愛生(あおい)の彼氏や大学は?身長やカップのほくろが気になる!

アムステルダム

デビュー前から注目を集め、その証拠に
デビュー作が予約でランキング入りした
グラビアアイドルの愛生(あおい)さん。

情報が少ないからこそ彼氏大学は?
身長カップサイズといったことが
気になっちゃいますよね。
胸の谷間のほくろとか。

とにかく逸材系ではなく本気で初々しい
新人グラドルに私のテンションも上がります!
男である私、おっさんですから!

スポンサーリンク

愛生(あおい)さんのプロフィール

愛生と検索すると声優の豊崎愛生さんが
引っかかるのですがあちらは”あき”で
”あおい”さんとは違いますからね!
かわいい女性である点は共通ですけど。

さて、それでは愛生さんのプロフィールを
簡単に見ていきましょう。

名前:愛生(あおい)
生年月日:1994年12月25日
年齢:22歳(執筆時)
趣味:料理、お菓子作り
資格:調理師免許(海外ホテルシェフ)

ツッコミを入れて知りたい情報が
ちらちらとあるのですが
上から順にツッコミます(笑)

名前は元は梧桐愛生として
事務所に所属していたのですが
5月10日に現在の愛生に改名してます。

梧桐愛生が本名かな?と思いきや
Twitterのアカウントをご覧ください
@_aoigoto
あれ?ごとう あおい?
感じはわかりませんが、
これが本名なのかもしれません。

趣味が料理やお菓子作りであるというのは
男性ウケが良くて、グラドルやアイドルでは
割と見かけるものです。

調理師免許……わかる
海外ホテルシェフ……なんぞそれ?

どうやら海外にいた経験があって
留学ではなく仕事だそうなんですよね。

料理の腕がわかるかどうかは
私には判断がつかないのですが
作るのが大変そうなお菓子を
見事に作り上げているのがこちら

これは趣味とか特技とか超えてますね
本当に腕がある人なんだ
見た目からアスリート系だと思っていたので
良い意味ですごくびっくりです。

愛生さんの身長やカップサイズ

グラビアアイドルで記事を書いていて
一番楽しい時間がこの数字を
調べている時間なおっさんの私です。

数字っていいよね!

身長:163 cm
体重:未公開
スリーサイズ:B88 – W59 – H89
カップサイズ:Eカップ

こ・れ・だ・Yo
作り物っぽくないほんとの逸材はこれですよ。
メディアではなく周りが思わず
逸材だと感じるダイナマイトボディ。

よくよくみるとデビューとなるDVDも
きわどいビキニを着ているんですが

【送料無料】梧桐愛生 愛に生きる/梧桐愛生[DVD]【返品種別A】

健康的というか爽やかな色気というか
いやらしさがないのが武器でしょうね。

そうビールの宣伝ポスターみたいな
スッキリした印象をうけるおっさんでした。

愛生(あおい)さんの大学は?

海外に1年半ほど行っていた関係で
現在の年齢から考えても
大学へは行っていないようです。

英語も話せる本格派の料理が出来るグラドル
昔だったらアイドルの料理番組とか
流行っていましたよね?

料理じまんで集めたっていいじゃない
と私は思うのですが
結構好きだったんだけどなぁ”愛エプ”

スポンサーリンク

愛生(あおい)さんに彼氏はいる?

表に出る範囲では彼氏の情報はありませんでした。
なので現状はいないということになりますね。

デビュー前に彼氏とラブラブでーすというのは
事務所的にも勇気がいるはず。

芸能活動をするうえで
ある程度身辺整理をしているのでは?
というのが私の予想。

海外で仕事をしていたくらいですし
公私はきちんと分けている
そんな風に思いませんか?
私は思いましたよ。

愛生さんのアピールポイントはほくろ

DVDのパッケージがわかりやすいかと思いますが
恵体といわれるボディはもちろん
魅力の一つなのですよ。

しかし1番はほくろだと確信しています。

グラビアで水着姿になって
まあ、胸に目がいきますよね。
目に胸がいくと谷間にほくろ。
ちょっと上にもほくろがあって、
首まで視線が動いていくこのラインです。

胸の谷間から首元までのほくろライン
恵体ボディに色気をプラスしていると
おっさんは力説するのです。

おかしい、ほくろ萌えはないんだけど(笑)

話題をさらうであろう期待の新人

愛生(あおい)さんの梧桐愛生名義での
最初で最後のDVDの発売は5月19日です。

梧桐愛生を楽天市場で検索
梧桐愛生をAmazonで検索

色々と発表もしていくようですし
夏にかけて注目しておいて
損は無いグラドルの1人です。

今後バラエティなどの露出も増えれば
もっと色々な情報や魅力も
わかってくると思うので
活躍に期待しましょう&してます。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする