解散総選挙2017はなぜ今?北朝鮮との戦争の鍵はトランプ来日?

選挙

2017年の解散総選挙
世間一般からすると
突然なことが多すぎて
なぜ今なの?って
疑問に思いますよね

北朝鮮との関係は
悪化の一途を辿っていますし
もっと他にやることが
あるんじゃないかと。

「どうせ落ちないでしょ?」
とミサイルを軽視したら
一番最悪だと思うのですが
裏側の意図とか気になります

安倍総理トランプ大統領の
意味深な発言もここに来て
かなり増えてきました。

単なる信任選挙ではなく
実は2017年の年末から
年始にかけて慌しくなる
その可能性を踏まえての
解散総選挙であるとの見方
ネットから出てきました。

もしそうなら、早めに
備えておきたいなー
私は思うわけで。

最初にお断りしますが
私は戦争は否定します
戦争回避の為に
武装するのは否定しません

スポンサーリンク

解散総選挙2017

マスメディアにとって
今やるべきことが与党の追及や
ミスを掘り下げることですよね。

マスコミは何も貢献せず
何の解決にもなってないと
思う北朝鮮問題

与党への突き上げや
対北朝鮮への路線、
憲法の改正や
消費税の増税などなど

これかな?と思える
解散総選挙の理由
いくらでも出てくるわけですが
時期を今にしたのが
私にはさっぱりわかりませんでした。

北朝鮮情勢を踏まえて
今はそれに対処して欲しい
というのがホントのところ。

ちなみに衆院解散は2014年12月以来、
実に3年ぶりですが、
任期を終えずにそんなに頻繁に
解散総選挙とかされても困る。

2017年の衆院解散総選挙は
10月10日(火) 公示
10月22日(日) 投開票
という日程になっています。

解散総選挙2017はなぜ今?

国会

安倍総理がメディアでポロリと
なぜ今、解散総選挙をするのか
これしかないと思えることを
口にしています。

まず前提として一番は
北朝鮮との情勢が
緊張感を増してきている
ということだと思います。

隣で武器をこちらに向けながら
金や食料をよこせと
脅されている現実の中で
身内から足を引っ張られかねない。

与党としては強い姿勢を保つため
解散総選挙を行い、
強く方針を打ち出す。

ここまでは皆さんが
想像していることではないかと
私も思いました。

さらに民進党の自爆とも
とりかねない分裂
内部がほぼ民進党になった
希望の党などを見たときに

「あれ?今のタイミングで
選挙やったら楽に勝てるんじゃ?」

と思われても仕方ないかなと。
実際は与党にとってそこまでの
追い風では無いと思いますが。

ここまではネット上やニュースなどで
解散総選挙関連を追っていれば
なんとなく予想が付くものです。

しかし公示前ということで各党の
党首がメディアで発言をする中で
安倍総理がポロリと
興味深いことを口にしました。

一番の理由と思えることで、
10月8日に「AbemaTV」に
出演した時のことです。

安倍晋三首相は8日夜、インターネットテレビ局「AbemaTV」の番組に出演した。核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「あらゆる手段で圧力を高めていくから、状況は緊迫していく。今年暮れから来年にかけて選挙をする状況ではなくなる」との見方を示した。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171008-00000062-mai-pol

つまり、今後よりいっそう
圧力を強めていくので
昨今のミサイル騒ぎ以上の
緊迫した情勢になると。

対北朝鮮情勢を踏まえて
今しか解散総選挙を
行うことができない。

正直、鳥肌が立ちました
そこまで北朝鮮に対して
強い態度を示す用意がある
ということですよね

理解は出来ましたけど
ちょっとずつ出していく感じ?
やべ、備蓄しなきゃとか
思ったの私だけじゃないはず。

スポンサーリンク

北朝鮮との関係悪化をにらむとベスト?

話し合いで解決できる人間や
関係性であるならば
そもそも争いは起こらない
私は思っています。

11月にトランプ大統領来日
この前に国民からの
信任を得るための
解散総選挙なのでしょう。

ここから緊張が増していくと
想定する場合ですが、
その中で解散総選挙とか
私だって全力で批判します。

いいことではありませんが、
若干のミサイル慣れが
起きてしまっている現状
タイミングは今でしょう。

一方で気になるのが
世界的なイベントである
冬季オリンピック

もし年末から来年にかけて
緊迫した情勢になったとして
平昌オリンピックとか
どうなるのかな?

アスリートの皆さんのことを
考えると申し訳ないですが
韓国への渡航許可が
降りない可能性もあるのでは?
と思えてきました。

競技者としてオリンピックと言う
祭典に出場できないというのは
非常に重いことになりそうですが
一番最悪の事態として
起こりうることではないかなと。

2018年平昌オリンピックはできるのか?

平昌オリンピックの開催は
2018年2月9日~ です。

トランプ大統領来日で
日米同盟の強化を再確認
というのは判りやすいですが

この外交日程の中には
中国や韓国も含まれており、

最終的にベトナムで
11月10日に開かれる
APEC(アジア太平洋経済協力会議)
が本題になるかと。

制裁決議の履行を各国へと
要請するのは確かでしょうし
そうなると北朝鮮の
お隣の韓国に行くのも
私なら怖いですけどね。

それとも対話・融和路線の方々は
お金払ってでも、
ミサイルで脅されている中で
オリンピックをやれと言うのか

これでマスコミが
オリンピックに参加できなかったのは
政府のせいだとかいう
論調になったら笑うしかない。

トランプ大統領来日で緊張が高まる?

トランプ

という裏事情が透けて見えると
注目すべきは解散総選挙
ではなくトランプ大統領の
来日以降でしょうね。

トランプ節は絶好調なので
鵜呑みには出来ませんが
態度としてはわかりやすいかと。

トランプ米大統領は7日、北朝鮮情勢に関してツイッターで「歴代の大統領と政権はこの25年間も北朝鮮と交渉し、合意を結び、巨額のカネを払ってきたが、うまくいかなかった」と批判し、対北朝鮮で有効な手段は「申し訳ないが1つしかない!」と述べた。
引用元:http://www.sankei.com/world/news/171008/wor1710080005-n1.html

こんなトランプ氏の来日という
イベント以降のことがあるので、
与党にとっては
慢心はできないでしょう。

しかし大事の前の小事といいますか
準備段階に過ぎないのでは?
と私は思えてきました。

今後緊張が高まる中で
本当に選択を任せられるのか?

日々マスコミに報道されるせいで
正直、悪いイメージしかない
政治家の皆さん。

私はもう、選ぶと言いますか
消去法で残ったのが
たまたまそうだった
という形になりそうです

少なくとも希望の党は無理
民進吸収しなければ
小池都知事効果で
誤魔化せたかもしれないのに。

全然希望が持てないどころか
候補者の過去のゴシップネタも
ネットでは流れています
(特に元民進候補はすごい

麻生内閣が早期にコケたのが
ケチの付き始めなんだよなぁ
あの頃の麻生さんが良かった。

日本が1、世界は2という形で
きちんと考えてくれるような
二大政党での政治
私が生きているうちに
期待できないものか(笑)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする