就活は変わった?逆求人や一緒に焼肉等アピールも色々!?

就活 逆求人 アピール

就活は何十社も応募して、
ようやく面接してという非常に大変なのに
殆ど結果が得られないというイメージでした。

しかし売り手市場の昨今では逆求人という
アピールを1対1や少人数でできる
そんな方法があるようです。

私の時とは大分違うなーと思いながら、
どんな感じなのか調べてみました。

スポンサーリンク

逆求人って何?

「逆って何だよ!」

とか最初に思わずツッコミを入れてしまいましたが
言葉通りで、企業側から話を聞きにくる
そんなスカウトの形式のことですね。

1対1や少人数、場合によっては企業側の方が
数が多い中で話をすることもあるのが特徴でしょうか。

企業側が興味を持った人間に
スカウトをかけるので
普通の面接と比べて期待できますよね。

就活における逆求人の利点

逆求人の特徴だけでパッと利点が
思いつく方も多いと思います。

フィーリングが合えば、内定も貰えるでしょうし
早めに決まれば自分も楽ですよね。

ここではさらに踏み込んで利点を挙げます。

プレゼン能力が鍛えられる

資料作りもそうですが、
ここで言うプレゼン能力は自己アピールのこと。

自分のプレゼンの何処が企業の反応がよく
逆に何処に興味がなかったか
この分析は本番の面接でも役に立ちます

プロのアスリートでも本番のためには
あれだけの練習を重ねるわけですから
社会経験も無い人間が
ぶっつけ本番で上手くいく確率は低いです。

そういった練習・分析の場としても有効ですね。

1対1で対話することができる

普通の面接はあくまで質問とその回答です。

逆求人の場では、企業側と深く対話できます。

そもそも企業側が興味を持って
貴方の前に説明しに来ている
つまりは最初から興味がある状態なんです。

企業だっていい学生をとりたいわけで
自分の所に入社して貰う為に
様々な話を向こうからしてくれます。

これは多数に向けて説明をする
企業説明会とは明らかに違う点です。

入社して直ぐに辞める様な若者も減っていません。

できるならば興味を持った仕事で
長く働いて貰いたいわけですから
そのギャップを埋める方法としては
お互いにとって有効な場だと思います。

自身の成長と発見が得られる

今となっては昔の話なので笑い話で済みますが
私の就活は本当にダメダメでした。

手は震えるし、あれだけ練習した答えも上手くできず
採用担当の方に「もっと楽にしてくれていいからね?」
なんて声までかけられてしまうぐらいですよ。

受け答えは何とかなりましたが
手の震えは最後までなくなりませんでした。

やはりそういった企業の方と会話をするという経験は
しておいた方がいいです。

場慣れしてくるだけでも違いますし、
逆求人の場なら練習と割り切ることもできます。

また、自分のプロフィールなどを元に
向こうが興味を持ってくれるということは
自分では気がついていない点を
相手が長所と感じてくれている場合があります。

それは例えば希望している職種とは
違った職種からの声がかかったりなどですね。

自分のことは思った以上に自分ではわからないもの
そういった自分の可能性を見つけてもらえる
そんな機会にすることもあるでしょう。

新卒は売り手市場

人口が多い団塊世代とは1950年前後生まれを指します。
この世代が65歳を迎えて退職しました。

リストラや採用が減った時期のため、
管理者や幹部候補が足りない企業も出てきており
近年では一定数の採用をするところが増えました。

その傾向は現在も続いており、
近年新卒は売り手市場とされています。

買い手:企業
売り手:新卒

これらのバランスが買い手売り手といった形で
買い手の需要が売り手の供給を上回っている為
売り手市場と言われているんですね。

とはいえ大企業の場合は
何もせずとも優秀な人材が応募してくる為
そこから選べばいい状態。

一方で中小規模の会社は優秀な人材の確保のために
まずは自分達をアピールしなくてはなりません。

そういった意味で、その仕事に興味・熱意がある
優秀な人材確保のためにも
逆求人という方法を取る企業が増えています。

スポンサーリンク

こんな逆求人もあります

色々見て周った中で面白かったサイトを紹介。

いや、私も10選とかやろうとおもったのですけど
そんなに集めると逆に差がなくなるので
3つぐらいにしておきます。

中には言葉が違うだけで
普通の就活サイトじゃん!
という所もありましたし。

ニクリーチ

企業がニクを奢ってくれるのに
話まで聞いてくれる、素敵な逆求人。

お腹を空かせた学生のための、スカウト型就活サイト

テレビで視た事があるのですが
その時は採用担当者の方が
おニクを焼きながら話していました(笑)

食事をしながらなので、お互いに気軽に
突っ込んだ話が出来るかもしれませんね。

就職活動サイト[逆求人ナビ]

経営者や採用担当者と1対1で会話できる
逆求人フェスティバルを開催しているサイト。

フェスティバル後にはレポートがサイトに送られるので
そのレポートをフィードバックして
自分のアピールを改善できるのが強みです。

サポーターズ

人気IT企業が多く参加している就活サイト。

名前を目にする有名企業が参加しており
そういった企業への就職を希望しているならおすすめ。

カッコイイオトナとの「出会い」をプロデュースすることでキャリアを考えるきっかけを生み、いつか日本中にカッコイイオトナを増やす。そんな学生支援向けキャリア支援サービスです。

一番の特徴は交通費を1000円~5000円
支給してくれるというところ。

数をこなせばこなすほど、
移動費だけでも馬鹿にならない金額になる為
こちらを利用できるのならば大分助かるはず。

というか私のときにも合ったらよかったのにと
地味に一番ショックを受けました(笑)

まだ就活で消耗してるの?

イケダハヤトさん風に煽ってみました。

しかし的外れではないかなと思います。

入社してから直ぐに辞めるのも
就活という一大イベントが終わり
燃え尽きたまま社会に出てしまうのではないか?
私にはそんな風に思えるのです。

知っているのと知らないのとでは
応募先の企業にも差が出るでしょう。

何の希望も持てずに何十と履歴書を送るよりは
自分に目をかけてくれる企業と
じっくりと対話をすることで将来を決めたほうが
結果的に自分のためになるのではないでしょうか。

ニクリーチとかサポーターズとか
最近の学生はうらやましいッッ

と嫉妬を隠さない私でした(*ノノ)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする