高齢者によるネットのトラブル増加!被害にはどう対策する?

高齢者 ネット 被害

高齢者インターネット利用者
年々増えています。

それに伴い増えるのが、
架空請求や詐欺のメールによる被害です。

若い人にとっては当たり前であっても、
お年寄りにとってはそうではなく
不安になってしまうもの。

増えている被害のケースと対策を調べました。

中には私も心当たりがある事例があり
思った以上に他人事ではないのかも。

スポンサーリンク

高齢者のネット被害

孫とコミュニケーションをとるために
親世代よりも巧みに使いこなす一方
多くの高齢者の方はネットに慣れていません。

これは詐欺や危ないサイトだな!

自分はこのように判断できるかも知りませんが、
そういった情報を知らない方が
被害に合っている現状なのです。

どんな被害のケースがあるかがこちらです。

成人向けの情報サイト

「見ようとしたら会員にされてしまった」

「無料と書いてあったのに
高額な有料会員になっていた」

「視聴してないのに支払いのメールが届いた」

え?と笑ってしまうかもしれませんが
真面目です。
しかも一番被害が多い。

人間の欲望の部分ですからね。

私も知り合いのお爺ちゃんに
スマホがおかしいと言われて
スリープ画面を解除したら……
という経験があるので個人的に納得。

被害に合いそうな方は
回りがわからないだけで
潜在的にはたくさんいそうです。

デジタルコンテンツ

一般向けの買い物サイトなどを含めた
会員制サービスなども被害が多いです。

「お帰りはこちらのボタンを押したら
会員登録されてしまった」

「退会しようとしたら料金を請求された」

「資料請求をしたら定額購入になっていた」

このように、冷静に考えると
明らかにおかしいと感じる事例がほとんど。

しかし、実際に直面してみると
思った以上に冷静になれないものです。

その他にも

「おめでとうございます!2億円が当選しました」

「貴方にお金を寄付したいので、
手数料として1万円振り込んで欲しい」

「貴方のPC(スマホ)はウィルスに感染しています
削除はこちらから」

これらは氷山の一角にすぎず
年々手口が巧妙になってきており
特に、周りに相談する相手のいない
孤立した高齢者が狙われています。

危ないから気をつけてねというよりも
こういうことがあったんだよ
という方が柔らかく伝えられると思います。

直接的ではなくとも
間接的に話が広がれば被害は減るので
気をつけてあげましょう。

私も話好きの母親に話してます(笑)

ネット被害・トラブルに巻き込まれたら?

基本的には何の拘束力もないものですし
気にしないで無視するのが一番です。

メールアドレスだけでは何も出来ませんし
IPアドレスを抜かれても
特定できるわけではありません。

対策としては無視が一番楽です。

お金を払ってしまった、
騙されてしまったというケースは
高齢者の方が一人で解決しようと
色々とした結果であることが多いです。

自分で解決しようという姿勢や考え方は
非常に素晴らしいと感じます。

しかし、できればトラブルになる前に
聞いて欲しいなと思いますし
周囲も聞けるような雰囲気を作りたいですね。

ただ、成人向けのサイトを巡っていて
ネット被害にあってしまった
トラブルになってしまった
これは口に出しづらいですよね。

男性が必ず出てくれる相談窓口があれば
ぐっと被害も減るのではないかと思います。

電話で女性が出たらガチャ切りする
そんな高齢者の男性多いのでは?

スポンサーリンク

周囲に相談できない時の対策は?

家族が近くにいないなどの理由で
相談する相手がいない場合どうしたらいいのでしょうか?

一番は先ほどもちょっと話題に出しましたが
全国の消費生活センターにつながる
「消費者ホットライン」、「188番」
こちらに相談するのが良いかと。

相談できない、恥ずかしいという場合も
他人であれば話せることもありますよね。

でも、できれば私が提案したように
男女で専用の窓口が分かれていれば
少しは恥ずかしさが軽減されて
ネットでの被害が減ると思うのですが。

パソコン教室に通う?

解決案の1つではあります。

私は若い頃にインストラクターの経験があり
どんな雰囲気であるかはわかります。

ドラブルを抱えて訪れる人は
今ある疑問を解決したらそれで終わり
というのを期待していますよね。

パソコン教室側はお仕事なので
教室に通って貰わないといけないので
利害が一致するとは限りません。

ですのでパソコン教室で解決しようとするなら

  • パソコンやスマホを覚えたい
  • 今後も色々と相談したい
  • (通うことで)友達を作りたい

など、今ある疑問を解決する以外に
目的があるならば最適だと思います。

インストラクター達も人間なので
「この前教えてもらったことが役に立った」
と言えば、もっと色々教えてくれるものです。

実際に私は過剰なほどサービスしました!

どんな教室が良いかは
本題から離れてしまうので
今回はご紹介しませんが、
やる気がある方にはおすすめ。

今後も増える、ネットの被害

年齢と共に身体が思うように動かないと
ネットを介した通販などは
非常にありがたいツールです。

お孫さんがいれば、
遠くでも顔を見て会話が出来る時代
是非自分もやりたいと思うでしょう。

このように便利になれば使う人間も増えますし
それに付け込むような詐欺も増えます。

家族はそういったことを話題にするなど
自然とフォローしてあげれると素敵です。

一方で、成人向けサイトが被害の一番という点は
また別方向の問題のように感じました。

単に孤立していて人に聞けないというよりも
羞恥心やプライドのようなものが関わっており
そこに目を向けないと解決はしないでしょう。

アプリゲームでスマホやタブレットを
使いこなしているような方でも
架空請求のメールが来ると怖いようです。

インストラクターの経験があると知っている方は
私に相談を持ちかけてくるのですが
まず最初に「大丈夫!」と声をかけて安心させてあげます。

「相談してくれたから大事にならなかったんだよ」

そういって、人に相談することを
肯定してあげることも重要だと感じています。

間接的に聞かれることもありますからね!

もし周りに心当たりがある方は
「最近こういういう被害が」と
軽く話題に出すだけでも
気をつけようと思うので、効果がありますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする