宮川一朗太が学資保険を使った娘の年齢は何才?離婚理由は馬主?

競馬

俳優やナレーター、声優としても
知られる宮川一朗太さん。

近年はご自身の私生活を
カミングアウトしていますが、
一時期、生活苦からさんの
学資保険を使い込んでしまった
というエピソードは衝撃的でした。

その娘の年齢は今は何才?
離婚理由は馬主やゲームって本当なの?
というわけで調べてみましたよ!

良い話風にまとめても、
文字だけ見たらその……クズですよね(笑)

スポンサーリンク

宮川一朗太さんのプロフィール

芸能界で競馬が好きな人ってたくさんいますし
中には北島三郎さんのように
馬主としても大成功されている方も
いるのは知っていました。

1口馬主も、昔友人に進められたことが
あったのですが何もわからない私では
非常に難しく(笑)

さて、爽やか系の俳優だと思っていたけど
最近では見る目が変わってきた、
宮川一朗太さんのプロフィールを
見ていきましょうか!

名前:宮川一朗太(みやがわ いちろうた)
生年月日:1966年3月25日
年齢:51歳(執筆時)
出身:東京都新宿区
血液型:A型
身長:171 cm
所属:オスカープロモーション

見た目が変わらず若々しい
そんな俳優さんだと思っていましたが
すでに50を超えていたんですね。

自分の年齢と比較すれば
そりゃそうなるかという事実が
私の胸を突き刺すのですけれども。

TVドラマだと近年では”半沢直樹”
映画は主演デビューした
1983年の”家族ゲーム”
”ゴジラvsメカゴジラ”、
私の印象に残っている”るろうに剣心”
私も映画館に足を運びました。

他にも”マイケル・J・フォックス”
日本語版吹き替えを担当しているのですが
あれ?”バック・トゥ・ザ・フューチャー”は
違う人だったような……と思って
調べた所やはり違いましたね。

ビデオやDVDは山寺宏一さんが、
テレビ版では三ツ矢雄二さんが担当で
宮川一朗太さんは2014年の
BSジャパン版でようやく
”バック・トゥ・ザ・フューチャー”の
吹き替えを担当したそうです。

私のイメージだと三ツ矢雄二さんかも。

後は宮川一朗太さんというと
競馬関係でしょうね、やはり。

公式ブログでは仕事の記事よりも
競馬の予想の方がメイン(笑)

一朗太の撮影日記

愛犬のラシカがかわいいです(そこかよ)

宮川一朗太さん娘の学資保険に手を出す

5月21日放送のしくじり先生にて
衝撃のしくじりを次々と告白。

いや、シングルファーザーでも
それはしくじらないと思うの。

上記動画の内容としては
シングルファーザーVS思春期の娘と題し
「パパが追い出したんでしょ!」
という娘さんからのキツイ一言。

  • オファー0で収入0
  • 娘達との確執
  • 生活に困って娘の学資保険を使い込んだ

何もなければ競馬のせいで……と
予想するのですがポイントは
オファーが0で収入0のところですよね。

サラリーマンと芸能人、俳優さんの
仕事の違う点が悪い面として
全部出てしまったのかなーと。

でも、学資保険に手を出すというのは
ちょっと引きました。

学資保険(がくしほけん)とは……
子どもの教育資金の確保を目的とした保険。
基本的に毎月一定額を払えば
設定した子供の年齢ごとに
給付金などが貰える。
商品によって違うようなのでその辺は割愛。

そこまで困窮していたという当り
俳優という仕事の浮き沈みの激しさ
よくわかる話ではあります。

芸能人はローンが組めないとか
よく言われてましたけど
今はどうなんでしょうね?

宮川一朗太さんの娘さんの年齢は何歳?

娘さんがお二人いて、それぞれすでに
成人していることはわかったのですが
生年月日まではわからず。

ちゃんと証拠になる情報は無いかなー
と探していたところ発見しました。

50歳の宮川は
「娘より年下の女性との合コンに
明け暮れるバツイチおじさん」
として紹介される。
この紹介にスタジオからは
悲鳴があがるも、
宮川はこれをあっさりと認めた。
23歳と25歳の娘がいるそうだが、
「知人が合コンを仕切ってくれる。
(年齢の)上は40代から下は20代前半。
OLさんとかCAさん、看護師さんとか」
と詳細を語った。
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12016903/

記事の内容自体が面白かったので、
キモい部分も含めて引っ張りました(*ノノ)

この記事の日付が2016年9月14日なので
それに足す感じの年齢ですよね。

二人とも大学も卒業して
社会人として自立しているからこそ
マイナス方向のキャラクターを作って
自分の営業をしているのでは?
と邪推する私。

いやーキモいイメージとかも
あくまで視聴者向けであって
芸歴長いし製作側からすれば
本人の性格はわかっているでしょう。

坂上忍さんみたいに、毒舌キャラで
いくわけにもいかないですしね。

成人してからですがあらためて
娘さんから「キモい」
思春期のような言葉を
浴びせられないのか気になります(笑)

スポンサーリンク

宮川一朗太さんの離婚理由は馬主とゲーム?

最初の崩壊のきっかけとして
ネタにされているのが
ネオユニヴァースの1口馬主という
それだけのような気がします。

1口175万が3,000万円になったと聞けば
夢があるように聞こえますし。

実際に夫婦喧嘩が絶えない
夫婦だったようですし
あくまできっかけでしょうね。

1つ嫌になれば細かいことも
目に付くようになりますし。

90年に結婚した当時フリーライターの
妻との間には夫婦げんかが
絶えなかったといい、約10年前に
けんかの末に妻が家出。
妻は約2年後に帰宅したものの、
夫婦生活の修復には至らなかったという。
所属事務所によると、
05年6月10日に離婚届を提出したという。
引用元:http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131109-1216004.html

記事の日付が2013年なので
その分修正すると数字もしっくり来ます。

ざっくりまとめます。

娘さんが小学生の時に元妻が出て行く
⇒「パパが追い出した」
なお、本当に出て行けと発言した模様。

離婚したのは娘さんが中学生の時
娘さんのために離婚の事実は伏せた
色々あったそうですが2013年に
下の娘さんが短大卒業

というのもあってのカミングアウト。
現在では元妻の方とも関係を修復、
娘さんの誕生日を一緒に祝っています。

いろいろありましたが、
子供の誕生日などには
元嫁さんも含めてみんな集まり、
お祝いしたりしています。
憎しみや怒りからは
何も生まれませんからね、
子供たちを産んでくれたこと、
感謝してます
引用元:http://yaplog.jp/ichirota-m/archive/2407

意外といい話にまとまってしまった。

宮川一朗太さんの一口出資した馬達

物凄い大儲けしたような話題になってますし
私もやってみよう!と思った方もいたかと。
でも当れば大きいだけで、簡単じゃないみたいです。

宮川一朗太さんが出資した馬達を
勝敗も含めてまとめました。
勝敗数がリターンになるわけではないのですが
元を取れているかは疑問ですね。

  • ロサード:’96生 46戦6勝
  • インディアナカーヴ:’96生 13戦5勝
  • ドリームスプレッド:’98生 10戦0勝
  • モノポライザー:’99生 23戦5勝
  • ネオユニヴァース:’00生 13戦7勝
  • レクレドール:’01生 27戦4勝
  • オルクリスト:’02生 7戦0勝
  • リンガフランカ:’02生 28戦2勝
  • オンファイア:’03生 3戦1勝
  • キングオブブルース:’04生 1戦0勝
  • ヴェルザンディ:’05生 11戦2勝
  • ヴァルハラ:’06生 2戦0勝
  • ゴールスキー:’07生 43戦8勝
  • ダンスカード:’07生 3戦0勝
  • ローザアルラヴィス:’08生 10戦0勝
  • プリンスオブパゴダ:’09生 6戦0勝
  • ライドンシャフト:’10生 10戦0勝
  • デアリングバード:’11生 1戦0勝
  • ナイトインブラック:’13生 11戦1勝

その他現在出資中の馬が3頭

時期的に考えても
ネオユニヴァースの名前を出すのは
一番儲かったから、つまりは
話題にするためかなーと思いました。

大きなレースに勝てば元が取れるのでしょうけど
家族からしたら、ぽんと1口175万とか
出されたらたまったモンじゃないですよ。

よくお子さん、ちゃんと育ちましたね。

親が芸能界にいると子供も大変?

馬狂いで家族を不幸にした宮川一朗太さん
というイメージから調べ始めましたが
本当に苦労した部分は
表には出さないでしょうね。

なんとなく良い話風な印象に一部なりましたけど
どちらにしろ一番苦労したのは
娘さんたち二人のような気がします。

安定した収入がなくなるという
芸能人という仕事の華やかさの
裏の恐ろしさも感じましたし、
それでも歴代の馬を並べると
1年に1口は馬主になっているのも恐ろしい。

たとえ収支が黒字であっても
私はやらないだろうし、やれないです。

むしろ親権よくとれたなーというのが
私の中で不思議だったりします。

今後もこのネタでバラエティに
出るんだろうなと考えると
娘さんたちはまだまだ
大変だなーと思いました。

お読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする