播野勤社長(タマノイ酢)経歴や年収は?息子や出身大学情報!

お酢

コンビニやスーパーなどの
パックの飲み物のコーナーで
一度は見かけたことがあるであろう
”はちみつ黒酢ダイエット”
これを作っているのがタマノイ酢です。

ユニークな商品は播野勤社長にあり?

経歴やその年収息子さんがいるのか?
出身大学情報など成功者の
気になったことを調べてみました。

あわよくば何か自分に活かしたいですよね!

スポンサーリンク

播野勤さんのプロフィール

タマノイ酢って老舗メーカーなんですね
創業110年とか……
そもそも”はちみつ黒酢ダイエット”
これ自体もっと別のメーカーの
商品だと思っていたぐらいです。

ミツカン、キユーピー醸造に次ぐ、
業界3位のメーカーなんだそうで
その強さの秘密は企画力。

まずは播野勤社長の簡単な
プロフィールをチェック。

名前:播野勤(はりの つとむ)
生年月日:1953年6月30日
年齢:63歳(執筆時)
出身:大阪府
座右の銘:青春
愛読書:株式会社 プレジデント社 「プレジデント」
休日の過ごし方:ゴルフ、水泳
あなたが頼りにしている人:社員
社員の方へのメッセージ:頑張れ!

社長ってプレジデント読んでるんですね!
意識高い系の読み物ではなかったのかと
ジョークなのか判断がつけ辛い(笑)

正直後半はいいかなーと思ったのですが
社員へのメッセージが
なんだか面白くって載せちゃいました。

播野勤さんが慕われていないのならば
別に載せなかったのですが
社長が前列真ん中ではなくて
社員の中に入って写っている写真を拝見して
仲が良さそうだと判断。

おそらく身内や社員は笑っただろうなーと
ほっこりしたので載せました!

これで扱いが酷いとか評判が悪ければ
雑だなーとか思っちゃいましたけれども
そういうことないんですよね。

播野勤さんの出身大学は?

成蹊学園に中学校から入学し
そのまま内部進学で大学へ
大学では経済学部だったようです。

ちなみにですが安倍晋三現総理大臣
母校も成蹊学園でして
播野勤社長は1学年先輩です。
※安倍晋三総理は1954年生まれです。

その関係からか、播野勤社長個人で
政治献金をしていたりもする模様。

私も後輩が総理ならお金出しちゃう
「ありがとうございます先輩」
とか現職の総理から言われてみたい
ミーハーなおっさんでした(*ノノ)

播野勤さんの家族は?息子はいるの?

息子さんがいるのか?家族はどうなのか?
これは社長といえども芸能人では無いので
情報はありませんでした。

企業経営と同じく教育もできるかというと
それは疑問なのですが
この人の良さそうな社長のことなので
結婚して家族がいるならば
仲良くやっていそうです。

というか年齢的には成人していて
手間がかからなくなっていそうですけども。

趣味がゴルフや水泳で
水泳はいまでも頻繁に泳いでいるそうなので
アクティブそうな父親のイメージはあります。

スポンサーリンク

播野勤さんの経歴

成蹊学園卒業後の1976年に
ソントン食品工業株式会社入社。
ピーナッツクリームとかの会社ですね。

見たことがある方も多いかと


SONTON ソントン ピーナッツクリーム 135g

タマノイ酢株式会社入社はそれから
3年経った1979年のこと。

1980~1981年には
日本生産性本部に出向し
日本生産性本部認定経営コンサルタントに

こういった肩書きでめがチカチカするのは
私だけなのだろうか!?

1984年にタマノイ酢の常務取締役就任
して以降ポストを上げていき

1991年に社長に就任以降
人事制度の改革を行い
ノルマ制度の廃止や部署異動の機会を
多く設けるなど変わった取り組みをしています。

かなり短いスパンで部署が変わるのですが
これは社員に変化への対応力をつけさせ
部署ごとに変な隔たりを
つけないようにするためなんだそうです。

よく企業を題材にしたドラマであるような
部署間の対立とかそういうのとは
全く縁が無さそうな会社ですね。

会社を利益追求の場ではなく
人材育成の場として捉えているらしく
様々な社員研修が
新人からベテランに至るまで受けられる模様。

こういう会社が良かったと思った人
私もですよ(遠い目

ハードルは高そうだけれども
部活動・クラブのような雰囲気の会社とか
物凄く楽しそうです。

タマノイ酢社長の年収は?

タマノイ酢は製造業ですよね
資本金2億で従業員300名なので
実は中小企業の中に入るようです。

資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社又は
常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
”製造業その他”の中小企業基本法の定義より

なので中小企業のトップクラス
~3,000万円ぐらいが播野勤社長の
年収ではないかと予想しています。

これを多いとみるか、少ないと見るか
それはご自身との比較でどうぞ。

大企業だと億単位とかになるようですが
そちらはやはり桁が違いますしね。

老舗メーカーは今後も成長し続ける

他のメーカーには無い斬新な発想で
新しい商品を世に生み出す”老舗メーカー”
その考え方や働き方の根底は
やはり播野勤社長にあるのでしょうね。

酢は薄めて飲むものという常識から
薄めなくても飲めるものを作り出す
その発想力は私も学びたい所。


タマノイ はちみつ黒酢ダイエット 125ml×24個入【楽天24】【あす楽対応】【ケース販売】[はちみつ黒酢ダイエット 黒酢飲料 a1b2c3d4]【HOF01】

スーパーやコンビニで見かけるたびに
この発想はどうだろう?
もっと何かないかなーとか思い直す
きっかけにしてみます(笑)

”はちみつ黒酢ダイエット”は飲みやすいですよ
そりゃ他の酢のドリンクと比べたら
でもあのサイズだから飲めるんだよなー
だから飲むまではしないおっさんでした。

当たり前だと思っていることが
当たり前じゃない
実行に移すのは難しいですね。

もっと思考をぐにゃぐにゃさせたいものです。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする