魔法のソファーヨギボーの通販は?人がダメになるほど快適?

人をダメにするといわれる
無印のビーズソファから始まり
ついには魔法のソファー
呼ばれるものも登場しています。

無印のアレは4,000円位なので
それなりですがヨギボーのものは
高級品なのでまさに
魔法という言葉が似合います

他のメーカーの似たような
商品と比べると何が違うの?
という点もまとめていますよ!

何故いいのか?を考えると
ヨギボーのソファーが
魔法と称されているのが
よくわかりますね。

なんていいますか、
ラインナップが豊富なので
自分の部屋などの
シチュエーションにあわせられる
それも面白いです。

スポンサーリンク

魔法のソファーヨギボー(Yogibo)

まず、なぜ魔法のソファーと
呼ばれているかという理由ですが
独自の製法によって
ヨギボーのソファーは
外側が全て同じ素材で
作られているからです。

だから何?
と疑問に思うかもしれませんが
通常、ビーズソファーは
形が崩れるのを防ぐために
固い面と柔らかい面
存在しています。

そのため座る場所は
どこでもいいという訳では
なかったのです。

ヨギボーの場合はそれを解決
どこから座っても
身体にフィットしてくれるのに
形が崩れないというのが
魔法のソファたる所以です。

結果として他のメーカーでは
出来なかった大きな製品や
立てておいて置くことができる
珍しいビーズソファーなんですね。

確かにこんな風に
2人が同時に座れるようなのは
無印にはなかったかな。

てか、このサイズなら
ベッド代わりにして
寝てしまいそうです(*ノノ)

人がダメになるほど快適?

人がダメになるという
フレーズで人気を得たのは
無印良品のビーズソファ。

いまでは4,000円位で
気軽に購入できますが
それとの違いは
その素材だけではなく
サイズも選べるということ。

クッション的に床において
座るタイプの小さなものから
チェア代わりになるような
中型のサイズともう1つ
2人でも座れるような
大型のサイズと3種類

その他にも形や同じ素材で
オプション的に購入できる
アイテムも魅力ですね。

ぶっちゃけ、初めての
ヨギボーを購入するなら
オプション系から買うのが
おすすめではないかと。

例えばこちらのヨギボーサポート
これは普通のソファにプラスで
使うだけでも快適

更にヨギボーを使えば
完全に身体にフィットして
身体を包んでくれるので
そりゃリラックスしますよね。

人がダメになるほどの快適さ
そう思えるほどの魔法のソファー
他のメーカーのものを使って
思ったほどではない
と感じてしまった人
是非試して貰いたいですね。

スポンサーリンク

リペアで新品同様に!長く使える

個人的に凄くいいなーと思ったのが
リペア、修繕のサポートが
受けられるところでしょうか。

料金はぶっちゃけ安くは無いです
安くは無いのですが
新品同様になって戻ってきます

リペアの内容としては

  1. 外側のカバーのクリーニング
  2. 内側のカバーを新品に交換
  3. 中のビーズの補充

これだけやってくれるなら
ほら、新品ですよね?

新しく買い換えるよりも
割安になっているので
長く使っていて愛着があるほど
リペアサービスを受けた方が
安く済むのが魅力です。

ソファーですし、スマホと比べて
性能が追いつかないとかないし
そりゃ素直にリペアしてもらって
新品同然になるんなら
やってもらったほうがいいですよね。

魔法のソファーヨギボーの通販は?

日本で販売された当初は
日本国内の製品は日本で生産
というこだわりもあってか
中々出回りませんでしたが
現在では普通に通販でヨギボーを
購入することができます。

とはいえ↑のようなサイズなら
ぶっちゃけ他のメーカーでも
用途は足りると思う私。

ヨギボーを選ぶ理由としては
その快適さに関しては
ビーズソファーに抱く印象から
強く離れません。

しかし大きさはどうでしょうか?
独自の製法によって他よりも
格段に大きな製品を
ソファーとして提供している
それがヨギボーなんです。

実際、売れているのは上記の
一番大きなサイズですし
さらにプラスでサポート系の
オプションアイテムや

抱き枕なんかも購入することで
更なる快適さを求める人は
より満足しているわけです。

正直、あのビーズの感触で
抱き枕は完全にヤバイです。
ソファーよりこちらの方が
ヤバイと思います。

そんな感じでヨギボーも
今では割と気軽に
通販サイトから探せますので
色や大きさなどこだわって
チェックしてみてはいかがでしょうか。

ただし、休日が終わった後に
社会復帰できなくても
私は関知いたしません

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする