コウノドリの家族で読める本!命がうまれる現場からがおすすめ!

妊娠-子供

10月から新シリーズが始まる
ドラマ『コウノドリ』の主人公
鴻鳥サクラがナビゲートする
産科医・助産師のお仕事の本
発売されました。

もちろん綾野剛さんではなくて
漫画原作のほうのサクラですけど。

『命がうまれる現場から』は
『コウノドリ』の原作から
エピソードをチョイス

産科医・助産師のお仕事が
だけでなく妊娠から
出産までの命の誕生までを
わかりやすくかいてあります

漫画と一緒になっているので
難しい感じがして
敬遠しなくてしみますし
今妊娠中という方だけでなく
若い方にもおすすめですね。

ついでにドラマも見ると
さらにわかりやすいかも(?)

スポンサーリンク

産科医・助産師のお仕事本

産科医・助産師のお仕事
妊娠・出産の基礎知識といっても
当事者でないとわからない
もしくは昔と今では
違っていることってありますよね。

どういう仕事なんだろう
だけではなく、
世間一般でダメと言われているものは
どうしてだめなのか?
など本当に基本的なことまで
書かれているのが○

医療的な分野なので
どうしても文章などが
固くなりがちですが
その点を『コウノドリ』の
エピソードなどで説明するので
とっつきやすいです。

若い女性には本を読んで
身体を大切にして欲しいと
切に願います。

……これ、セクハラじゃないですよね?
うん、大丈夫なはず(*ノノ)

ドラマでもおなじみ『コウノドリ』

10月からドラマの新シリーズが
スタートする『コウノドリ』
綾野剛さんが初の単独主演
話題にもなった作品です。

>>コウノドリ(ドラマ第2シーズン)のキャストは?前作の再放送で予習?

その原作漫画の主人公、
鴻鳥サクラがナビゲーターとなって
聖ペルソナ総合医療センターの
産科で何が起きているのか
一緒に眼にしていく内容。

漫画自体を楽しむのなら
やはり原作漫画
一番だと思います。

でもこういった知識を
改めて調べるのに
さすがに漫画はわかりづらい(笑)

手元に置くのならば、
漫画全巻よりかは
『命がうまれる現場から』一冊が
いいですよね!

それに人におすすめするのにも
「漫画でしょ?」
「いや、真面目で妊娠や
産科の知識もわかりやすいんだ」
なんておすすめしやすいです。

スポンサーリンク

命がうまれる現場から の内容は?

本の内容は以下の通りです。

【カルテ1】自然分娩と帝王切開/逆子/予定日と誘発分娩/病院の産科と助産院の違い
【カルテ2】NICUで育つ赤ちゃん/胎児発育不全/切迫流産/異所性妊娠
【カルテ3】つわり/妊娠とお酒、煙草の関係/妊娠高血圧症候群/妊娠中の海外旅行/風疹/妊娠中のお父さんの役割
【カルテ4】マタニティブルー/産後うつ/産後クライシス
【カルテ5】子宮頸がん
【カルテ6】性感染症/立ち会い出産/未成年の妊娠

それではそれぞれを軽く
説明します。

カルテ1では出産に関して、
命が誕生する時のお話。

カルテ2では予定よりも
早く産まれる場合どうなるのか。

カルテ3では産まれるまでに
親が気をつける(た)こと。
マタ旅とか話題になりましたよね。

カルテ4では子供が出来た後に
起きてしまうさまざまなこと。

カルテ5では早期発見が
一番大切な病気に関して

カルテ6では妊娠・出産を
これから経験するであろう
若者に対してのメッセージ。

こんな感じで、
この本を読んだらおそらくは
ドラマと漫画原作を
読みたく(視たく)
なるんじゃないかなと(笑)

中高生や家族が読むのにおすすめ

現在妊娠しているご夫婦などは
日々勉強をしていると思います。
ではその周りや家族は?

ある程度の知識があっても
助かることはあっても
無駄にはならないことばかりだと
私は内容を見ておもいました。

やはり特に若い子達に
読んで欲しいかなぁと。

綾野剛さんが主演をしている
ドラマの原作主人公が
教えてくれる本だよ!

なんていうと大分興味を
持ってくれるのではないかと
淡い期待を抱くおっさん。

医学書片手になんて
ちょっとムリですけれども
これぐらいならささっと読めて
負担にならないんじゃないかな

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする