シャープの戴正呉社長が国内社員に金一封!社内評価もアップ?

ボーナス

シャープ戴正呉社長が、
国内のグループ社員全員に
金一封という報道を目にしました。

羨ましいと思いつつ、この社長がどんな人で
シャープにどのような影響を与えているのかを
簡単に調べてみました。

面白そうな人ですし社内評価も高そうです。

スポンサーリンク

シャープの国内社員に金一封

経営再建中ということで
まだまだ苦しいと思われる中
国内グループ会社の全社員である
約1万9000人に「感謝のしるし」として
金一封3000円の支給が発表されました。

たかが3000円と思う無かれ
約1万9000人に対してですから
およそ6000万円もの金額を
社員のために使ったということです!

これは社員としては嬉しいでしょうね。
私もこの一瞬はシャープの社員であれば
良かったのにと思ってしまいました(*ノノ)

まだまだ大変な時期だと思っていましたが
戴正呉(たい せいご)社長によると
「国内の構造改革に
一定のめどが付きつつある」
とのことです。

主にシャープの社員が羨ましいとか
そういった情報なのかと思いきや
実はこれだけシャープは回復してきている
というアピールになっているわけです。

内外の評価を一度に高めるこの手腕
色々と見習いたいものです。

シャープの戴正呉社長ってどんな人

戴正呉(たい せいご)社長
台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業グループの副総裁

創業者であり会長でもある郭台銘(かく たいめい)氏の
右腕としても知られていました。

この郭台銘さんは、日本でも英名の『テリー・ゴウ』
呼ばれることがあるようですね。
台湾で「現代のチンギス・ハン」と呼ばれる
郭台銘氏の右腕というだけで構えちゃいます。

戴正呉社長は1951年生まれの台湾人
日本語は堪能です。

母校の大同工学院が日本語教育に
力を入れていたことと
日本に2年間赴任していた経験があるのが
その理由といえるでしょう。

また、彼の業績の多くは日本と関係した分野
プレステ2の生産受注を獲得したことが
彼の鴻海での立場を押し上げた要因になっています。

ここでプレステ2の話が出てくるとか
ちょっと面白いですよね。

彼の日本通っぷりが社内評価されていることの
表れとして面白いと感じたのが
「鴻海の徳川家康」
「日本先生(ミスター・ジャパン)」
といった呼び名があるそうです。

親日というだけで好感度が上がる
ちょろい日本人ですみません(*ノノ)

彼の仕事は派手さは無いが堅実
評価されていますが、日本では?

繊細といわれるほど経営管理面に
細かく、そして厳しくこだわり
資材調達価格の引き下げなどで
改善を図りました。

一方で大阪市内の社員寮に入居(!?)
して社員と一緒に生活するなど
非常に大胆な行動をしています。

戴正呉社長就任以前に、次々と
有力な社員が退社・転職をしているのですが
彼は既に転職していた中山藤一元専務に
復職を呼びかけて復帰させるなど
人間をひっぱってくるのが上手いですね

家康っぽいかどうかは別として、
人間的な魅力がある方なのだろうなと
様々なエピソードから感じました。

スポンサーリンク

シャープの社内評価も上がる?

戴正呉社長は社内評価も高そうです。

人望があったり、有能であった方が次々と
会社を辞めていった事も業績悪化の
原因の1つだと言われていました。

戴正呉社長は元専務を口説き落として
社内に復帰して貰うなど、
その魅力故だと思います。

これで社内評価が低かったら嘘でしょう。

私なんかだと、現金なもので
こういうことがあればいい人=いい社長と
自動的にインプットされて
その流れでいい会社だ!と思って
よく働いてしまいそう。

単純ですが、効果的に
社内からの評価はあがるでしょうね。

戴正呉社長は金一封だけでなく、
信賞必罰を実行して若手管理職に対し
社長特別賞与を冬のボーナスに上乗せしました。

私個人の印象だと、管理職になると
面倒なことが増えるのに
給料は下がるというイメージ。

上を目指すモチベーションに
役職はならなくなっている印象ですが
シャープは違うようですね。

やったこと、成果に対してきちんと評価が得られ、
給料として返ってくるというのは当然です。

しかしそれを当然としてやれている企業は
実際の所は少なそうですしね。

売り手市場となっている新卒採用も
シャープはいい人材が自分から
応募してくれるでしょう。

経常黒字が続くか?シャープに注目

シャープの株価を眺めていると
11月辺りからアップトレンドになりはじめて
12月には完全に乗っていますね。

戴正呉社長による新体制移行は
右肩上がりで株価は上昇しています。

元々が1000円台であったことも考えると
現在の株価はかなり割安

2月には3月期連結業績予想を
黒字へと上方修正するなど
その業績の回復が注目されています。

これが一時的なものなのか、
今後も続いていくのか?
やっぱり気になりますよね。

私としては戴正呉社長が
どんな方なのかお話をしてみたいですね。

仕事でなければ凄く楽しそう。

今後は最近聞かなくなってしまった
「目の付け所がシャープでしょ?」
みたいな、昔のシャープに戻るのでしょうか
その動向に注目です。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする