岡村俊一は推しが人質になるから嫌い?炎上や地雷との評判?

消化

舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」の
演出家・岡村俊一さんの
演出や発言が炎上する騒ぎに。

中には『推しが人質になるから嫌い』
と凄い意見も。

名前を見たら地雷作だから
回避推奨という評判もしらべて、
私なりに考えて見ました。

うーん、こういうのも問題になるんですね。

調べた結果、出演者に非があることは
ほとんどないと思いました。
役者さんのファンの方はその点は
安心して欲しいです。

スポンサーリンク

岡村俊一さんのプロフィール

私は普段、舞台やドラマを演出家の名前まで
一々見たりしないのですが
確かに評判になったりすると
ちょっとは気になったりするものです。

簡単なプロフィールをどうぞ。

名前:岡村俊一(おかむら しゅんいち)
生年月日:1962年1月19日
年齢:55歳(執筆時)
出身:広島県広島市
出身大学:同志社大学

つかこうへいさんの晩年の作品の
演出をしていた方なのに
こんな騒ぎになるのですね。

奥様は藤谷美和子さん。
皇居坂下門で騒ぎを起こした方で
すっかり芸能界から見なくなりました。

割と漫画原作といった感じの
舞台や作品を多く手がけているのに
それに対しての評価がないのが気になります。

舞台に対する注目は高いのですけれども。

岡村俊一さんの炎上騒ぎの発端

舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」での
サプライズに問題があったようですね。

この作品には5人組ダンスグループ
”Da-iCE”のメンバーのうち
岩岡徹さんと花村想太さんが出演。

東京公演初日で”ストーリー中”に
”なぜかダンスをする”という流れになり
さらに”なぜかグループの説明”の後に
見に来ていた残りのメンバー
工藤大輝さん、大野雄大さん、和田颯さんの
3人にスポットライトが当たるという。

そしてその3人が壇上に上がって
”Da-iCE”の新曲『トニカクHEY』の
ワンフレーズに合わせて5人でダンスを披露

え、舞台中ですよね!?

で、これを仕込んだのが岡村俊一さん。
そりゃ原作ファンも”Da-iCE”も唖然としますよね。

だって舞台ぶっ壊してるんだもの。

スポンサーリンク

岡村俊一さんの評判の原因は経歴にあり?

岡村俊一さんはとにかく、ジャニーズや
若手俳優・アイドルが出る作品の
演出をすることが多い印象です。

昔はSMAPが主演する舞台の演出もしていましたが
最近ではEXLIE系列が多いですかね。

また、この人がやってきた作品自体が
わりと漫画などの二次的な作品を
原作にしているものが多いのですが
それを前述した”ちるらん”のようなことを
平気でしています。

演者のダブルブッキングでも炎上しましたね。

舞台「新・幕末純情伝」に出演していた
味方良介さんが他のイベントとの
ダブルブッキングが判明し、降板した話です。

ブッキングに関しては岡村俊一さんに
確かに責任は無いかもしれませんが
Twitterで自分は関係ないと
ツイートしたのが問題に

この人の普段の態度が既に
ネットでの炎上に火を注ぐ
炎上体質なんだなーとは思いました。

そういえば舞台の『ふしぎ遊戯』
こちらも原作はアニメになったりと
女性に人気のある作品のイメージでしたが
金爆の喜矢武豊さんが出演しているからと
”女々しくて”が流れたとか

ネット上で『ふしぎ遊戯』も~
といった記述も見かけましたが
再度調べた所、演出は奥野直義さんでした
大変失礼いたしました。

喜矢武豊さんの「夜は手を抜きます」と発言し
Twitterでボコボコにされた模様。
大して話題として残っていないことから
ちゃんとジョークとわかって貰えてるようです。
これが普段の発言や態度の差なのか。

調べれば調べるほど叩く所が出てきてしまう。

とはいえ、SNS無しにすれば
思ったよりも評判は悪くないです。
調べていると業界内の(表に出ている)評判は
悪くないというのが正しいのかな。

絶賛されているのに客席がガラガラ
みたいなことがインタビューに載ったり。

うーん、逆に面白くなってきました。

推しが人質になるから嫌いと言われるわけ

岡村俊一さんの演出作品は
できれば見に行きたくないんだけど
推し(応援している演者)が人質(出演する)になるから
見に行かざるを得ない。

もしくは、見に行きたいんだけども
見に行くともっと辛いから見に行かない

という意味の言葉のようです。

こういった言葉ができてしまうことがおそろしい。

またファンや作品に対してのリスペクトが
ツイートなどでも見られないのも
地雷回避推奨に繋がっているのだと思います。

  • 岡村俊一演出作品は地雷
  • 好きな役者さんには出てほしくない

そう思ってしまうのも仕方が無いのですよね。

私もちょっと唖然とした発言を載せておきます。

どちらかというと二次元の原作ファンとしては
イラッとするし、2.5舞台が好きな人にも
イラッとするし、ファンが置いてけぼり
と、まあこんな風に思うんですよね。

こんだけ漫画原作におんぶに抱っこになっている
今の映像業界の現状で
文句を言うならまずは作り手のほうなんだよなぁ。

なのに業界内だけ評価が高いという。

岡村俊一という名前が拡散されてしまった事実

今後は(も)岡村俊一さんの名前を見るたびに
面白がって回避推奨として作品名と一緒に
拡散されてしまう気がします。

どちらかというと本人のツイートが
一番煽っていて、それが炎上が広がった
最大の要因なのですが
改める気もないようですし。

舞台ファン、役者ファンの
『岡村俊一の名前を見たら涙を呑んで回避する』
という言葉や
『推しが人質になる』
というこの言葉は
岡村俊一さんの演出への評価を
わかりやすく表現していると思いました。

なんでしょう、悪い意味で古い業界の人間
みたいな印象なんですよね。

役者や評論家は評価してる風ですし、尚更。

どんな風に終息するのか
それとも火の勢いが収まるだけで
そのまま燃え続けるのか?

そこは興味を持って注目したいですね。

岡村俊一さんの発言の最後に”(ドヤァ”
とかつけたら面白くなるだろうか
ならないかな(笑)

お読みいただきありがとうございました

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『岡村俊一は推しが人質になるから嫌い?炎上や地雷との評判?』へのコメント

  1. 名前:いけさん。 投稿日:2017/04/22(土) 23:47:01 ID:361b89efe 返信

    喜矢武さんが主演したふしぎ遊戯は、演出別の方だと思います。
    確認してください。

    「女々しくて」は確かに流れましたけれど、非常に面白い舞台で、
    原作者さんも満足されていたと記憶しています。

    • 名前:サトゥー 投稿日:2017/04/23(日) 00:31:22 ID:9555ff91f 返信

      該当箇所の修正を行いました。

      よくよく考えたら金爆が関わってたら
      もっと盛大に祭りになっているはずなのに
      記憶にない時点で疑うべきでした。

      ご指摘本当にありがとうございました。