ざんねんないきもの事典シリーズ通販は?口コミや感想が好評?

いきもの

じわじわと口コミなどで認知され
好評となったざんねんないきもの事典

思わず誰かに言いたくなるネタとして
子供から大人まで楽しめます

生き物については今までは
「こんなに凄いんだ!」
という所が取り上げられていましたが
ざんねんな部分を知ることで
なんだかほっこりできますよ

感想口コミなども
調べてまとめています。

累計100万部だから
相当売れてますよね。

ちなみに、辞典は言葉なので
英和辞典などに使われます

生き物などは百科事典、
つまり事典が正しいですね

スポンサーリンク

ざんねんないきもの事典がじわじわ来る

例えば私達がその動物に対して
自然と抱いているイメージ
あると思うんですよね。

格好いい、かわいい、凄いとか
それらに対して動物の本当のところを
コンパクトにズバッと教えてくれるのが
ざんねんないきもの事典です。

ちなみにきちんとその動物の
生息地やプロフィールなども
掲載されているので
むしろ普通の動物事典などより
よほど記憶に残る気がします

100万部突破していますし
ざんねんないきもの事典のことは
知らなくてもその中身を
目や耳にしたことは
あるのではないかと思います。

かく言う私もネットなどで
見かけた動物に関する
思わず「ぷっ」と噴出すような
笑っちゃう内容や

「え!?」と目が点になる
二度見してしまうような内容
その元ネタとして、
このざんねんないきもの事典が
実は身近になっているのかも?

元々はそこまで勢いがあって
爆発的に売れたわけではなく
じわじわと口コミなどによって
人気になっていきました

小さい子供から上は90代の
お爺ちゃんお婆ちゃんまで
幅広い年代に支持を受けているのが
その人気の理由でしょう。

私が好きなのは
ざんねん度メーター
その動物のざんねん度がわかります。

これって何かに似てると思ったら
ピン芸人がやるネタの形式
似てるんだと思いました!

ざんねんないきもの事典に登場する生き物は?

ざんねんないきもの事典に
登場する生き物は122種
1~2ページだけとはいえ
結構な数ですよね。

2冊目である
続・ざんねんないきもの事典には
今は絶滅した恐竜など
格好いいイメージの生き物の
ざんねんな所が明らかに!?

登場する生き物の
ラインナップの一部を
ご紹介しますと

  • アライグマ
  • サイ
  • カバ
  • カ(蚊)
  • サーベルタイガー
  • トラ
  • フラミンゴ
  • シマリス
  • ゴリラ
  • キリン
  • ティラノサウルス

などなど。

子供が爆笑しながら読める
そんな事典はこれだけでしょう(笑)

個人的にはネタだと思っていた
ティラノサウルスのあの病気の
お話が登場していて
二重で驚きました。

スポンサーリンク

ざんねんないきもの事典の口コミや感想

基本的に悪い口コミをほとんど
目にすることがない辺りに
この事典が本当にいい本だと
私は感じましたね!

口コミや感想をご紹介します。

立ち読みは止めたほうがいい
本当に面白くて笑ってしまうので
子供が得意げに教えてくれるので
親子で楽しむことができます
孫の為に買ったのですが
先に私が全部読んじゃいました
子供が本当に楽しそうに
ケタケタ笑うので買ってよかった

などなど
非常に好意的な口コミや
感想が多いです。

否定的な意見に関しては
統計的に見ても無視できる
難癖に近いものが多く
良書といって問題ないでしょう。

続と合わせて2冊買った!
という方も多いようです。

ざんねんないきもの事典シリーズの通販は?

執筆時点ではこのシリーズは
2冊出版されています。

ざんねんないきもの事典
進化の話など、もしかしたら
お子さんの年齢によっては
難しい話も載っています。

しかし、逆に興味を持って
何でだろうと考えたり
内容を理解したならば
新たな動物学者の
誕生の瞬間といえるかも?

続・ざんねんないきもの事典
1冊目より内容が薄くなる
ということもなく、
面白いと評判です。

進化に関するお話が無くなっており
また、1冊目と続いているわけでもなく
子供がとっつきやすいのは
こちらの 続 の方かなと思いました。

ちなみに、ざんねんないきもの事典が
成功したからか、似たようなトーンの
いきもの事典が登場しています

せつない とか しくじり とか
ざんねんないきもの事典の
著者の方は携わってないようなので
そちらは注意しましょう

知っているとついつい
人に話したくなる
「ざんねん」だけれども
不思議で凄い生き物達のお話。

むしろ大人の方が
話のネタになるんじゃないか
個人的には合コンに行くような
そんな男性におすすめします。

かわいい動物の話は鉄板
そしてそこからの残念トーク
サゲるトーンではなく
あんなにかわいいのにね?
というトーンで行けば
イケる(確信)

生き物に興味を持ってもらう
新しいアプローチとして
楽しい読物として
ざんねんないきもの事典
非常におすすめです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする