夜スペ終了で特別授業はどうなる?なぜか理由を深読み!

学校 教育 理由

東京・杉並区の区立和田中学校で、
今年度で夜間授業・通称『夜スペ』
取りやめになることが話題になりました。

大手進学塾と提携し、
夜間に中学校の場所を提供して
特別授業をするというもの。

子供の数と希望者が減った為に
今年度で終了ということに。

ちなみに進学塾は公募で
28年度はトライグループでした。

スポンサーリンク

夜スペシャル(通称・夜スペ)

この夜スペシャル(通称・夜スペ)は
都内の公立中学校で初めて
民間の出身で校長になった
藤原和博氏が考案したものです。

藤原和博氏はリクルートからの
フェロー(客員ビジネスマン)で
公立校の校長になっただけに
視点がビジネス視点なんですよね。

当時は賛否両論もあったようですが
今となってはそんなのもあったなーという
風にしか残っていませんでした。

夜スペの利点と問題点

まずは利点から。

  • 学習塾に通うよりも安価で済む
  • 学習塾に任せがちな成績上位者を学校でフォローできる
  • 教員が成績中位~下位の学習フォローに専念できる

上から下まで全部目が届いて当然といいますが
そんな教師ばかりならば問題にならないわけで
これらの利点は私には納得できるものでした
自分が学生時代にあったら利用しただろうと思いました。

続いて問題点

  • 特定の民間企業が学校を利用するということ
  • 教育を受けられる子供との間で格差が広がる
  • 公立校は成績上位者を教えられないということになる

面白いなと感じたのは、利点と思える点は
基本的に自分が学生で夜スペを受けたとしたら
という視点になるのですが、問題点は違います。

どちらかというと学校や教育委員会といった
社会的な立場からの視点になっていることです。

私はかけっこで順位をつけるべきだと
考えている人間です。

一緒に手を繋いでゴールするというのは
足の速い子達が頑張る機会を奪っているわけで
それこそ平等じゃないと考えています。

少なくとも遠い学習塾に夜に通うよりは
他の生徒達と夜に学校という方が
保護者としても安心できたのでは?
と利点ばかりが思い浮かびました。

夜スペの終了理由はなぜか?

今回夜スペを終了することになった理由として
生徒数の減少や希望者が減ったこと
という理由が挙げられていました。

生徒数の減少は少子化の時代ですし
理由としては反論の余地がありません。

希望者が減ったことに関してですが
思い当たる要因があります。

2011年の1月22日に和田中教諭が
補修中にわいせつ行為をして問題になりました。

30年勤務のベテランで生活指導担当をするなど
そういった立場の人間がしたことですし
学校側も締め付けを強化したとしても
保護者としては心配になったでしょう。

けっこう前の事件なので、
これが原因ならもっと前に終了しても
よさそうに感じました。

なので私の邪推の類です。

後はやはり希望者が減ると資金的に
厳しくなったのでやめたとか
この辺が一番ありそうですね。

ノウハウの吸収が終わった説

大手進学塾との提携によって
その指導ノウハウを勉強する機会が
長い間あったと思います。

普通そういったものは教員自らが
学んでいくことなのかもしれませんが
保護者も多様化していますし
昔みたいな時間はとれないでしょう。

進学に絞って教えているノウハウが
既にあるわけですから
自分で一歩一歩踏み固めるよりは
楽に指導法を学ぶことができたはずです。

成績上位者への指導がきちんと
自分達で行うことができるならば
外部の手を借りる必要もないですからね。

スポンサーリンク

ボランティアでも利点が大きいと考える

夜スペという枠組みはなくなるようですが
それに変わる特別授業を行う予定とのこと。

大学生などのボランティアを募って
ということですが
むしろこちらの方が利点が多そう。

  • 夜スペよりも安価で済む
  • 塾講師は選任でもない限り学生が多い
  • 中学生が高校・大学の話を聞ける
  • 大学生側は教える経験が積める

教える経験って貴重です。

自分には当然だと思っていることを
なぜ理解できないのだろうか?
というのは違う視点を養う為にも
貴重な経験だと思います。

林先生クラスの人ばかりではなく
大学生が予備校講師をしていることも多く
一時的にクオリティが下がるでしょうが
長期的に見たらそこまで変わらないのでは?
なんて思いました。

問題点としては

  • 大学生などに教える必要がある(未経験者)
  • 教える人間が頻繁に入れ替わるかもしれない
  • わいせつ行為に発展する率が増えるかも

講師として未経験の人間を使うならば
教育する必要が出てくるので
その分はコストになりますよね?

また、あくまでボランティアならば
頻繁に人間が入れ替わる可能性もあります。

最後は社会人よりも、ちょっと上の先輩ぐらいな
そんなイメージで付き合える大学生と
恋愛したら問題になるはずといった
下世話な考えです。

実際に教員が問題起こしているわけですし。

勉強したい場合は塾に行きなさい?

  • まず学校側として塾がどういう立場なのか
  • 塾を認めない場合、学校でフォローできるのか
  • 全ての教員が同じように生徒をフォローできるのか
  • 何を持って生徒に対して平等だとするのか
  • 自分達はできないから、できる学校が悪いとするのか

などなど

塾と学校に対する疑問を並べました。

私自身は学生の頃に塾に通っていましたが
ガチガチの進学塾ではなく
授業後に皆で遊んだりする
ゆるい個人の学習塾でした。

いろんな子と交流できましたし、
教えあったりして成績も上がりました。

何より楽しかったです。

夜スペはそういった環境を目指している
そう藤原和博氏が発言しており
なんとなく感情が入ってしまいました。

何を持って平等なのか
自分が得すれば平等なのか。

学習意欲がある子供の勉強の機会
それを潰さずに残して欲しいと思いますね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする