選挙特番2017の各局キャスターは?テレ東の池上無双で1強か?

特番-キャスター

画像はアナウンサーではなく
グラドルの茜さや さんです。

選挙の投票日になると、
各局こぞって企画する選挙特番

今回の衆院選解散総選挙2017でも
当然のように各局が企画しており
それらのキャスターが気になります

もはやテレ東の池上彰さんの番組が
飛びぬけて好評である以外は
特に面白い話題も聞かず

「正直、普段の番組を放送した方が
まだ見るのになー」
と思う私ですよ。

そもそもお堅い番組は
NHKを見ればいいし、
面白さを求めるならば
テレ東を見ればいい
※地域によっては見れませんけど

そこから残った部分を
各局で食い合うのって
それでも美味しいのかなと
むしろそこが疑問です。

災害時の報道もそうですが
右から左まで同じ内容なら
変わったものに目が行くのは
割と当然の感覚だと思うのですよ。

スポンサーリンク

選挙特番2017、今回はどうなる?

世間が注目する大きな選挙には
各局の選挙特番がつきもの。
2017年の解散総選挙でも
それは変わりません

解散総選挙を安倍総理が口にした
9月下旬にはテレビ東京では
スポンサー向けに説明を行っています。

すなわち
『池上彰の選挙ライブ』
放送するということです。

当選が確定した候補の
オモシロプロフィールという
政治とは関係ない細かすぎる
候補者の詳細なデータが
世間に大ウケしたこの番組。

同じことをやったらただのパクリ
かといって真面目に情報だけを
知りたいならばNHKでいいですよね。

今回も各局の苦戦というか
「また、つまらない番組するの?」
という冷たい目線をむける
そんな結果にならなければいいのですが。

ちなみに、当日に候補者の
政策を知っても意味が無いので
どんな方が立候補しているのか?
その辺はチェックするのを
おすすめしますよ、本気で。

千葉県の候補者と所属政党
前職なのか、新人なのか
元職なのかをまとめています。

衆議院解散総選挙2017!千葉県の選挙区や候補者の政党まとめ

千葉県民なのでそこだけなんです
ごめんなさいね。

選挙特番2017の各局キャスターは?

順番は関東のチャンネル順。
執筆時点の情報なので
今後情報が入り次第
更新いたします。

NHK総合

キャスター:武田真一?
タイトル:『タイトル未定』

選挙関連は武田真一キャスター
というイメージがあるのですが
昇進したのでもしかしたら
別の方がやるのかも

タイトルも例年通りならば
おそらく『衆院選2017開票速報』
になるのではないかと。

特に芸能人を起用するなど
変なことはしないと思われる。

投開票の結果、候補者の様子など
無駄なことなく情報が出るのは
やはりNHKでしょう。

日テレ(NNN系列)

キャスター:未定
タイトル:未定

ZERO×選挙 をやりたいようですが
桜井翔さんのスケジュールが
合わないとかなんとか。

こんな情報もあるので
まだわかりません。

「『every』の司会を務める小山慶一郎はスケジュールの調整ができているんですが、『ZERO』の嵐・桜井翔がどうしても22日に別のバラエティー番組の仕事が入っていてハマらないとか。しかも、日テレではニュースキャスターに加え、連ドラ『先に生まれただけの僕』が始まる。日テレどっぷりのところに選挙特番まで担ぎ出される必要はあるのかと、ジャニーズも桜井起用のメリットは少ないと現時点では考えているようです」(日テレ関係者)
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000007-nkgendai-ent

又吉直樹さんを起用する
という方針もあるようですね。

それならばZERO×選挙の
実現性のほうがよほど
高い気はします。

テレビ朝日(ANN系列)

出演:
『報道ステーション』より
富川悠太、小川彩佳、後藤謙次
『サタデーステーション』より
高島彩
『サンデーステーション』より
長野智子 ほか
タイトル:『選挙ステーション2017』

各番組からかき集めているので
出演としています。

1部と2部構成で
1部19:57~深夜0:30までで
選挙速報を伝える番組。

2部深夜0時30~4時までで
ジャーナリストの田原総一朗さんを
メインに迎えて朝まで生討論。

2部が本番かなぁ

TBS(JNN系列)

キャスター:井上貴博、ホラン千秋
解説:星浩
タイトル:『激突!与野党大決戦選挙スタジアム2017』

何か目玉はあるのか?
チェックした所こちらが。

「候補者本人が入ってきた!」「当選確実が出た!」など、各地の選挙区で起こる緊迫した様子をマルチモニターで12ヶ所同時に映し出す。さらに、スタジオでは次々と入ってくる選挙情勢に反応。最新のコンピュータグラフィックスを駆使しながら、実況・解説を行う。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171010-00000351-oric-ent

結論はNHKでOK

「候補者本人が入ってきた!」情報って
格闘技の特番の選手入場まで
無駄にまたされ続けるアレに思えて
面白みがないように感じます。

むしろ担ぎ出されている
ホラン千秋さんが可哀想。

視聴率取れないとしても
まず企画が微妙なので
出演者の方々のせいじゃないですよ。

テレビ東京(TXN系列)

キャスター:池上彰
タイトル:『池上彰の選挙ライブ』

テレビ東京が普段の番組編成を
崩してまで特番をやるだけに
今回はどんなオモシロプロフィールが
飛び出すのかに注目したい。

池上彰さんの好みなどが
にじみ出ている気も
麻生さんの時は悪意感じたし。

そして、人が食いつきやすければ
何でもいい感もあって
そこは気になりますね。

増田明美さんのマラソン時の
細かすぎる選手情報が
苦手な人はきっとこちらも
苦手なんじゃないかなぁ。

フジテレビ(FNN系列)

キャスター:宮根誠司、伊藤利尋、島田彩夏、宮司愛海
解説:反町理
タイトル(仮):『FNN選挙特番ニッポンの決断2017』
村田諒太選手の世界タイトルマッチ再戦

19:00~21:30 村田諒太VSアッサン・エンダム
21:30~25:55 選挙特番。

バイキングで好調の
坂上忍さん待望論
起こっていた模様。

ある程度バラエティー色の
強い番組だから許される言動も
お堅い番組ではダメでしょう。

坂上忍さんで視聴率が
取れているわけではなくて
坂上忍さんの番組で
誰かが何かやらかすんじゃないか?
という理由で注目されている
私は認識しています。

実際にはボクシングとの
ダブル特番を組んだようですが
その時間帯で選挙に興味があるなら
既に他の番組を見ている気がする。

スポンサーリンク

選挙特番2017はテレ東の池上無双で1強?

基本的に日本のテレビを見る
一般層にとって池上彰さんの
ネームバリューは大きいです。

政治を判りやすく伝える
そのポジションがあるのと
テレビ東京が合わさったことで、

「他局とは違った
選挙特番になるはず」

という期待感が現れて
選挙特番での池上無双
起こっているのでしょう。

一方で他局ですが、
起用という面で強みがあるのは
日テレでしょうか。

日テレがジャニーズを
キャスターに持っている番組から
本人達を起用できれば
それだけでそこそこ数字を取りそう。

私の妹がそうだったのですが
ジャニーズが出演しているから
とりあえずテレビをつけて
チャンネルを回すというのは
意外とあるようでして。

他はそれを真似できないから
お硬くなるしかない。

フジテレビはボクシング優先で
いっそのこと選挙特番を
捨てるぐらいの覚悟がないと
ダメだと思いました。

折角悲劇のヒーローとなった
村田諒太選手の世界タイトルマッチ再戦
これは話題性も高いです。

「選挙特番に飽き飽き」
しているような、普段ボクシングに
興味が無い人にも見てもらうチャンス。

そちらに全力で振り切れば
良かったのになぁ。

各局は当日にやる意味のある番組作りを

「当選しました」「万歳ー万歳ー」
を中継して数字出しているだけ
それならNHKでいい

政党の政策の補足?
いまさら?投票したのに?
それならもっと前に
特番組んでやって欲しいですよ
(視聴率とれないでしょうけど)

右から左にならって
単に特番をやるのと、

おそらくは池上彰さんと
コミュニケーションをとって
解散総選挙に備えてきたであろう
テレビ東京とでは
最初から勝負にならない気がします。

各党の政策や、これまでの主張
何をやって、何を実現させてきたか?
そういうのを周知するのは
テレビが一番だと今でも思います。

中立公平な情報のみをまとめるのは
もはやどこの局にも期待していませんが
選挙前にやってしまう選挙特番
これを考えてもいいのではないかと。

一般人である私なんかよりも
余程早い段階で情報を
ゲットできたはずですし
もっと色々工夫しないと

「何もやってないから
動画配信サービスでも見ていよう」

となってしまうわけですから。
そして実際そちらの方が
面白い番組が選び放題(笑)

そりゃ皆、テレビ見ないで
スマホ見ますよね。
例えばhuluとか。

hulu

私だって、選挙特番しかないなら
↑のような動画配信サービスで
連ドラを見進めますし。

そして速報だけなら
知りたい情報がその瞬間に
表示されないテレビよりも
ネットの方が強いという。

テレビが持つ選挙特番の強み
いったいなんなのですかね。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする