Weareのサイト公開やハイレゾは安い?ASKA以外のアーティストは?

音楽-配信

歌手のASKAさんが自身の
ニューアルバムのリリースを
第一弾とする配信サイト
Weare の設立を
自身のブログで公表しました。

Weare では利益を追求することなく
音楽業界やアーティストのため
そして高音質のハイレゾ音源を
安価で提供するための場として
運営される予定です。

ASKAさん以外にも
配信を希望するアーティストが
いらっしゃるようですが
どんな方がいるのでしょうか。

色々と思うところはあるでしょうが
私はこの音楽に対する活動、
ASKAさんのチャレンジは
とても素敵だと思います。

過去のASKAさんのしたことは
決して消えませんが
これからのことはまだ未定です。

以前のように素敵な曲を
作ってくれるといいなーと
こっそり期待します。

追記:

サイト公開されましたね!

スポンサーリンク

WeareをASKAさんが立ち上げ

歌手のASKAさんが
音楽配信会社『Weare(ウィアー)』
設立したことで話題に。

『Too many people』以来の
アルバムである『Black&White』
リリースもこちらからと
発表がありましたね。

運営をASKAさんがするのかと
思いきや別の人とのことで
その辺はASKAさんも
世間に対して非常に慎重に
なっている印象を受けます

また、Weareでは
高音質の音源普及のために
安価で提供する用意があり
それもまた会社設立の
目的の一つです。

今後、配信音源は「ハイレゾ音源」が、主流になり、やがて「ハイレゾ」が、
当たり前になりますので「配信音源=ハイレゾ」と、なって行くでしょう。
現在、高音質音源の「ハイレゾ」が普及しづらいのは、1曲の単価が、
あまりにも高額だからです。
引用元:http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2017/10/23/113235

私はその辺りを全然しらず
普通に成程なーと思ったのですが
CDが売れなくなって
色々とネックになっていそうだとは
思っておりました。

ASKAさんに対して、
思うところがある方は
未だ多いでしょう。

しかし決め付けの批難
何も考えずの擁護ではなく
活動を見守っていくことが
必要なんじゃないかと思いました。

試みは凄い発想ですし、
ご自身のアーティストとして
発表する場が奪われることの
経験も含まれているのでしょうね

この試みを元に、
音楽活動がアーティストに
還元されるようになれば
最高なんじゃないかな。

Weareのサイト公開は?

25日に公開予定と
自身の公式ブログにて
言及されています。

すでに「Weare」のトップ画面はできていますが、
現在テストランを行なっている最中です。
URLは、25日に公開させてください。
引用元:http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2017/10/23/113235

25日の公開後
サイトの雰囲気など含めて
追記を予定しています。

10時に公開とのことですが
もしや夜になるのか
私が見つけられないだけなのか。

モヤモヤする方は先に公開された
ASKAさんのオフィシャルサイトの
URLが公開されているので
そちらをみてニヤニヤしましょう(ぉぃ)

ASKAオフィシャルサイト。最新情報、ディスコグラフィ、バイオグラフィ、FANCLUBコンテンツなど掲載。

これから立ち上がっていくんだ
という印象を受ける
素敵なオフィシャルサイトですね。

追記・祝サイト公開

25日、無事サイト公開されました

「Weare」は、作り手とその作品を愛する人々を繋ぐ架け橋となり、共に歩む存在でありたいと思います。

今のところはアルバムの
『Too many people』
『Black&White』
各2,300円1曲だと250円

そして『Black&White』の
デジタルブックレットが
650円ですね。

まだASKAさんのみで
ちょっとだけ寂しい感じもしますが
これからどのように
『We are』となっていくのか
注目のサイトでしょう。

スポンサーリンク

Weareで配信するアーティストは?

今現在はASKAさん1名です。

とはいえ既に配信希望の
アーティストが集まっているとのこと。

10月25日時点での配信は、僕ひとりですが、
すでに、配信希望のアーティストがたくさん集まって来ています。
僕の行うテスト。そして、要求要望などが、整備完備された後に、
ここ「Weare」に、配信希望アーティストが並びます。
引用元:http://aska-burnishstone.hatenablog.com/entry/2017/10/23/113235

この辺りも世間の反応を
見つつやっているのではないか
深読みするおっさんの私。

Weareのシステムは
楽曲ごとの還元率は、世界初の70%
25%がWeareの運営費
5%を寄付
という風にASKAさんは説明しています。

還元率がいくら高くても
所属しているレーベルがあると
お金のやり取りが面倒だし
契約も難しいのでは?

アーティストとWeareが直接
やり取りをするという形で
レコード会社やレーベルに
所属しているアーティストが
すんなりと楽曲を配信できるのか?
その辺りが気になります。

もしかしたらそこがネックで
ASKAさんのみで配信が
始まったのかもしれませんね

Weareのハイレゾ音源は安いの?

Weareではハイレゾ音源が
1曲400円で提供されます。

他の形式は未発表なので
価格を調べてみました。

適当に目に入った曲を
数曲チェックして
目にした価格を記載。

※曲によってはこれよりも
安かったりするかも。

e-onkyo music:540円
mora:540円
OTOTOY:540円
レコチョク:540円

このように、大抵の場合
ハイレゾ音源の配信サイトは
540円で横一線という感じです。

なのでWeare の400円は
確かに安いですね。

しかしメジャーなアーティストの
楽曲配信がないのであれば、
知る人ぞ知るみたいな
感じになりそうではあります。

このWeare を通じて
今後も素敵な曲を
ASKAさんが世の中に
送り出してくれることを
こっそりと期待しましょう

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする