ロダンテノンBのサプリがいい?マンゴスチン成分で糖化防止!

マンゴスチン

昨今の健康ブームの中に
新しい風を吹き込んでくれそうな成分が
ロダンテノンBというマンゴスチンから
抽出した成分なんです。

糖化防止効果があるとのことですが、
私は良く知らないんですよね。

その効果や食べ物がいいのか
サプリがいいのかも調べてみました。

スポンサーリンク

ロダンテノンBって何がいいの?

水溶性ポリフェノール『ロダンテノンB』

なんとなくポリフェノールというだけで
既に身体に良さそうな気がするのは
私だけですかね(*ノノ)

さてこの『ロダンテノンB』の効果というと
皮膚や骨のコラーゲン構造を崩す
糖化を抑制する機能があるとのこと。

構造を壊すという言葉から、老化防止
つまりアンチエイジング効果があるのか?

と簡単な想像はできるのですが
こういった健康系の成分って
言葉が難しいんですよね。

糖化という言葉自体を
私が聞きなれなかったので
まずはそちらについて調べてみました。

糖化防止で老化を防ぐ!

糖化を防止できれば老化を防ぐことになる?
なんとなく、良さそうという雰囲気しか
感じられませんけどね。

なので糖化という言葉から調べてみました。

知識したり、意識したりすることで
自分に必要かどうかわかりますからね。

糖化とは?

糖化というのも、わかりやすいように
略しているだけで、本当は難しい名前でした。

なのでまずは効果から先に説明しますね。

ざっくりと簡単に言うと糖化というのは
『身体の様々な老化に関与する物質になること』
ですね。

ロダンテノンBが効果があるといわれているのは
AGEs(読み方はエージス、エイジスなど)

これは略称で正式な名称は
Advanced Glycation End Products で
終末糖化産物後期糖化生成物などと
訳すようですね!

なるほど、それで糖化という名前なのですね!

このAGEsというのは総称なので
糖化の対象になる物質はたくさんあるようですが
それらに効果があるというのならば
かなり人気が出そうな気がします。

スポンサーリンク

マンゴスチンはアンチエイジングに良い?

水溶性ポリフェノール『ロダンテノンB』
マンゴスチンから抽出できる成分なのです。

「それならマンゴスチン食べればいいんじゃないの?」

なんて私は考えてしまうのですが、
そう上手くはいきません。

ロダンテノンBが含まれているのは果皮なので
食べて健康!という風に簡単では無い様子。

マジかーちょっと期待してましたよ、私。

私はマンゴスチンは好きな果物なので
食べるだけで効果があればよかったのにと
めちゃくちゃ残念。

現状ロダンテノンBが入っていると
表示されるものはほとんどないのです。

マンゴスチンエキス配合のサプリなんかが
簡単に手に入っていいですよね。

現状では同じくマンゴスチンの果皮から
抽出することができるキサントンという物質が
含まれているサプリや食品がいいかもですね。

キサントンも軽く説明しておきます。

雑学的に楽に読んでください。

キサントンもマンゴスチン

キサントンという物質はマンゴスチンの果皮から
抽出できるポリフェノールの一種です。

こちらはガンの抑制効果が発表されています。

マンゴスチンの果皮からは
人間の身体に良い効果を持つものが
たくさん得られることになります。

果物の女王と呼ばれるマンゴスチンですが
健康食の女王でもあるのかもしれませんね!

できれば家庭でマンゴスチンの果皮を
簡単に有効利用できるような
そんな生活の知恵とか出てきて欲しいです。

そうすれば遠慮なくマンゴスチンを
買ってきて食べることができますし(*ノノ)

ロダンテノンBを摂取するにはサプリ?

先ほどちょっとマンゴスチンの果皮を
使ったお茶でもあればいいのに
と書いてみました。

調べたら薬として使われていても
お茶とかになっているのは葉だけのようです。

となると、効率的にロダンテノンBを
身体に取り込むにはサプリが良さそう。

まだまだ名前が知られていませんが
世間に広まり、飲み物などを飲んだだけで
ロダンテノンBを身体に取り入れることが
できるようになるといいですね。

一日一本とかだと自分でも
どの位飲めば良いのかわかりやすいですし
是非広まって欲しいです。

ともかく、アンチエイジングに気を使っている
老化防止を普段から心がけている
そういった方には良い情報になりそうですね。

ロダンテノンB、私は覚えておくとしますよ。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする