二科展とは?入選者のレベルは凄いの?芸能人枠は落選しない?

美術展

毎年秋頃になると話題となる
美術展覧会の二科展(にかてん)

誰が入選しただのと大々的に
報道されるわけですが、
入選者のレベルが凄く
高かったりするのかな?
なんて気になってしまいました。

毎回芸能人が入選しただのと
報道されるので
芸能人枠があるのでは?という噂が。

なので芸能人は落選しない
と言われてしまいますが、
それは違うという理由も考察します。

実に100度以上も開催されて
歴史のある美術展覧会で
多くの芸術家を輩出しているだけに
そういった醜聞はないと
個人的に思っているのですけどね。

ただ、若い芸能人が入選することで
広い世代に興味を持ってもらう
という利点があるのも確かでしょう。

物凄く広い範囲で掬い上げてくれる
そういった美術展示会。
そのイメージで良いのでは?

スポンサーリンク

二科展(にかてん)とは?

芸術-美術展

公益社団法人 二科会(にかかい)による
美術展覧会二科展です。
最初に「にしなてん」と読んだのは秘密。

かつて大正時代において
日本画の新旧という二科に対して
洋画には新旧の二科がないことを
不満とした一派が独立して
出来たのが二科会です
※かなりざっくりした説明です。

その成立経緯もあって、
いまでも新しい傾向の作家に
活躍の場を与える展覧会として
多くの芸術家を輩出しています。

新しい芸術に寛容で
さらに間口も広いために
多くの芸能人なども
作品を出品してるのですね。

熊谷守一さんや、杉浦正美さん、
岡本太郎さんなども作品を
過去に出品しています。

なによりも2017年で102回という
歴史の長さが凄いですよね。

その長い歴史の中で
独立した方々もいるわけですが
二科会および二科展はその伝統を
いい意味で守り続けているのです。

二科展入選者のレベルは?

レベル

100回以上も開催されている
歴史のある美術展覧会
というと物凄い敷居が高く感じますが
実際はどうなのでしょうか?

例えば芸能人で言うと工藤静香さんは、
初出品の1990年から入選していて
出品した21回全てで入選という経歴。

これが凄いのか凄くないのか
芸術に疎い私ではレベルが
ちょっと判断が出来ない

そこで調べてみたのが数字です。
少なくともデータで傾向は読めるはず。
以下はデータです。
左が入選者数 / 右が出品数

※第102回(2017年)の統計
絵画部:705 / 2,570
彫刻部:43 / 49
デザイン部:333 / 1,004
写真部:815 / 16,171

彫刻が入選の難易度を
物語っている気がします。

ポイントは絵画などは基本的に
1人で何点も出品するのが普通
というところですね。

右側は出品数なので
4,5点出していると考えると
その内1つでも入選すればいいので
余程判断に困る作品では無い限り
ある程度のセンスがあれば
入選しそうな予感。

しかし私じゃ絶対に無理だろうな
といった予感はあるので
最低限の基準はあるでしょう

スポンサーリンク

二科展に入選した芸能人まとめ

芸能人?

以下雑多に。
気になった事柄は
名前の次に補足しています。

工藤静香:2017年より絵画部で会友
石坂浩二
増位山太志郎:元力士・元親方
雪村いづみ
若月佑美:デザイン部門、乃木坂46
五月みどり
黒澤明:1928年入選
青島幸男
押切もえ
八代亜紀
佐藤詩織:デザイン部門、欅坂46

ちなみに連続で入選している
乃木坂46の若月佑美さんですが
ささっと作った作品が最初に入選しています。
※2012年の初入選の時の記事です。

若月の作品テーマは「食物連鎖」で、カラフルに描いた食器の周りを、かわいらしい模様で彩った。感情の赴くままに、パソコンを使って1日で仕上げたという。
引用元:http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20120906-1012254.html

ただ、デザイン部門で芸能人が
二科展で入選したのは始めてで
それはそれで話題になりますよね。

しかし1日で製作したものが入選。
デザイン部門ってセンスで勝負って
そういった感じなのですかね?

人によってとらえ方が違ってしまいそうで
そこはちょっと心配です。

二科展は芸能人枠があって落選しない?

絵画-絵の具

二科展の時には必ずマスコミの前に出る
工藤静香さんのように二科展を
プロモーションとして使う芸能人の方も
中にはいるようです。

「芸能人で落選したという話は聞いたことがない」
と言いますが、芸能人が
「二科展に出品しましたが落選しました」
なんて発表して何が面白いのかなと。

なので入選した時のみ発表するので
結果的にそう見えるだけでしょう

また新しい芸術に寛容であり
広く受け入れる傾向がある二科展は
数字だけで判断すると
割と入選しやすいように見えます

そして実際に芸能人が入選し
二科展という名前自体も広まるので
芸能人枠があるなどと
誤解が広まるのでしょう

芸術家として大成する一握りと
その他大勢の中の
宣伝してくれる人間というのが
私のイメージ。

いっそのこと絵心の無い
そこそこ名前の知られた
芸能人を起用して試してみればいいのに。

「芸能人枠があるのか試してみた」
とかドキュメントで。

ただしこの企画は二科展も
出品する芸能人もメディアも
一般の出品者も得をしないので
絶対にGOサインはでないでしょうけども。

来年以降AKB関連の入選者が
増えたりするようなら
もう一度芸能人枠に関して
考えたいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする