杉山芙沙子のwikiや論文は?錦織圭の元コーチの経歴も?

テニス

元プロテニスプレーヤーの
杉山愛さんの母親であり、
コーチでもあった杉山芙沙子さん。

どんな方なのか気になりますよね。

wiki論文は~と調べていくうちに、
錦織圭選手の元コーチということも知って、
経歴も凄い方なんだと感じました。

スポンサーリンク

杉山芙沙子さんのwiki風プロフ

どちらかというと一般の方なので
芸能人の方と同じような
プロフィールや情報は少なかったです。

その中で集めた情報をWiki風に
まとめたのでご紹介します。

名前:杉山芙沙子
生年月日:非公開
娘:杉山愛、杉山舞(次女)
夫:杉山忠正(歯科医)

夫の杉山忠正さんは歯科医だそうですよ。
もし二人の子供が男性だったら
歯科医になっていたかもしれませんし、
錦織圭選手よりも早く世界のトップで
戦えるプレーヤーが誕生していたかも。

学歴:
聖心女子大学文学部心理学科卒業
早稲田大学大学院・
スポーツ科学研究科(平田竹男研究室)修了

これだけみると、大学院は別の大学に
進学したように見えてしまいますが
早稲田の大学院に入学したのは
杉山愛選手のコーチと、
錦織圭選手のリハビリコーチが終わった後です。

更に学ぶ姿勢があるということに
勉強嫌いだった私はびっくり!

いや、大人になってみると
ああ、これ好きだったしもっとやっておけば
みたいに思ったりするんです。
こんな私でも(*ノノ)

とはいえ、それを実行に起こせるかというと
ご覧の有様だよ!!

そんなわけで杉山芙沙子さんのバイタリティというか
行動する力はホントに凄いですね。

一流アスリートの成功は
親なくしては語れないんだと感じます。

杉山芙沙子さんの経歴

1998年:ジュニア向け(6歳〜18歳)テニスアカデミーを設立
2000年~2009年:杉山愛選手の
チームディレクター兼コーチを務める
2004年:文科省スポーツ功労賞受賞
2010年:早稲田大学大学院在学中に論文を発表
最優秀賞に選ばれる
2012年:一般社団法人次世代スポーツ教育協会を設立
代表理事に就任する。

現在は講演などを含めて忙しく飛び回っている様子。

意気投合した内村周子さん(内村航平選手の母親)と
一緒に講演したりもしてますね。

スポンサーリンク

杉山芙沙子さんは論文も発表している

上でもちょっと触れましたが、
早稲田大学の大学院に在学中に
論文を発表し、それが最優秀賞に選ばれています。

『日本の若手トップアスリートにおける両親の教育方針』
という論文で、公開されているので
探せば今でもダウンロードが可能です。

杉山愛、錦織圭、石川遼、宮里藍ら各一流の
アスリート達の育て方に関して
親からアンケートを取ったものをまとめると
共通点があるという内容。

論文の形式なので、たぶん著書のほうが
読みやすくて色々載っているのではないかと。

一応ざっくりとまとめておきます。

「最近の子供は体力が低下傾向にあって
その能力に格差が生まれると共に
様々な社会的現象の要因になっているのでは?」

といった感じですね。

割と納得できる部分が多くて、
もっと子供は遊んだ方がいいんだよなーという
根本的なとこなんでしょうね、結局は。

杉山芙沙子さんは錦織圭の元コーチ?

杉山芙沙子さんなのですが、
2009年に錦織圭選手のコーチもなさっています。

といっても実戦的なコーチとしてではなく
右ひじの疲労骨折回復後の
リハビリパートナーとしてという面が大きいです。

これは錦織圭選手のご両親の判断であり
これからテニスを続けるに当たって
一番の判断が杉山芙沙子さんにお願いすること

などと判断してのことだそうで
どれだけ杉山芙沙子さんが
業界で信頼されているかが
わかるエピソードですよね。

杉山芙沙子さんの本にも学ぶ

論文のところでもお話しましたが
その論文を元にしたと思われる
本を出版されています。

これから子供にどう教育したらいいのか?
アスリートを目指す為には何がいいのか?

取っ掛かりもなく、なんとなくな感じで
迷っている方にはいいのではないでしょうか。

たくさん遊んで、周りとの協調を覚えて
スポーツ選手として育った人は
見た目以上にエネルギッシュに感じます。

私がインドア派なので
自分で比較してしまうのもあるのでしょうが
親だったらそういった風に
育って欲しかったんだろうなーとは思います。

杉山芙沙子さんの言葉は子育てだけではなく
トレーナーやコーチとして、指導者として
どうあるべきかという参考にもなりますし
一度生で講演を見たいですね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする