マイボトルバカとは?コーヒー店で節約ではなく浪費している?

マイボトル-コーヒー

コーヒー専門店にマイボトル
もって行くと値引きされますし
紙のカップを使わずに済むので
非常にエコですよね。

しかしマイボトルを所持している人は
節約できておらず、実は浪費家
と言う意見があるようです。

その上「マイボトルバカ」という
呼び名があるんだとか。
地味にショック

注文が終わった後に
「これ?自分のだよね?」
不安にならなくて便利だな
なんて思っていたのですが
まさか私が浪費家だったとは。

そんなわけでマイボトルバカ
というキャッチーな言葉に関してと
それに対する私の意見を
記事にまとめました。

マイボトルバカという言葉が
なかなかなので
感情的に文章書いているかも
その点は申し訳ないです。

スポンサーリンク

マイボトルバカとは?

本来節約やエコが目的であるはずの
マイボトルの持参が、
マイボトルを持つことが目的となり
浪費につながっている
これをマイボトルバカと
命名したんだそうです。

「マイボトルバカとは何だ!
失礼だねチミは!」
と変なオジさん風にして
マイルドにしてみました(*ノノ)

以下命名された記事より
引用文です。

マイボトルを持ち歩くタイプの人は、どこか「お金の生存戦略」的に誤っていると思われる行動をしばしばしています。実は、節約するどころか、単なるムダづかいになってしまっている人が少なくないのです。そこで今回、私はそうした人々を下記の理由により、失礼ながら「マイボトルバカ」と命名させていただきます。
引用元:http://president.jp/articles/-/22872

その理由として挙げられているのが

  1. 高いマイボトルを店頭で買う
  2. トールサイズを買って飲み残す

というもの。

高いマイボトルを店頭で買う

1回、20円の割引だとして
3,000円のタンブラーを
マイボトルとして購入する。

151回目以降じゃないと
節約にならない
そもそも、そのお店の
タンブラーではなく
他社の魔法瓶でいいじゃない?

一応補足しますと
各社のマイボトルによる値引きは
それが他社製であっても
問題なくしてもらえます

1,500円の魔法瓶などなら
半分の回数で元が取れる
そういったモトを取る感覚がない
つまり節約するつもりがない
というお話のようです。

すまない……
高いボトルを買っている時点で
値引きはオマケでボトルが目的
ですまない。

トールサイズを買って飲み残す

これがちょっと意味がわからなかった。
大きいサイズで注文しておきながら
飲み残して毎回捨てちゃう人ってこと?

それなら確かに勿体ないとか
無駄なことしてるなーと
思うのですけれども……
引用元となっている記事では
統計データとかありませんでした。

余ったらそのままボトルで
持ち帰ればいいじゃないか。

ここはスルーというか
根拠となるデータが無いのなら
論ずることができないですよね。

コーヒー店で節約ではなく浪費している?

コーヒー

そのコーヒー専門店の
オリジナルデザインのタンブラー
マイボトルとして購入したり

いつも残すのに無駄に
大きいサイズで注文したり

だからマイボトルの人は
浪費家である!

これはちょっと厳しいような。

これを語るのであれば、
全国のコーヒー専門店で
実際にマイボトルを
使用している人に
アンケートをとるべき。

そしてどういった傾向があるのか
統計をとってデータをまとめてから
話題に出すべきのような

つまりマイボトルの主題が
マイボトルでコーヒーを飲むことなのか
それとも
マイボトルだと割引されるからなのか
という点がハッキリしないとダメ。

その上で割引を目的に購入した人が
その後どのように使っているのか?
というデータがないと
ブーメランが刺さると思うのですが。

あのコーヒー専門店の割引

コーヒー専門店で
コーヒーを頼む時に
マイボトルを持参することで
割引が受けられます。

以下、街でよく見かける
3つのお店に関して
値引き額を調べました。

店名 値引き額
スターバックス 20円
ドトール なし
タリーズ 30円

ドトールって割引なしなんですね。

なんだかんだで
私の場合スタバばかりかな。

スポンサーリンク

マイボトル自体が趣味の場合もあるんじゃない?

タンブラーだってその店の
商品なので季節ごとや
キャンペーンごとに
色々なデザインが出て
見ていて楽しいです。

中には自作のマイボトル
持参している方だっています。

自分のお気に入りで
コーヒーを飲みながら
まったりとした時間を過ごす。

その中に節約の意識とか
そもそもないというか
本気で節約するなら
私なら外で飲まないかな

つまりマイボトルは
趣味の範疇なのではないか?
という持論。

趣味なら他の人からは
お金をかけるのが
無駄に思えても
仕方がないと感じるのですけど。

わざわざ流行の山が
昔に過ぎ去っていると思われる
マイボトルというか
タンブラー購入を絡めて
こんな言葉作らなくても
良かったんじゃないかな(笑)

マイボトルバカという言葉を使うのって

コーヒー

正直申しまして、マイボトルバカという
言葉の斬れ味が鋭すぎて
どう考えても本来の意味で
使ってもらえるとは思えません。

マイボトルを持っている人は
浪費家傾向にある
マイボトルを購入したことで
満足して無駄になっている
これをマイボトルバカと呼ぼう。

意味がわかっている人が冗談で
使っているのを、
意味がわからない人が真似することで
本来の意味が失われる気がする。

マイボトルを持っている人を
気軽に馬鹿にするための
免罪符に使われたらたまらない。

コーヒー専門店に
マイボトルを持ち込むのは
エコや節約意識が
全く無いとはいいません。

でも、ぶっちゃけそれらって
あくまでオマケではないかと。

自宅でお気に入りのカップで
コーヒーや紅茶を飲む
その延長線上にあるだけなので
そこを認識してほしかったなあと。

MyBottleSpendersじゃ
長くてダメだったんですかね?

まあ、マイボトル愛用者の方は
どうぶつ占いのようなものだと思って
気にしないでいいんじゃないかなと
だって、データないし。

少なくとも私はそう思いました。
気にしないようにしましょう(><)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする