キュボロとは?積み木のおもちゃで高い?類似品や中古・通販は?

積み木-おもちゃ

最年少プロ棋士・藤井四段が
使っていたおもちゃとして
注目を集めたcuboro(キュボロ)

単なる積み木ではなく、
何処をどうつなげていくかという
思考を育てるのにも最適でしょう。

積み木の中ではかなり高いですけどね。

というわけで類似品
私が中古をおすすめしないわけ
通販の情報をまとめています。

スポンサーリンク

キュボロとは?積み木のおもちゃ?

割と最近話題になっているので
知っている方も多いかもしれません。

cuboro(キュボロ、クボロとも)
立方体に溝や穴を掘って
それを組み合わせてスタートから
ゴールまでビー玉を通して遊ぶ
そんな積み木のおもちゃです。

言葉にするとコレで終わってしまいますが
数や高さを変えてコースを長くすると
途中で止まることがよくあります。

それを改善してスタートからゴールまで
ビー玉がスムーズに通った時の
達成感が人気の理由だと私は考えます。

どの立方体をどのように組み合わせたら
上手くいくのかと考えること
何度もトライ&エラーを重ねることで
思考力があり、挑戦する心がある
そんな人間が育つのでしょうね。

by カエレバ

マインクラフトが世界中で人気ですが
それに通じる何かを感じます。

キュボロはおもちゃとしては高い?

さて、そんなに面白そうならば
わが子に買ってあげたいと
そう考える親御さんもいると思います。

しかしキュボロはベーシスとよばれる
こちらのセットで2万5千円です。

by カエレバ

スタンダードだと3万5千円程度なので
気軽に購入するにはちょっと敷居が高い。

高級感&重量感のあるしっかりとした
木を使っていて、長年の技術で
できるだけ変形しないように作っていて
そのために値段が高くなっています。
後は単純に輸入しているからでしょうけど。

最新のゲーム機とソフトを購入する
そんなようなものですし
中々手が出る値段ではありません。

とはいえ、ベーシスとスタンダードだと
後者がおすすめになります。

もっと色々なことがやりたいと
アイディアが浮かんだ時に
ベーシスではちょっと物足りない
という感じになりがち。

その点スタンダードならば
単体でもそれなりに満足できるかと。

必要なら他のセットを追加で購入するなど
いやーハマったら抜け出せないでしょうね。

by カエレバ

もうちょっと値段が安ければなぁ。

スポンサーリンク

中古品?大人はOK、子供はダメかな

オークションや中古での購入は
正直それがわかっている大人であるなら
別にいいかなーと思うのですよ
でも子供はどうでしょう?

例えばニンテンドースイッチは
口にすると不味い物質をつかって
転売を防いだなんて話があります。

まあ元の持ち主が何していたか
どうやって使っていたか完全にわからない
それを子供に与えるのは
個人的にはNGだと考えますね。

それならば、いっそのこと中古で妥協せずに
類似品を購入する方がマシです。

キュボロの類似品はあるの?

積み木を使った”玉の道”とよばれるおもちゃ
キュボロをあわせて3つが有名です。

それではそちらも紹介します。

■スカリーノ
キュボロは積み木に溝や穴があって
それをどう組み合わせるのかを考える
そういったおもちゃなのですが
こちらはそのまま道を作るのが目的

ピタゴラスイッチのパーツに使われています。

by カエレバ

■クーゲルバーン
品質的にも値段的にも差があって
キュボロ>クーゲルバーン>スカリーノ
というのがネットでの評価。

パーツごとの役割が決まっているので
拡張を考えて購入するのが楽しい
種類も豊富で遊びやすいのはコレ。

by カエレバ

キュボロは藤井四段で話題になってから
品薄になっているので類似品
代替品として使うなら私個人は
クーゲルバーンですかね。

何をするのかわかりやすく、
子供も疑問に思わずに遊べます。

大人がはまる、子供とはまる

私ことおっさんの視点では
子供に買い与えるには高いけど
一緒に遊ぶと考えた時に
ならばいいかなーと思ってしまいました。

自分が運動が苦手というのもありますが
テレビゲームを自分がするのは
別に構わないのですが、
小さい子供にはまだ早いわけで。

子供の柔軟な発想に素直に驚いたり
一緒にどうするか考えて達成する
それって物凄く大切で楽しい

玉の道の3つの商品は全部スイスで
輸入している分高いのでしょう。

でもキュボロならば丁寧に遊べば
子供だけでなく孫の代まで
なんてこともできそうなんですよね。

あれ?そうすると意外に安い?
なんて考えた私です(*ノノ)

お読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする