大空眞弓の現在は卵で元気!がんは大丈夫?息子や両親の話も!

卵

女優の大空眞弓さん、ちょこちょこと
がんで話題になるのですが、
TVでの仕事もコンスタントにあって
お元気そうなんですよね。

現在も活躍を続ける秘訣は卵にあり?
なにかと一緒に話題になる息子さんや、
恋多き父とそれを受け入れた
母などの両親の話も!

癌に対しての生き方は、
日本人なら参考にしたいところが、
あると思うんですよね。

スポンサーリンク

大空眞弓さんのプロフィール

女優さんとしてはもちろんですが
息子さんの起こした事件の方で
知っている方も多いかもしれませんね。

私の場合は顔と名前が一致しないという
恥ずかしい状態だったのですが。

ええ、テレビで名前まで表示されて
この人がそうだったのかと
知った次第です(*ノノ)

名前:大空眞弓
本名:中田佐智子
生年月日:1940年3月10日
年齢:77歳(執筆時)
出身:現在の東京都港区
血液型:AB型

エピソードを調べていくうちに
興味深い情報がありました。

1945年に広島県佐伯郡五日市町で
原爆に遭遇されているんです。
幸い爆心地からは遠かった為に
症状は誰も出なかったそうですが
がんになったこととの
因果関係を想像してしまいました

2003年にゲスト出演した”徹子の部屋”で
はじめて自身ががんであることを公表するなど
徹子の部屋の情報発信力が
ハンパないですよね。

元夫には俳優の勝呂誉(すぐろ まれ)さん。
お二人の間には1男をもうけておりますが
最近何かと話題のアレに手を出して
過去に世間を騒がせています。

石坂浩二さんとは親友であり、
現在の”石坂浩二”という芸名の
名付け親が大空眞弓さんです。

古い世代じゃないと全然知らない
エピソードがざくざく出てきます。

昔と比べて技術やかっちりとした
規則などは出来ましたが
雑味が減ったのが今の芸能界であると
感じられるエピソードですなー。

大空眞弓さんの現在、がんは?

大空眞弓さんご本人が過去に
インタビューで答えているように
”がん”の家系なんです。

お姉さんは胃がんで亡くなっており、
お母さんは肝臓がん、お父さんも
死因ではありませんが胃がんになったことが
あるというのだから驚き。

本人も乳がんが一度、胃がんが2度、
さらに食道がんを経験されています。

こまめに検診を受けているからこそ
早期で発見できているといいますが
検診を受ける理由が素敵

検診を受けるモチベーションになっているのは、
イケメン主治医の存在だとか。
「俳優のジョニー・デップに似た、
いい男なの。そのほうが楽しいじゃない」
引用元:https://www.dailyshincho.jp/article/2015/12190715/?all=1

昭和の女優の生き方というか
言葉に出来ませんが
こういうあっけらかんとした所が
なんとも素敵ですよね。

スポンサーリンク

大空眞弓さんの元気の秘密は卵?

ゆで卵

身体が弱かったという大空眞弓さんのために
お母さんが滋養にいい卵の料理を
たくさん作ってくれたことがきっかけで
卵の魅力にハマった大空眞弓さん。

日本ではご飯に卵をかける
TKGこと卵かけご飯は普通ですが
映画ロッキーでも生卵を飲む
有名なシーンありますよね。

シルヴェスター・スタローンは
あのシーンのためにさらにギャラを要求
海外の反応は”そこまでして勝ちたいのか!?”
と驚愕したという話があるほど
生卵は食べるモンでは無いという文化、
生食は日本ならではなんです。

元気の元には違いありませんけどね。

卵はまさに私の人生のパートナーね。
だから、お葬式は献花でなく献卵をする
“卵葬(たまごそう)”にしたいと
思ってるんです(笑い)
引用元:http://www.news-postseven.com/archives/20141006_280145.html

大空眞弓さんの卵好きはかなりのものです。
卵かけご飯の食べ方にしても
”しょうゆをご飯にかけてから
かき混ぜすぎずちょっと割った程度の卵を
一口ずつかける”という食べ方。

これは私の中にはない食べ方で
卵がこんなに好きな女優さんの言うことですし
真似してみようと思っちゃいましたね。

大空眞弓さんの息子や両親は?

まずはご両親のことから。

父親は恋多きというか、昭和というか
まあ昔の大スターのような性格で
大空眞弓さんには異母兄弟がいました。

しかしお母さんの方はそれを受け止める
物凄い度量があり、大空眞弓さんいわく
”完璧な人”とのことで……すごいですね(笑)

石坂浩二さんの改名に関しても
お父さんが姓名判断をしていたという
理由があって大空眞弓さんに話がきたという
逸話が残っています。

大空眞弓さんの息子というと
元夫の勝呂誉(すぐろ まれ)さんとの
間に生まれた勝呂元博さん。

元は俳優をしていましたが
フリーターになって以降
2002年に覚せい剤で執行猶予に
執行猶予中の2003年10月に再び使用
2008年には3度目の逮捕となって以降
その後どうなったかはわかりません。

芸能人の関係者が狙われやすいというのも
理由としてはあるのでしょうが
何度も捕まってしまうという点に
こういった薬物への恐ろしさが感じられます。

やってみたいが既に危ないので
近づかないのが正解だと思います。

がんへの付き合い方の1つ

最近はめっきり息子さんのことも出なくなりましたし
がんに対しての心構えだとか
大好きな卵の話題が多いですかね。

by カエレバ

細かく検診を受けての早期発見
言葉にするのは非常に簡単ですが
私も含めて中々できませんよね。

自由な時間を作ることが
現代人は難しいと思いますが
もしかしたらと感じた時に
すぐに検査が出来る病院が
頭に浮かぶぐらいがいいのかも

健康診断とか人間ドッグだとか
あんまり好きじゃないんですよね。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする