ドンキホーテが2万円ノートパソコンを発売!スペックは使える?

昨年2万円を切る2in1タブレットを
発売して世の中を驚かせた
ドンキホーテ2017年は
2万円ノートパソコンを販売します

ゲームなどには使えませんが
オフィスやブラウジングなど
外での作業がしたい
ノマドワーカー入門機として
使えるのではと思いました。

スペックなどから値段としては
お得なのか否かを
考えてみますね。

パッと最初に見たときの印象だと
2in1タブレットPCをそのまま
ノートパソコンにしただけ
という印象なんですよね。

大きさとかの違いはありますが
パソコン的に使いたいなら
2in1ではなくノートPCの方が
使いやすいと私は思うわけで。

スポンサーリンク

ドンキホーテが2万円ノートパソコンを発売

2017年12月1日より
ドンキホーテで税抜き価格が
2万円を切るノートパソコン
『MUGA(無我)ストイックPC』
が全国で発売されます。
一部店舗は除く。

価格は19,800円(税抜)
店舗によっては値段が
上下することもあるとのこと。

以前発売された
「ジブン専用PC&タブレット」
が店頭限定で通販がなかったので
おそらくこちらもそうなるでしょう。

3万円台なら十分に安くて
性能を見て検討するレベルなのに
さらに安いということで
差別化されるでしょうね。

2万円ノートパソコンのスペック

『MUGA(無我)ストイックPC』
のスペックは以下の通りです。

名称:MUGA ストイックPC
型番:KNW14FHD-SL
プロセッサ:Intel ®Atom x5-Z8350(Cherry Trail)
プロセッサスピード:1.44GHz/最大1.92GHz
システムメモリ:LPDDR3 2GB(増設・変更不可)
インターフェイス:USB3.0×1 / USB2.0×1
Mini HDMI×1
Micro SDスロット×1(最大64GBまで)
3.5mmイヤフォンオジャック×1
重量:約1,200g
O S:Windows 10 HOME 64bit
無線LAN(Wi-Fi):IEEE802.11b/g/n
通信:Bluetooth®4.0
サイズ:幅約329mm × 奥行約219mm × 高さ約20mm
バッテリー:10,000mAh
駆動時間:約7時間 ※3
ストレージ:eMMC 32GB
ディスプレイ:14.1インチ IPS液晶1,920×1,080ドット
カメラ:30万画素(インカメラ)
スピーカー:1W×2
ビジネス統合ソフト:Kingsoft WPS Office

性能的にはやはりノートパソコンの
ガワを被ったタブレットPCというのが
的を射ている気がします。

スポンサーリンク

2万円ノートパソコンは本当に買いか?

基本的にみるのは
CPUとメモリ、ストレージ
ノートパソコンならあとは
ディスプレイですかね。

14.1インチは私の中で
持ち歩けるギリギリのライン
これより大きいと据え置きノート
だと考えています。

CPU

昨年販売されたドンキホーテの
「ジブン専用PC&タブレット」の
搭載されていたCPUが
「Atom x5-Z8300」で
このノートパソコンのCPUが
「Atom x5-Z8350」

うん、やはりノートパソコンの
中身がタブレットというだけで
実際はかなりきつそう。

最近はブラウザゲームでさえも
スペックの要求が
年々高くなってきてます。

子供用にとかだと
ゲームがサクサク動かなくて
おそらくキレるレベル(笑)

メモリ

2GBなのがやばい。

低スペックなのを見越して
無意識にセーブする
タブレットPCと違って、

見た目ご立派なノートなら
無意識にブラウザのタブを増やし
バックグラウンドで音楽を流し
もしかしたら動画も再生しながら
作業に使いたいわけで。

4GBは欲しいのですが
増設も出来ない(ぐぬぬ

ストレージ

eMMC 32GBは常に残りの
容量を気にしないと
ダメなレベルだと思うのですが。

私は残りの容量を気にしながら
作業とかしたくないので
安いんですがこれはちょっと。

アップデートとか
1年ぐらいで容量足りなくて
出来なくなりそうな予感

用途を意識すればそこそこ

2in1のタブレットPCを
使うぐらいだったら
ノートパソコンでいいじゃん!
という人にはいいかも。

実際他の似たような性能の
タブレットPCと比較すると
価格は抑えられているのは
確かだと思いますし。

喜び勇んで買いたいかと言うと
それもまた違います。

ジブン専用PC&タブレットは
ガジェット的な面白さが。
しかしこちらは微妙。

最初からノートPCならば
もう2万円ぐらい出せば
CPUがCeleronになって
メモリもストレージも
倍になるのですよね。

外出先でネットが見れればいい
同時に作業なんかしない
とにかく安いものがいい

こんな感じで最初から
ちゃんと購入することや
使い道に理由があるなら
そこまで悪くは無いでしょう。

メモリが2GBだと
常にメモリの使用率が
80%を超えてそうな予感がして
私はノーサンキュー。

BTOパソコンのショップで
5万円ぐらいの物が
個人的には最低ラインの
ノートPCだと思います。

コンセプトは面白いですけどね。

マウスやパソコン工房などの
BTOパソコンメーカーの方が
ノートパソコンならおすすめ

メーカー品は余計なソフトが
プリインストールされていて
嫌いな私でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする