吉田達彦(アニソン)の経歴は?ルパンレンジャー主題歌の歌手!

戦隊ヒーローシリーズ第42作目となる
怪盗戦隊ルパンレンジャー
vs警察戦隊パトレンジャー

この主題歌もvsなのですが
ルパンレンジャーの
パートを歌う歌手の吉田達彦さん

お恥ずかしながら知らない方で、
どんな方なのかなと
前にどんな歌を歌っていたのか
経歴を調べてみたらデビュー!?

割と正統派ないい声だったので
全然そんな風には思えず
何回もご本人の画像と
生年月日を見比べた私

うん、ベテランの中に
混ざっていても新人とは
わからない自信があります。

※記事を書いていくうちに
ベテランと見比べる機会があり
肌がやはり若いと思いました(ぉぃ)

スポンサーリンク

吉田達彦(アニソン歌手)って誰よ!

「あー吉田達彦さんね、知ってるよ」
と友人同士なら知ったかしてたかも。

新人さんなら余程そういった
コンテストとか見ないと
私のように知らないかと

吉田達彦さんの簡単な
プロフィールはこちら。

名前:吉田達彦(よしだ たつひこ)
生年月日:1989年3月27日
年齢:28歳(執筆時)
出身:北海道
所属事務所:MOJOST

MOJOSTといえば
所属するアーティストに
福山芳樹さんや高橋洋樹さんが
所属する事務所です。

福山芳樹さんは私の印象だと
マクロス7の熱気バサラの
ヴォーカルというイメージ。

高橋洋樹さんの歌声は
アニメに興味が無い人でも
聴いた事があるはず。

ドラゴンボールの
「魔訶不思議アドベンチャー 」
の方ですよ!

いい事務所に所属してるし
今後の活躍にも期待が持てそう。

ちなみにMOJOSTは
別の会社で街中を走る
トラックの広告
あれも事業展開してます。

吉田達彦さんの経歴は?

歌手を目指したきっかけは
2011年に行われた
第5回アニソングランプリ札幌大会

この大会で準優勝
翌年から地元札幌でLive活動や
ファッションモデルとして
ショーへの出演などを経て
2013年に上京

NHK BSプレミアムの
「第2回アニソンのど自慢G」準優勝、
「アニソンのど自慢G
~天下一アニソン武闘会~」準優勝
という成績を残して
現在の事務所MOJOSTに所属。

そしてついに念願の
メジャーデビューということで
それが戦隊シリーズの主題歌!
掴んだチャンスは大きいですね。

しかもこれ、既に先日行われた
「超英雄祭 in 日本武道館」
にてLiveも披露済み。

メジャーへのお披露目が
武道館とか凄すぎますが
実は楽曲も凄い。

戦隊シリーズの初のダブル戦隊
非常に注目される作品ですし
しかも曲自体が異色の楽曲

これはメジャーデビューとしては
良いスタートをきれているのでは?

アニソン歌手の前の職業は?

ちなみにこの道を志す前は
介護福祉士として働いていたという
経歴だけでも面白いです。

ああいった職業って
その人が何を求めているのか?
察してあげることも
仕事の一つだと思います。

それはそのままサービスや
パフォーマンスとして
ファンが求めている事を
提供するという能力
繋がっているのでは。

スポンサーリンク

ルパンレンジャー主題歌でデビュー!

ルパンレンジャーから知ったので
曲と声を聴いてベテランの
歌手の方かなと勘違い。

というかこのルパンレンジャーの
主題歌がデビューなんですね。

いや、主題歌の公式サイトにある
ご本人の画像が失礼かもしれませんが
非常に雰囲気があったので
知らないだけでベテランの歌手かと。

勘違いしたのは私だけ?(*ノノ)

ルパンレンジャーの主題歌がヤバイ!何度も試聴したくなる中毒性?

個人的にはよくあるどこぞの
歌い手感が薄い印象が○

アニソン界のパワーのある
歌手の方々ってだいたいが
かなり年齢が高くなってます。

その方々の後継たるような
ビッグな歌手に成長してくれると
アニソン界も安心ですよね

ちなみにルパンレンジャー主題歌
vsも含めてかなり中毒性が
ある気がすでにしてます。

かなり好きです(*ノノ)
片方だけ聞いても物足りなくないのが
本当に凄いわ。

※執筆時点ではジャケットも
まだ未発表でした。

今後の活躍に期待です

最初に名前だけ聞いたときの
誰だこの人!という印象から
がらりと変わった現金な私。

今後活躍が注目される
歌手の一人とみなします。

伸びのあるボイスで
色んな曲を聴いてみたくなる
ということで探したらありました。

この人トークもいけるんですね
こういうのを知ると
ライブに行きたくなります(笑)

さんま御殿とかに出て
さんまさんと絡んでみて欲しい。

アニソンも昔と比べると
聴かなくなったのですが
私が聴いていた方々は
未だに活躍してます。

ずっと上がいて下が育たない
そんな業界のイメージも
あったりするのですが
名前を覚えたので
吉田達彦さんには是非、
今後活躍して欲しいものです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする