東京都議選2017の一人区情報!選挙区と候補者をまとめて注目!

東京

東京都議選で面白いという時は、
例えばそれがきっかけで政権が
変わりそうだとかそういう時でしたが
2017年は面白いです。

自民vs都民ファーストの
構図は中々ですよね。

その後を左右する一人区の情報
選挙区候補者と共に
まとめてみました。

著名な芸能人の方とかを
突っ込んでくるわけでもないのに
注目されているのが見所ですね。

スポンサーリンク

東京都議選2017の見所は一人区

6月23日に告示された2017年の
東京都議選は7月2日に投開票
行われ、その議席数は127です。

その過半数を巡って、自民党と
小池都知事の都民ファーストの会が
過半数を争う形です。

見所はなんといっても一人区です。
ここを取れるかで勢力が大分違います
双方ともそれなりの人間を
候補者として擁立しているわけです。

面白いのは国政では自民と協調している
公明党は都政では都民ファーストの会を
推薦しています

自民党内の公明党との連立が不要という
そんな意見に対する意趣返しも
あったりするのではないかと予想。

こういった表から裏側までの
ドロドロとした情報を妄想するのが
お好きな人もいるでしょう
はい、わたしです(*ノノ)

一人区の選挙区と候補者

注目の一人区ですがまずはどこの区が
対象であるのかは都民じゃないと(都民でも)
わかりませんよね。

一人区の選挙区:
千代田区、中央区、武蔵野市、青梅市、
昭島市、小金井市、島部

それぞれの候補者もまとめました。
名前:所属政党:年齢 の順にならんでます。

また※ですが
※ 現……現職、元……元職
を表しています。

■千代田区
ひぐちたかあき:都民ファーストの会:34歳
須賀かずお:無所属:61歳
中村あや:自由民主党:27歳
ごとうてるき:国民ファーストの会:34歳

■中央区
森山高至:無所属:51
立石はるやす:無所属:75 ※現
西郷あゆ美:都民ファーストの会:32
さいとうかずえ:希望ファーストの会:48
石島ひでき:自由民主党:57

■武蔵野市
島崎よしじ:自由民主党:51 ※現
鈴木くにかず:都民ファーストの会:28
松下玲子:民進党:46 ※元

■青梅市
つるた一忠:無所属:72
森村たかゆき:都民ファーストの会:43
野村有信:自由民主党:76 ※現

■昭島市
中村たけし:自由民主党:41
内山真吾:都民ファーストの会:37
奥村ひろし:日本共産党:66

■小金井市
漢人あきこ:無所属:57
朝倉法明:無所属:58
うちこが宏:無所属:53
広瀬まき:自由民主党:35
つじの栄作:都民ファーストの会:48

■島部
綾とおる:日本共産党:64
山下崇:都民ファーストの会:44
三宅正彦:自由民主党:45 ※現

ネタ枠も含めて注目は千代田区
国民ファーストは都民ファーストを
揶揄する為の名前だそうですし。

若い女性が勝つのか、
都民Fが勝つのかという争いに見えます。

スポンサーリンク

一人区注目の候補者は?

千代田区と中央区ですかね。
もちろんそれぞれの選挙区の
自民と都民Fの候補者は気にしてもいいですが。

ごとうてるき:国民ファーストの会
さいとうかずえ:希望ファーストの会

この辺りは気になります。
支持政党無しとかと同じだったら
馬鹿にしすぎだろうと思ったのですが。

ごとうてるき:後藤輝樹
2016年の都知事選挙の政見放送で
放送事故をやらかした候補者です。
下ネタ連発で音声を削除されています。

都知事選を含めて7回連続で落選中
愛国主義者ですが自民と都民Fの間に
割り込むというよりかは主張を述べる為に
選挙に出馬している印象を受けました。

都民ファーストという名前なのに
国政を目標にしているのが気に喰わない
というのが本音なのではないかなと。

個人的に千代田区を選んで立候補したことを
面白いと考えて評価しています。

さいとうかずえ:齋藤一恵
希望の塾(小池氏が主宰する政経塾)で
公認がもらえなかった何人かの人間が
無所属から”希望ファーストの会”として
出馬したというのが真相です。

選挙が始まる前から分裂を起こしたという事実は
少なからず都民ファーストに悪印象を感じます。

後藤輝樹さんと比べると、本人は真面目で
真剣に取り組んでいるのでしょうけれども
自民vs都民Fという構図を
メディアは望んでいるんですよね。

東京都議選2017その他の注目ポイント

個人的に注目しているのはあれだけ
メディアに出まくっていた”おときた駿”候補。
好き嫌いはあるでしょうが、ネットも含めて
メディアへの戦略は若手でも抜群に
上手いとあくまで個人的に思っています。

自民vs都民Fの構図の中で
もう1つどうなるか気になっているのは
都民Fで立候補したうちの何人が残るか。

半数近くが女性候補というのも
小池都知事効果があると思いますし
これで議席数を女性候補によって伸ばせば
女性躍進というイメージがつきます

女性の議員というと最近では色々と
問題ばかりがとりあげられるイメージがありますが
ぶっちゃけ母数が少ないから目立つだけで
割合としては男女変わらない
もしくは母数が増えれば同じになると考えています。

正直言って期待していたほどの”刺客”となるような
候補を自民も都民Fも用意できていないという
印象が強いのですよね。

あくまで豊洲と五輪を舞台にした小池劇場で
都民Fの候補者の方はエキストラみたいな。

気がついたら終わってた!
みたいなことが無いように
候補者の方々も選挙活動を
最後までがんばっていただきたいものです。

お読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする