無電柱化を推進する東京都!条例があってもデメリットや課題が?

11月10日は「無電柱化の日」って
皆さんご存知でしたか?
翌日の方がイベントが盛りだくさんで
パッとしないですよね(ぉぃ)

五輪に向けてか東京都が
無電柱化推進条例を
全国に先駆けて成立
いざという形ですが
本当にできるの?と疑問が。

パッと頭に思い浮かぶだけでも
結構な課題やデメリット
見つかりそうなものですが
それでもやるべきことなのか
勉強ついでに調べてみました。

電線が無くなるのは
盗難防止にはいいかもですが
地震が多くて、無秩序に
地下を掘って広げている
東京ではどうなんでしょうかね。

スポンサーリンク

無電柱化と推進法

無電柱化というのは
地下に電気、電話、ガス、
水道などのライフライン
まとめて埋設するための
共同溝などを設置して
道路から電柱をなくすことです。

単に電柱をなくして
地面に電線があればいい
なんて思っていましたが
すでに複雑そうな予感。

無電柱化の推進に関する法は
すでに施行されており、
詳細を国土交通省のサイトで
見ることが出来ます。

国土交通省のウェブサイトです。政策、報道発表資料、統計情報、各種申請手続きに関する情報などを掲載しています。

電柱がある事による災害の防止
道路の幅を広くする
そして景観をよくするために
皆でやりなさいよというものです。

確かに日本の都心の
狭い道路をさらに窮屈にする
電柱は無いほうがいいと
私も思います。

実際に東京都では
3年後の東京五輪を目指し
今年2017年の6月に
無電柱化推進条例が成立
9月1日より施行されています。

東京都の無電柱化推進条例

東京都の無電柱化条例とは

都市防災機能の強化、
安全で快適な歩行空間の確保及び
良好な都市景観の創出に向けて、
無電柱化の推進に関する施策を
総合的、計画的かつ迅速に
推進するための条例です

小池都知事としては国の政策
云々ではなく自分が
推し進めてやりたいことが
実はこれだったりします。

というのも本も出してるのですよ。

ちなみに小池都知事の
都知事選での公約は
以下の7つのゼロでした。

  1. 待機児童ゼロ
  2. 残業ゼロ
  3. 満員電車ゼロ
  4. ペット殺処分ゼロ
  5. 介護離職ゼロ
  6. 都道電柱ゼロ
  7. 多摩格差ゼロ

東京の無電柱化に関しては
自身の公約やビジョンだけでなく
国を挙げての政策なのですが
こうやってみると
最終的に1つでも実現が
出来るのか微妙ですね。

そもそも1キロ当たり
5億円を超える工事費用
ネックになっているという
話を聞いていますが
それを何とかする技術って
まだ出来ていませんよね。

スポンサーリンク

無電柱化の課題やデメリット

首都直下地震が数十年以内に
起こるといわれていますが
この辺は電柱が倒れる被害と
地中にあるのとでは
人的被害は無電柱化の方が
少なくなると私は思いますね。

一番の問題点は
やはり初期コストでしょう。
1キロメートル辺りの
設置コストが高くなるので
大規模に行えないです。

また東京の地下を走る
ガスや上下水道なども含めて
埋設する共同溝にしないと
管理も面倒でしょう。

そもそも地下を掘り返しては
色々やっている東京
それらを把握できているのか?
という疑問点が。

でもそれらの疑問点を
お金で解決できないほどの
コストがやはり課題でしょうか。

デメリットとされること

  • 地下にあるので断線の発見が遅れ
     復旧に時間がかかる可能性がある
  • 大雨による冠水や豪雪では
     作業が行えない。
  • 電線だけでなく他のライフラインとの
     連動が必要になる。
  • 通行人への落雷の危険性が増す。
  • コスト面でブロードバンド普及の
     障害となる可能性がある。

やはりコストが最大の問題

最初に埋設をするコストもそうですが
日本の場合災害があるべきとして
起きた時に単純に埋めるだけだと
掘り返す必要があります

計画的に地下を掘ってきた
というわけではないので
どちらにしろいつかは
計画立ててやらないと
いけないのも確かですが。

技術革新が待たれますね

電柱はなくなっても柱は残る?

実はデメリットがまだあって
交通標識、電灯、信号、防犯カメラ、
防災無線などのスピーカーなど
電柱に取り付けられている
設備をどうするか?
という問題があります。

電柱よりも細い街灯の
柱だけ残すのか
それともそれらを設置することを
含めた都市計画が
今後必須となるのか。

単に埋設工事をするだけではなく
コストは更に掛かりそう。

そしてそもそも上下水道など
ライフラインの老朽化など
他にも同時に解決する必要の
ある課題も出てくるでしょうし
町レベルなら対応できても
東京の規模だと難しいですね。

ただ小池都知事にとっては
自分のやりたいことなので
五輪と絡めて強引に
ことを進めそうな印象なので
そこが一番気になります。

さて、どうなることやら。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする