メロメロソーダは那珂湊高が開発!販売はどこで味はおいしい?

炭酸飲料

那珂湊高校の生徒達が
炭酸飲料を開発。

その名もメロメロソーダ

あるようでなかった名前の炭酸飲料は
どこで販売されて飲めるのか、
味はどんな味でおいしいか、
とても気になりますよね。

那珂湊高校ってどこよ?
という話を含め、
ちょっと調べてみましたよ。

スポンサーリンク

メロメロソーダとPOTENTIAを高校生が開発

まだメロメロソーダの名前しか挙げていませんでしたが、
今回開発された炭酸飲料はなんと2種類

メロン味のメロメロソーダは、
てっきりメロンパンナちゃんかなーと思ってました
全然違いました(*ノノ)

英語のインターネット用語である『XOXO』
これはキスとハグの意味があるそうなのですが
メロメロという言葉に見えることから
つけられた名前なんだそうです。

あれ、でも実は中高生に人気の
ボーイズグループである『XOX(キスハグキス)』
誰かファンだったりとかしないのでしょうか?

※最近記事に書いたのでおっさんだけど知ってるんですよ

もう1つが格好いい名前のPOTENTIAです。
これはポテンティアと読みます。

英語では『潜在能力、潜在能』という意味で、
ポテンシャルはよく聞きますよね。

しかしちょっと違って正解はラテン語だそうです。
エネルギーという意味なんだそうですが
おそらく英語の語源なのでしょう。

種類もエナジードリンクということで
高校生の元気の補給に新定番として
新風を巻き起こすかもしれませんね。

那珂湊高校ってどこよ?

たぶん、提督なら読めるでしょうが
ぱっと見では読めない方も多いと思います。

那珂湊(なかみなと)高校と読みます。

茨城県のひたちなか市にある高校で
茨城県ひたちなか市那珂湊を
盛り上げるためにキャラクターを作ったりと
生徒が何かを作り上げる土壌がある学校なのですね。

ちなみにこの、ひたちなか市準公認のキャラクター
すでにテーマソングが存在するなど
並のご当地キャラを凌駕するポテンシャルがあります。

まさかの完成度
全然馬鹿に出来る話ではなく
むしろパワーに溢れていて
凄い高校生達もいたものだと感心する
そんな話ですよね、これ。

スポンサーリンク

メロメロソーダとPOTENTIAの味はおいしい?

不味けりゃ大人が止めるでしょうしおいしいでしょう。

メロメロソーダの方は『メロン味』であると
すでに公表されています。

日本人はメロンの味の再現にこだわる民族として
海外からも驚かれるぐらいなのですが
逆になんとなく想像できる味ではあるのですよね。

一方で気になるのがPOTENTIA
名前で構えていましたが、
エナジードリンクということでこちらも
なんとなくの想像ができます。

しかもよく見たらエナジー”系”ドリンクらしいので
尚更イメージが出来ました。

エナジードリンクでよくある後味の悪さなどはない
ドリンクとしての仕上がりになっているでしょうね。

どちらも『高校生が飲みたい炭酸飲料』として
味を調整していったそうですよ。

味や炭酸の強さを変えたものを
現役の高校生が試飲して
一番評判がよかったものを
商品化しています。

現状のドリンクの味に不満がある層や
まだまだ若いのでおいしいです!
といった方には受け入れられるのではないでしょうか。

なんでしょう、お菓子っぽいかんじなのかもなーと
おっさんな私は考えてしまうのですが。

お値段は130円で私の周りよりちょっと安いかな?

350mlなら買える感じ。

メロメロソーダはどこでいつ販売されるの?

メロメロソーダとPOTENTIAの販売開始は
4月17日からとなっています。

販売される地域は北関東です。

那珂湊高校では東日本と書かれていましたが
開発に協力した企業の2社
『北関東ペプシコーラ』『アシードブリュー』
販売網的に考えた結果です。

『北関東ペプシコーラ』の主な販売網が
群馬、埼玉、栃木、茨城の北関東4県ですので
それに+αといった範囲では無いかと。

え、あれ!?なんか足りなくない?

千葉がない……だとッッッ!?
記事かいたぐらいだから楽しみだったのに
地味にショックです。

気を取り直して。

販売場所ですが、自動販売機及びコンビニだそうですが
コンビニは範囲が狭そうです。

探すならば『北関東ペプシコーラ』で取り扱いのある
『サントリーフーズ』、『キリンビバレッジ』、
『ポッカサッポロ』の3メーカーの自販機
群馬、埼玉、栃木、茨城内で探すといいですね。

あーさっさと人気になって
販売範囲が広がってくれるといいんですが。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする