加治まやのWikiや大学は?歴史好きな歴女に彼氏はいる?

寺

ギャップにかわいいなと
やられる事ってあると思います。

ハーフタレント歴史好きの歴女
これもいいですよね。

Qさまで見かけた
加治まやさんは歴女です。

Wikiがないので集めたプロフィールと
彼氏大学のことを調べてみました。

スポンサーリンク

加治まやさんのプロフをWiki風に

Wikiを探したのですが、現時点では
見つかりませんでした。

その代わりに調べた情報を
まとめたのでご紹介します。

名前:加治まや(かじ まや)
生年月日:1988年10月14日
年齢:28歳(執筆時)
出身:東京都
血液型:O型
身長:166 cm
趣味:美術館巡り、寺巡り、旅
特技:日本史、ベンガル語
事務所:エイジアプロモーション

ツッコミ所はやはり趣味と特技でしょうか。

私の中で女性をデートに誘ったら
振られそうなランキング上位に君臨する
美術館&寺めぐりですよ。

私が行きたいと言ったらおっさんっぽいと
いわれてしまった因縁のプレイス。

今はオッサンだけど昔は若かったんだよ!

実際にブログでは様々な所に出かけています
知っていることなども結構細かく書かれていて
本当に歴史が好きなんだなーと
読んでいて感じられます。

もうね、これだけでメチャクチャかわいいと
そう思ってしまうわけですよ。

差別とか偏見ではないので
まずそこを理解して欲しいのですが
私の妄想。

寺デート(言葉が凄い)中
加治まやさんは観光客?みたいに
周りの人に思われているのに
実際に説明されているのは私

という妄想(再度強調)

いいよね!ギャップいいよね!

最後に資格をぶっこみます。

資格:江戸文化歴史検定2級、
歴史能力検定-日本史-3級、美術検定3級

これは本物です。

ちなみにお父さんがバングラディッシュ人
お母さんが日本人

お父さんは芸術家のカジ・ギャスディンさん。
残念ながらそっち系は全然知らないなぁ。

加治まやさんは大学はどこ?

大学の情報は今のところありません。
ただ、本人のTwitterなどでのツイートから
大学に通っていたのは確かなようです。

しかも周りも歴女だったらしいので
相当充実していたのでしょう。

私とは違うなぁ(遠い目)

学校や学部を予測するにしても
歴史系だけならばともかく
美術系もありえるので
範囲が難しいのですよね。

いずれ、もっと有名になったら
どこからか漏れたりするかも。

現状はわからないということで。

スポンサーリンク

加治まやさんは歴史好きの歴女?

Twitterの自分のプロフィールにて
「大政奉還の日生まれ」
という記述があります。

大政奉還に関してはまあ横において
起こった日付は慶応3年10月14日(旧暦)
※西暦に直すと1867年11月9日
なるほどなー。

有名人と一緒の誕生日と言うのは
結構見かけるけど
歴史上の出来事をぶっこんでくる
そのセンスがかなり好き(*ノノ)

大政奉還150周年記念スタンプラリー
足を運ぶなど、キャラクターで
歴史好きを装っている女性には
決して出来ません!

歴史好きの歴女で間違いないですね。

加治まやさんに彼氏はいる?

彼氏の情報はありません。

ネットで検索すると引っかかるのは
『ジュンヤ』というキーワードなのですが
それはシンガーソングライターの
JYUNYAさんのことですね。

特に彼氏と言うわけでもなく
普通にお友達で
義理チョコ貰ったと喜んでいました(笑)

まあ、他にも普通に色んな女の子と
写っている画像がインスタにアップされており
そういった点からも否定できてしまうわけです。

というか日本的な付き合いでは無いと思えば
普通に納得できるのでは無いでしょうか。

そして私に必要なのはあのコミュ力
ぐぐぐ、羨ましい。

見た目と歴史好きのギャップがかわいい

加治まやさんの見た目と言えば
整形疑惑もあるようです
これも本人が否定と言うか
お母さんが笑い飛ばすレベルの誤解のようです。

まあモデルさんは割と整形疑惑もたれます。

特に自分で撮影した画像を
SNSなどに投稿していると
様々な角度やシチュエーションに
自然となるんですよね。

そうなると奇跡の一枚と言うか
違和感があるものも中には生まれます。

まあ、大概の原因はアプリで
修正した後の画像をアップしている
そういった人たちにあるような気も。

見た目は水着姿がとても似合う
素敵な美人さんなのに
中身が歴女というギャップ。

こういうのは弱いでしょ!

私は浅く広くが身上なので
色々と知識がある人の話しは
自分には無い部分として楽しいです。

クイズバラエティとかに
もっと出演する機会が増えれば
彼女の良さが皆さんにも
わかってもらえると思うんですけどね。

それではお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする