iPhone8で充電とイヤホンを同時に使う!二股アダプターは便利?

充電

5sぐらいの時が一番
使いやすかった気がする
懐古中なおっさんです。

iPhone8にてイヤホンジャックが
復活するという噂も
見事に打ち砕かれて
充電コネクタに接続して使える
イヤホンが付いただけ。

充電しながら音声やBGMが
聞こえないじゃないですかヤダー

というのはiPhone7の時から
あった悩みなので
二股アダプター
既に販売さています。

技術の進歩といえば
聞こえはいいのですが
この辺りは強要されているようで
毎回イラッとするのは
私だけでしょうか(*ノノ)

スポンサーリンク

iPhone8で充電&イヤホンで音楽が聞きたい

技術の進歩はそりゃ
素晴らしいことですが
ユーザーからすれば

「今使っているものを
そのまま次も使わせてくれ!」
という主張なんですよね、これ。

私もお値段やデザインを
検討した末に買ったイヤホンが
次のiPhoneで使えないとなると
そりゃ怒る(笑)

Appleでは公式からベルキン製の
充電とイヤホンの二股アダプターが
発売されています。

ベルキン製のこちらは
AmazonだとiPhone7としか
記述が無かったのですが
Appleの公式では
iPhone5以降から最新の
iPhoneXまでが対応機種
ちゃんとなっています。

ベルキン製ということで、
強い信頼感満足度
覚える方も多いようですが
一見してわかるデメリットも。

それは短い ということ(笑)
ただ、その辺りは他の製品でも
大差がないのですが。

もう1つは安価なものを
ご紹介しましょう。

こちらはベルキン製の
半分の値段です。

純正品ではないことが
気にならないのならば
値段の差でこちらを
選んでみてはいかがでしょうか。

やはりケーブルの
長さは個人的に
気になってしまいますが。

ワイヤレス充電+イヤホン?

iPhone8ではワイヤレス充電
実装され、そのために
背面まで強化ガラスになりましたね。

iPhone8のワイヤレス充電器の値段は?純正品の発売日はいつ?

じゃあワイヤレス充電で
いいのでは?と思うのですが
そうでもありません。
あれってパッドやマット、
スタンドが必要なんですよ。

つまり、机の上などに
設置した上に乗せて
同時に使うならば
ワイヤレス充電でもちろん○

しかし、ベッドやソファで
横になりながらというのは
難しくなってしまいます

また、急激に電力を消費する
ゲームを音楽を聴きながら
プレイしている場合などには
スタンドが邪魔になる可能性も

特に最近人気の音楽系の
ゲームなどではやり辛いこと
この上ないですからね。

一番難しい難易度に
挑戦するときには
なんといいますか
気になるような要素は
そぎ落としてプレイしたい
そんなおっさんです(*ノノ)

スポンサーリンク

ワイヤレスイヤホンという選択肢

iPhoneの最新機種の
方向性としては
新しい技術を搭載して
それに対応した自社製品を
購入して貰う方向なのかなと。

AirPodsは自社製品ですし
他社よりも認証までが
スムーズですし
iPhone8以外にも
タブレットを使っている場合にも
簡単に切り替えられるという
利点もあります。

また、ケースにしまえば
充電ができることから
余計なアクセサリーを
増やす必要もない点も楽。

ネックはまず値段でしょうか
執筆時点で17,000円オーバー
さらにこれがピッタリと
自分の耳に合うかというと
そうとも限らないわけで。

設定が面倒ですが
最初から音楽や聴く人間のことを
考えて作られているものを
選ぶという選択肢もぶっちゃけアリ。

もう一度言いますが
AirPodsと比べると
最初の設定が面倒(笑)

そしてiPhoneとは
相性が悪い可能性も。

この商品だけではないのですが
割と個体差でもあるのか
評価が割れることも多く
ショップの口コミなども
イマイチ私としては
信用しきれないです。

特に安いものは
当たり外れの傾向が
大きい印象ですね。

ベストの形は自分の中に

価格が安ければある程度の
不便さに目をつぶることが
出来るのか?という点も
基準になるのでは無いでしょうか。

ただ、こうやってみると
結局ベルキンの二股アダプターで
充電とイヤホンを同時に
使うのって意外と安い
調べていてビックリしました。

AirPodsが1万円を切れば
文句なしでそちらを
おすすめするのですが
片耳1万円と聞くと
やっぱりためらいます(*ノノ)

今の人間には早かった
というよりも、
価格設定が強気すぎで
手を出そうにも出せない
って感じなので
二股ケーブルの出番は
まだまだありそうですね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする