オードリー春日がエアロビで入賞の快挙!メダルの色や結果は?

エアロビ

オードリー春日さんのチャレンジ
どれもすごいというか
こんな才能がある人なのか
びっくりですよね。

その中でも2017年に始めたばかりの
エアロビで入賞という快挙には
さすが春日としかいいようがない!

結果は公表されているので
メダルの色は何色?
という所も調べちゃいました。

大会当日の様子に関しては
12月16日放送のTBS系
「炎の体育会TV2時間SP」
にて放送されますよ。

番組を楽しみにしている方には
当ブログの記事は番組の
ネタバレになってしまうので
その点ご了承の上でご覧ください

というわけでそういったことを
ご了承いただけた方は
記事を続けて
お読みくださいませ。

ネタバレが嫌な方
ブラウザバックしたり
タブを閉じたりして
お戻りいただければと思います。

スポンサーリンク

オードリー春日がエアロビで入賞の快挙

ボディビルから始まって
フィンスイミングに
2017年はエアロビですよ。

すっかりアスリート芸人として
お馴染みになってしまった
オードリーの春日さん。

お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰(38)が、神戸で行われた全日本エアロビクスコンテストの男子シングル部門に出場し、メダルを獲得した。競技開始からわずか6カ月という異例のスピードでの快挙となった。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171213-00000131-spnannex-ent

6ヶ月で国内のトップクラスって
本当に才能にあふれてますよね。

以前の番組の中で本番のミスを
コーチにマジで怒られてからの
この大一番でのパフォーマンス

本番度胸もあるし
まさに芸能人って感じ。

昔のイメージする芸能人、
スターってこういう人が
多かった気がしますね~
今となっては……。

私見としてですがオードリーは
バラエティ番組よりも
ラジオの方が何倍も面白いので
テレビでしか見たことない人は
二人の面白さをわかってない
なーんて思うおっさんです。

オードリー春日のエアロビのメダルは何?

報道を見てもオードリー春日
エアロビで入賞の快挙!
とかしかなくてですね
メダルの色は番組で!
とかなっているわけですよ。

なのでこの記事の冒頭で
ネタバレになるので
嫌な人は見なくていいように
注意を呼びかけました。

これも念の為改めてで
ためてる訳じゃないです。

ではオードリー春日さんの
メダルの色ですが……

銅メダルです!

点差的には結構きわどいところを
勝利した形ですね。

引用元:http://www.jaaa.jp/wp/wp-content/uploads/2017/11/zenkoku-kekka-otona2017.pdf

はじめて6ヶ月という短い期間で
一つの競技で国内の
トップレベルと戦えるのは
本当に凄いと思いました。

正直エアロビ?何するの?
と思っていたし
競技として存在なんて
考えたこともなかった。

そんなエアロビの認知度を
一気に高めた春日さんは
誇っていいですよね。

スポンサーリンク

改めて振り返る春日のアスリート受賞歴

割と色んな肉体を使うことに
積極的に挑戦していて
売れてないときから
色々やってますよね。

2006:
芸能人潜水NO1決定戦
公認記録90M
日本歴代4位(2006年)

2015:
第23回東京オープン
ボディビル選手権大会
75㎏級5位入賞

フィンスイミング
ワールドカップマスターズ大会
日本代表:銅メダル

2016:
フィンスイミング
ワールドカップマスターズ大会
日本代表:銀メダル

2017:
第29回
全日本エアロビクスコンテスト
全国大会第3位(銅メダル)

この外にも2007年には
K-1にも挑戦していたり
非常に肉体派かつ
それらをこなす器用さが
春日さんのポテンシャルの高さを
大いに物語っています。

オードリー春日のエアロビの放送日は?

こうなってくると断然
当日の春日さんのエアロビの
パフォーマンスや様子が
気になってくるところです。

大会の模様は12月16日土曜日の
「炎の体育会TV2時間SP」
19:00~の放送で見られます。

こういうの見る前に
知りたくなかったという方も
中にはいるかと思います。

ずーっと見てたけどダメでした
よりもいい結果がわかっていて
逆にそれで興味を持つ
という私のようなパターンも
多いわけですよ。

そこはわかっていただきたい。

割と特番には否定的な
私ではありますが
こういった良い内容が
わかっているものは別です。

当日の放送が楽しみですね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする