谷亜沙子の大学どこでミスコンは?目が怖いのは埋没法整形?

ゼリー-大食い

フリーアナウンサーの肩書きながら、
かなりの大食いキャラという
ギャップが凄いのが谷亜沙子さん。

このルックスなら大学でも
ミスコンとかとってそうですよね。

グラビアが好評な一方で
目が怖いとかまぶたが埋没法で整形?
みたいに言われる原因を考えます。

スポンサーリンク

谷亜沙子さんのプロフィール

まずは谷亜沙子さんの
簡単なプロフィールから
見ていきましょう。

名前:谷亜沙子(たに あさこ)
生年月日:1993年5月20日
年齢:23歳(執筆時)
出身:東京都
血液型:A型

身長:155 cm

思ったより小柄な方なのですね。
あれだけ食べているので
結構大きい人なのかと思っていたので
ちょっとビックリ。

体重やスリーサイズ、カップサイズなどは
公開されていないのですが
これって、モデルの方のほうが
公開しているイメージ。

一応アナウンサーの肩書き重視なのかな。

ちなみに体重は特技の大食いがあるので
気にしても意味がない気がします。

タレント扱いなのですかね。

趣味は料理、食べ歩き、旅行、韓国語
特技は大食い

公称されている量はお寿司98皿、
うどん16玉、肉3.8kg、
ハンバーグ250g14個など

男の私でもお寿司20皿ですから
どれだけ食べるのかってことです。

よく食べる女の子が好きなのですが
それは美味しそうに食べている姿が
好きなだけなんですよね。

個人的には大食いのような
競技的に食べるのは微妙。

しかし普段からかなり食べているようで
買い物の画像が凄いんですよね。

あのスーパーのカートが
上も下も満杯なのは
一人の買い物では殆ど見ないですよね。

フリーアナウンサー?モデル?

フリーアナウンサーという肩書きをよく目にしますが
そもそも私のイメージとちょっと違って戸惑います。

タレントですよね。

フリーアナウンサーというのは
『アナウンサーとして経験を積んだ人が
フリーとして局アナから活躍の場を広げる』
というイメージなんですよね、私の場合。

最初からフリーってちょっと違うような。

谷亜沙子さんの事務所は
エイジアプロモーション です。

モデルの方が多い印象の事務所なので
モデルかな?と思ったら身長が155cm
ちょっと高さが足りないかなって感じ。

となると、アナウンサー志望の
タレントって感じですかね。

しかも報道アナとかではなくて
番組MCのアシスタント的な。

という感じで自分で納得。

谷亜沙子さんの大学どこ?ミスコン経験者?

谷亜沙子さんの出身大学ですが
法政大学ということを
ご自身のプロフィールで公開しています。

調べた所によると学部は『文学部哲学科』
だそうですよ。

哲学科というのはイメージしづらいですね(・ ・

その見た目からミスコン経験者なんじゃないか?
といった情報をチラホラ見かけるのですが
そのソースとなる情報は見つかりませんでした。

グラビアなどの画像を見る限り
何か受賞してもおかしくないんですけどね。

スポンサーリンク

谷亜沙子さんの目が怖い?

谷亜沙子さんの目が怖いといった
書き込みも中には見かけました。

これは、私わかります
自画撮りの画像ですよね。

おそらく目を大きく修正する
アプリか何かの影響では無いかと。

SNSでアップされる顔の画像は
殆どが無数に撮影された画像の中から
厳選したものをさらに修正したものであると
周知の事実であります。

そのままでも可愛いのに、
もっと目が大きい状態で写りたい
と女性は思うらしいんですよね。

その画像修正の結果を見て
目が怖いと拡散されているのでしょう。

その証拠にグラビアなどは
普通に可愛いと思いますし。

谷亜沙子さんは二重を埋没法で整形してる?

これも↑の目が怖いと同じ理由だと思います。

ちなみに二重まぶた・埋没法というのは
一番手軽に見た目の印象が良くなると
整形外科では説明されてますね。

とはいえ、最近は割とプチ整形が身近になって
している女性は多いですよね。

それに劇的に印象が変わるというのも
元があってのことですし、
そこまで拒否反応を起こすことでもないかと。

今後もグラビア撮影の仕事が増えれば
色々とまた違う検証が出るでしょうし
それからでもいいと思いますよ。

きちんと食べてくれる大食いの子であるならば
ギャル曽根さんの代打として
起用されることもあるかもしれませんね。

とはいえ、大食いキャラだけでは
仕事としては微妙でしょうし
大食いキャラで活躍をしながらも
プロポーションを保っているとかが
セールスポイントになるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする