ディズニースカイ計画は本当?2022にオープンはできるの?

東京ディズニーリゾート
空をテーマとした第3のパーク
ディズニースカイ計画の報道が。

あれ?私が試算した時には
もっと後だったのですが
もう決まったのかなとビックリ。

本当のところはどうなのか
オリエンタルランドが発表している
情報を元にオープンを考えます。

2022年オープンは無理で
ぶっちゃけランドやシーの
新エリアが空がテーマでは?

と新アトラクションの情報を
拡大解釈した報道なんじゃないか
というのが私の予想だったり。

東京五輪のための開発が
2019年で完了している前提の
お話っぽいので。

スポンサーリンク

ディズニーリゾート第3のパークテーマは空?

ディズニーリゾートの
第3のパークが
ディズニースカイという報道が。

東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)を運営するオリエンタルランドは、建設準備を進めている第3のパークのテーマを「空」にすることで検討に入った。空や宇宙をテーマにしたアトラクションやエリアの建設を検討しており、名称を「ディズニースカイ」とする案も浮上している。2019年度に着工し、3年間かけて建設して22年度の開業を目指す。
引用元:https://mainichi.jp/articles/20180204/k00/00m/020/090000c

かつて報道が出たときには
日本的な要素を取り入れた
テーマの検討をしている
という風にも出ましたが

ランド、シーときて
スカイという流れは
割と納得ができます。

が、19年着工という時点で
信頼度が下がるような。

2020年にある東京五輪
訪日外国人旅行客の収容を
出来るように準備するのが先。

それと平行して新パークの開発
2022年にオープンできるの?

立体駐車場の建設など
2020年度までの計画発表は
既にされているのです。

そもそもオリエンタルランド側は
今回の報道に関しては
オリエンタルランドの関与を否定

つまり正式な開発の発表が
あったわけでは無いので
推測で書かれた記事ですね。

また、ディズニースカイだとし
TDSという略称が被る事を
オリエンタルランドが許容するか?

この辺りの懸念もあるので
空はありだとしても
ディズニースカイは微妙。

それなら宇宙も含めて空として
ディズニーギャラクシーで
TDGの方がありそう

ユニヴァースはUSJと被るので
回避するとギャラクシーか
コスモスかなって。

でも日本人の感覚だと
コスモス=宇宙ってあまりないし
じゃあギャラクシー?

ちなみに第3のパーク報道は初ではないという

昨年にも第3のパークの
報道がされていまして
私もその時に感想を書きました。

ディズニーランドとシーが拡張?第三のパークのテーマやオープンは?

この報道の後オリエンタルランドは
自社からの発表では無い
真偽は明らかにせず否定してます。

さらに余談ですが
オリエンタルランドとしては
この手の発表を良くしています。

つまりオリエンタルランド側が
発表をした事実はありません。
というお断り文ですね。

信じるか信じないかは別として
オリエンタルランドによる
公式の発表ではないというもの。

今回の報道もリゾートの拡張を
肯定も否定もしていません。

これが2022年着工で
2025年にパークオープンならば
割と信じたと思います。

ディズニーシーの時の
開発期間が3年でしたし
それと同じですからね。

さらに東京五輪の熱も
冷めた頃ですし新たな目玉の
公表には良さそうに思えます。

なので22年オープン説は
ちょっと信用できないという。

スポンサーリンク

ディズニースカイに欲しいアトラクション

ディズニースカイが本当に
あるかないかは別にして。

夢を見るのは自由なので
こんなアトラクションが欲しいと
今の内に声に出しておきましょう。

数が大きければオリエンタルランドも
検討してくれるんじゃないかな、と。

空で真っ先に思い浮かぶのが
スターウォーズなあたりに
何となくニコニコします。

個人的には本当に新パークが
出来るとしてテーマが空なら
スタージェットの後継を希望

本飛行へと飛び立ったスタージェットが
新しいパークに帰って来る
そんな展開ならば胸が熱すぎます。

なのでオリエンタルランドさん
もしやるならそういうのも
検討に入れてくださいお願いします。

ま、想像したりするのはタダだし
夢を見るのは自由ですからね!

本当にディズニースカイができるの?

散々ディズニースカイを
記事中で否定してきましたが
根拠も書いておきます。

2016年に発表された
開発計画による
2021年度以降の展望によると

東京ディズニーランドでは、この度のファンタジーランドを含めた7つのテーマランドすべてを開発対象に、エリア規模での刷新を順次おこなうなどインパクトのある開発をおこなってまいります。
一方、東京ディズニーシーでは、世界で唯一の海をテーマにしたディズニー・テーマパークとして飛躍的な進化を遂げるべく、複数の拡張用地を活用した大規模なパーク開発をおこなうことで、質・量ともに体験価値を大幅に向上させてまいります。
このほか、東京ディズニーリゾート内のホテル客室数の増加など、東京ディズニーリゾート全体の価値向上に向けたさまざまな検討を進めていく予定です。
引用元:http://www.tokyodisneyresort.jp/blog/pr160427/

という発表を信じるならば
こんな感じでしょうか。

ディズニーランド
エリア規模で手を入れる予定。
ファンタジーランド以外にも
新エリアができるかも?

ディズニーシー
複数の拡張用地を活用した
大規模なパーク開発ということは
パーク自体が広くなる?

ディズニーリゾート
ホテルの客室増加
⇒新ホテルくる?

というのを2021年以降行うなら
ディズニースカイ2022年説は
ちょっと無理があるのでは?

公式発表をあくまで鵜呑みに
その上でディズニースカイ計画を
考えるとするならば

ディズニーランド
各エリアを新しくして
空いている土地などを増やす

ディズニーシー
用地拡大、エリアの移動を含め
空いている土地などを増やす

ディズニーリゾート
今後開発されるディズニースカイを
展望に含めた上での新ホテル

という流れがキレイな様に見えます。

超・ぶっちゃける

ソフト(人材)面の強化が
間に合わないような。

オリエンタルランド側が
想定していた入場者数の増加を
上回るペースで増加した現実。

入場料の値上げに関しては
ソフト強化に使われるのだろうと
私は納得していました。

しかしそれでもリゾート側が
求める水準に達しているかは
微妙なんじゃないかなと。

ランドとシーのキャストさんが
波に乗るまでヘルプで
スカイに入ったとしましょう。

その穴を埋める為の教育を
今のうちからするわけです。

あの人凄いなーと
思う人でも中々上の段階に
上がれないと聴いた事も。

入れ替わりもある中で
全体的にキャストの質を
2022年までに上げる

私は厳しいと思います。

似たような記事を書いていたので
そちらもよろしければどうぞ。

計画表から逆算して
オープンは2028年じゃね?
と結論付けてますね(自分で書いた)

ディズニーランドとシーが拡張?第三のパークのテーマやオープンは?

2020年の東京五輪と平行しつつ、
新パークの開発や教育するとして
人多すぎ問題はどうするの?と

  1. 開発期間
  2. ソフト強化
  3. 名前の問題

これらを理由にディズニースカイ計画
これの報道は正確性に欠ける
それが私の結論です。

まあ第3のパークには
空を飛んで欲しいので
まだ来なくていいです(笑)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする