渡辺翔史(バトントワラー)出身高校や身長!彼女と結婚秒読み?

バトン

マイナー競技ではありますが、
交際報道でちょこちょこと知名度が
上がってきている渡辺翔史さん。

バトントワラーという言葉で
何となく想像はできますが、
説明は難しいですね。

出身高校身長のデータや、
彼女と結婚秒読み?という情報まで
調べてまとめました。

イケメンのトップ選手がいると
それなりに話題になるんだよなーと。

スポンサーリンク

渡辺翔史さんのプロフィール

プロバトントワラーと言われても
ぴんとこない貴方!
私と一緒ですね。

SNSやブログのかなりの割合を
カープが占めているカープファンでもある
渡辺翔史さんのプロフィールをご紹介します。

名前:渡辺翔史(わたなべ しょうし)
生年月日:1988年2月16日
年齢:29歳(執筆時)
出身:広島県

バトンを始めたのはなんと4歳
なるほど、トップを取るだけの
環境があったのだなと感じられます。

高校3年生のときにはじめて出場した
インターナショナルカップにて
3バトンで銅メダルを獲得
※3本のバトンを回して競う種目

大学時代には世界大会にチームで出場し、
2007年2008年と2年連続金メダルを獲得。

全日本選手権でも3バトンの部門で
2009年、2010年、2011年と
グランドチャンピオンを獲得するなど
圧倒的な成績を残しています。

現在では後進の育成を行いながらも
プロのパフォーマーとして活躍しており
実はTVやCMで目にしたことがあるかとも
いるんじゃないかと。

マイナーと呼ばれるスポーツの
アスリートで構成される異色のユニット
”RA-BA-SIN”のメンバーでもあります。

ラート・バトントワーリング・男子新体操
組合せが異色すぎだろと突っ込んだ私は
正常な感覚だと思うのです。

ちなみに渡辺翔史さんは作詞も
担当していますね。

渡辺翔史さんの身長などのデータ

バトントワリング自体に詳しくないので
身長や体重がどのように作用するのかというと
やはり競技の見栄えかな?という印象。

身長:178 cm
体重:63 kg

体重に関しては芸能人というか
俳優さんは上下があると思うのですが
アスリートの方は自分のベストを
保っているイメージ。

身長の割にはしぼっているように感じますが
色んな画像や映像を見る限りは
納得の数値なんですよね。

スポンサーリンク

渡辺翔史さんの出身高校や大学

渡辺翔史さんの主な経歴は高校時代の
インターナショナルカップから始まっています。

出身高校は広島県立宮島工業電気科、
出身大学は立命館大学文学部心理専攻

立命館大学にはバトンで有名な
立命館バトントワリング部があるため
進学していたのですが卒業後も
立命館大学バトンチームに所属していました。

渡辺翔史さんありきで調べましたが
こういうバトンが強いとかの情報
もっともっと拡散したほうがいいですね。

彼女はあの人!結婚は秒読み?

渡辺翔史さんの彼女は浅田舞さんで
既に同棲中で結婚秒読みと言われています。

選手引退したフィギュアスケートの
浅田真央の姉で、タレントの浅田舞が、
彼氏と同棲生活中だと、
5月19日発売の『フライデー』が報じた。
引用元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-22681/

実は妹の引退後の活動に
影響されたくない浅田舞さんが
情報をリークしたという話もあり
結婚の話はかなり現実味があるかと。

イケメンでクリーンなイメージのある
渡辺翔史さんはアスリート同士という
共通点もあるので本気度も高いでしょう。

なれそめはマッスルミュージカルが
きっかけだそうですが、だとすると
実は浅田舞さんはDEppaさんと
比較していた可能性もありそうですね。

関連記事浅田舞がかわいいくてカップサイズも凄い?元彼氏や身長体重情報!

マイナー競技者は知名度アップが大変

渡辺翔史さんのバトントワラーというのは
非常にマイナーですよね。

バトン競技で知名度をアップするのは
正直現状では無理でしょうし
芸能活動は悪くないというのは
武井壮さんが実証しています

武井壮さんが大会に出場するだけで
Yahooニュースになったりしますが
バトン競技がニュースになったりはしない
そういうところをどうするかが
マイナー競技の課題ですよね~

まずは知名度なので浅田舞さんとの
交際報道はマイナスを感じませんし
今後の二人の行方に注目です。

神田沙也加さんの報道の時も
同棲がまず先に報道されてから
結婚が後追いしたので
個人的にかなり気にしたいと思います。

お読みいただき
ありがとうございました。

関連記事浅田舞がかわいいくてカップサイズも凄い?元彼氏や身長体重情報!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする