ポキッと折れるんですは強風や台風対策の雨傘!通販や販売店は?

傘

突然の夕立やそれに伴う強風
台風シーズンでなくとも増えています。

雨傘が飛ばされそうになると
反射的に踏ん張るのですが
それで事故が起こったりも。

ポキッと折れるんですは逆転の発想で
風を受け流すのが新しい!

通販販売店はどこなのかも
調べてみました。

値段も思ったよりも安いので、
人気が出そうな気がします。

スポンサーリンク

”ポキッと折れるんです”とは

凄いネーミングですよね。

”ポキッと折れるんです”とは
その名の通り、強風時には
骨が折れることで風を受け流す
新発想の雨傘です。

風が強い時には踏ん張って
飛ばされないように耐えるものだという
固定概念を覆す、まさに逆転の発想

スペックは以下の通りです。

価格:1,080円(税込)
サイズ:65cm
カラー:白と黒の2種類

思ったより安いなーと思いましたが
それは細かい模様などのない
シンプルなデザインもあってでしょう。

これから人気が出ることで需要が増えれば
さまざまなデザインのものや
キャラクターとのコラボのバージョンも
出てくるのではないでしょうか。

異常気象で台風時などの強風が気になる

傘

ゲリラ豪雨や強風など、急に気象が
変化するのが最近ではよくあります。

私が住んでいるところなんか、
周りに高い建物なんてないのに
ビル風&台風のような強風が
夕方以降にかけて吹くことも。

置き傘や折り畳み傘を用意していても
それがビニール傘だったりすると
骨が折れるんですよね。

しかもそういう時に限って
折れたところを人に見られたり。
なんて恥ずかしい思いも(*ノノ)

ポキッと折れるんですならば
「あーあ折れちゃった」
という同情の視線を
「え、なんで?折れたのに!」
と驚愕の視線に変えることが出来ます。

おっさんの私ですが、
そういう視線は中々いい気分です(*ノノ)

その他にも、無理に風に逆らうことによる
不意の転倒や事故などを防止する効果もあり
単に大きくて強力であったり、
形状が変わっている傘との
差別化が出来ると私は感じました。

スポンサーリンク

ポキッと折れるんですの通販や販売店は?

ネット通販ならば、うけとるタイミングを
自分の好きな時間帯に出来ていいなーと
思っていたのですが……

販売開始は2017年6月12日(月)からです。
ネットでの通信販売はありません
※執筆時点の発表です。

また、販売店も全国4500の郵便窓口であり
委託の予定もいまのところないです。

お昼休みなどに、近くの郵便局へ出向き
傘を買いに行くしかないですかね?

割といい商品だという認識があるのですが
販売方法が若干敷居が高いかなぁ。

普通のショップなら何も思いませんが
傘のために窓口に行くのは
なんだか使いづらいです(おっさんの感想)

強風対策の雨傘は他にも

シンプルなデザインの傘である
”ポキッと折れるんです”ですが
弱点は折り畳みじゃないことですかね。

ということで他にも強風対策に作られた
携帯用の傘をいくつかご紹介します。

■トーツ (totes)自動開閉 折り畳み傘
風を通すことで強風を受けなおす
コンセプトは近いですが
折れる設計ではないのと
折りたたみなのがポイントでしょうか。

by カエレバ

■ハラダ 耐風自動開閉折りたたみ傘
耐風速25m/sで2,000円を切る価格と
かなり性能がよいのですが
携帯用にあるまじき重さなのが
デメリットと言えばデメリット。

by カエレバ

■Knirps Fiber T2 Duomatic
折り畳み傘をはじめて製作したとされるメーカー
Knirps(クニルプス)の傘。
耐久性や軽さなど全てのパフォーマンスが高いが
その分のお値段もめっちゃ高い

by カエレバ

コストパフォーマンスで言えば
ポキッと折れるんです が最強。

ビニール傘何個分と考えた時
盗まれることもコストに考えると
ビニール傘よりも安いんじゃないかと
そんな考えを私は持ってます。

人気商品になる気がします

現状では販売方法が窓口のみというのが
大きなネックだと考えています。

しかし他の強風対策が施されている
傘は割と値段が高いです。
その点”ポキッと折れるんです”は
1000円ちょっとで購入できるので
コスパが非常にいい。

後は口コミやニュースなどで
もっと認知度が上がれば
ぶっちゃけどっかのメーカーが
マネをすると思うので
それを待ってもいいかもしれません。

強風で嫌になった経験がある方
値段も安いですし、お試しで
購入してみるのも良いでしょう。

問題は仕事が忙しいと
買いに行くのを忘れてしまいそうな
そんな個人的な問題でしょうか(*ノノ)

お読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする