コウケンテツのおすすめレシピ本は?事故から復帰の誤解って何?

朝食-トースト

イケメンの料理研究家コウケンテツさん。
男性が作る男目線の料理が
私にどストライクなんですよ!

事故から復帰?という言葉に
ビックリしたんですが、別の方と
勘違いしている人が多いようですね。

ネット上で高評価なおすすめの
レシピ本なども紹介しています。

割と流行に乗ったレシピ本を出したりで
意外とありがたいイメージが私の中で
あるのですが、私の周りは
知らない人が多かった orz

スポンサーリンク

コウケンテツさんのプロフィール

イケメン料理研究家でイクメンという
言葉遊びじゃないんですよ!
コウケンテツさんのことを簡単に紹介すると
そんな感じになるってだけで(笑)

料理やお子さんの姿が多いインスタの中で
貴重な顔もわかりやすい全身のショット。

それでは簡単にコウケンテツさんの
プロフィールなどをまとめました。

名前:コウケンテツ(高 賢哲)
韓国表記:고현철(コ・ヒョンチョル)
生年月日:1974年7月14日
年齢:42歳(執筆時)
出身:大阪府

見ればわかるとおりに韓国名ですね、
大阪生まれ韓国育ちの父親と、
韓国済州島出身の母親の間に生まれた
在日韓国人二世の男性です。

国籍はどちらなのかな?と気になって
調べた所韓国籍でした。

我が家で決めたルールはふたつです。
ひとつは、ちゃんとごはんを食べて
おいしかったですっていう子に育てようということ。
きちんと『いただきます』と
『ごちそうさまでした』が言える子に。
このふたつの言葉には、
想いが込められると思うので。
そして、もうひとつは、
僕自身が外国籍というのもあって、
肌の色や人種で差別をしないということ。
引用元:http://penelope.tv/cafe/interview/000416.html

このインタビューからは日本人的というか
ちゃんと隣人としてお付き合いできる
普通の人だとわかりますよね。

日本人だから、韓国人だからという
色眼鏡で見るのはナンセンス。

現在は結婚して一男一女のお父さん
料理ができるイクメンですし
夫婦仲も良さそうですよね。

ちなみに奥さんはマネージャーということで
公私共にパートナーということですね!

コウケンテツさんが事故から復帰の誤解

これはビックリして調べたのですが別人のことですね。

料理研究家の小林カツ代さんの息子さんで
同じく料理研究家&イラストレーターでもある
ケンタロウさんが2012年に事故に遭ったのですが
コウケンテツさんと混ざってしまっているのです。

芸名がカタカナの料理研究家で
母親も料理研究家ということで
混同されてしまったのでしょうね。

コウケンテツさん自身が何も無かったかというと
過去には割と重い病気を発症していたので
それもあって勘違いが加速した可能性があります。

テニスでプロを目指していた18歳の時
重度の椎間板ヘルニアを発症し
数ヶ月歩くことができなかったことがあります
しかしこれも事故ではありません。

ちなみにケンタロウさんは当時の事故の後遺症で
寝たきりの状態になり、麻痺や言語障害・記憶障害が
出ていたそうですが、2014年の時点で退院し
車椅子での外出が出来るようになっています

小林カツ代さんも最近見ないなと思ったら
2014年に亡くなられていて、
正直ショックでした。

スポンサーリンク

料理研究家の一家?

コウケンテツさんのご家族もまた
料理関係の仕事をしているというのも
別の方との誤解の要因でしょう。

コウケンテツさんの母は韓国料理研究家
李映林さん(韓国済州島生まれ)
姉のコウ静子さんはフードコーディネーター
お母さんのアシスタントをすることも。

母と子で料理研究家とそれだけの情報だと
小林カツ代さん&ケンタロウさん親子と
確かに誤解してしまうかもしれませんね(笑)

料理の道を志したのも、お母さんの
アシスタントがきっかけ
意外にも大人になってからのことなんです。

この一家の料理の繋がりって凄いですよね!

コウケンテツのおすすめレシピ本

ネットで評価の高いものから独断でチョイス
男性目線ということもあるので
女性&子供の為のレシピということなら
自分でも探したほうがいいでしょう。

いや、だっておっさんの意見だよ?
(ファミ通的なノリで(わかんなかったらごめんなさい))

■コウケンテツのおやつめし
おやつめしって何だ?って感じですが
野菜などの苦手な子供にも
おやつとして食べられるようなレシピ。

おっさん的にはオシャレなつまみ扱い
おやつめし2 という本もあるので
そちらもあわせてどうぞ。

■コウ ケンテツの食パン食
簡単な上に作りたくなるような
トーストのレシピ集。
キムチを乗せたりはしない。

手の込んだレシピはありがたいのだけれども
作らないのでコレぐらいがいいと思う。
あくまで私の意見ですが。

■コウケンテツのおつまみ。
“家飲み”ごはん とどちらにしようか迷いましたが
お酒の好きなおっさんなのでこちらをチョイス。
たまーに物凄い用意して飲みたくなる時に
手元に本があると買い物前に便利。

とはいえ、古い本なので電子書籍版を
購入した方が安いかもしれない。

男目線ですね、はい。
しかも韓国料理のアレンジレシピとか
全くかすらなかった(無意識です)

個人的に最強で簡単なおつまみは
ざく切りのキャベツに塩とごま油、
クミンシードを絡めるだけのものなのですが
飽きるのでそれ以外のときに使ってます。

他にも男性の料理研究家の本なら
恥ずかしくないという他人からすると
バカみたいにみえる理由もあったり。

”あさイチ”や”林先生が驚く 初耳学!”など
思ったよりも色んな番組に出ているので
どんな料理を作る方なのかチェックして
好みだったらレシピ本を探してみることを
おすすめしますよ!

お読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする