りしたもの
おすすめ本として紹介します。

またドラマ化した著書
おすすめ本として紹介します。

いずれも一定の評価があっての事ですから、
平均値以上だとは思うのですよ。

スポンサーリンク

雫井脩介さんのプロフィール

ビター・ブラッド雫井脩介さんだったんですね。

作家の方は物凄くメディアに出る方は
イメージがあるのですが
大半は顔も知らない方が多いかなぁ。

昔よりも本を読む時間が
減っているというのもあるかもしれませんが
皆さん、読書はされていますか?

(その割に趣味は読書と書いちゃうやつ(*ノノ))

名前:雫井脩介(しずくい しゅうすけ)
生年月日:1968年11月14日
年齢:48歳(執筆時)
出身:愛知県
出身校:専修大学文学部

出版社に勤務したり
社会保険労務士事務所に勤めたり
と最初から作家ではなかったのですね。

1999年”栄光一途”
第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞
2000年には同作でデビュー

推理小説を中心に発表し
2004年の”犯人に告ぐ”
有名になった作品でしょうかね。

映画化もされていますし。

近年では恋愛小説家族小説など
幅広い作品を発表しているということで
ご活躍されているようですよねー

ドラマ化や映画化も
ちょこちょことされていますし。

雫井脩介さんのランキング入りのおすすめ本

週刊文春ミステリーベスト10と
このミステリーがすごい!にて
ベスト10以内に入った作品を
ご紹介しますね。

週刊文春ミステリーベスト10

10位以内にはランキング入りしていませんが
2001年に”虚貌”が24位でした。

  • 2004年(1位):犯人に告ぐ
  • 2013年(4位):検察側の罪人
  • 2016年(9位):望み

このミステリーがすごい!

被ってますが逆に言うと
それだけ業界の評価が
高かった作品ということですよね。

  • 2005年(8位):犯人に告ぐ
  • 2014年(8位):検察側の罪人

こうやってランキングで見てみると
検察側の罪人はなるべくして
映画化したんだなーとか
そういう風に感じますね。

スポンサーリンク

雫井脩介さんのドラマ化の著書

続いてドラマ化した著書をご紹介します。

もしかしたら主演の名前を見ると
あーあれか!と思い出せるかも?

■火の粉:2005年2月19日
主演・原沙知絵

■虚貌 顔のない殺人者:2005年7月7日
主演・渡瀬恒彦
※原作は虚貌

■ビター・ブラッド:2014年4月15日 – 6月24日
主演・佐藤健
※全11話

■火の粉 2016年度版:2016年4月2日 – 5月28日
主演・ユースケ・サンタマリア
※全9話

どうでしょうか?見たことがあるドラマは
この中にあったでしょうか?

他にもクローズド・ノート犯人に告ぐ
そして来年には検察側の罪人
映画化されますね!

雫井脩介さん原作・検察側の罪人が映画化

木村拓哉、二宮和也という
いままでは共演NGとされてきた
ジャニーズの2人による主演で話題に。

監督は原田眞人さんです。
こちらも記事にしていますので
よろしければどうぞ。

関連記事原田眞人監督作品一覧!ブログは炎上体質?過去に左翼批判も?

注目は検事役といえばHEROの
イメージが強い木村拓哉さんが
如何に演じるかでしょうね。

今回調べてみて雫井脩介さんは
大体毎年9月ぐらいには
新作を発表されているので
今年もそれぐらいじゃないかと予想。

次は何を書くのか楽しみですね~

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする