ジャンボ織田信長書店ペタジーニの由来や本名は?ブログも個性的?

ボクシング

長すぎるリングネームに
リングアナも困っただろうな
と妙な感想を抱いた私。

変わったリングネームを持つボクサー
ジャンボ織田信長書店ペタジーニ選手の
名前の由来本名を調べました。

この方ブログも個性的
そりゃアウトデラックスに呼ばれるな
というようなキャラクターです。

そして極めつけは所属ジムですね
ボクサーと言うよりも
プロレスラーかな?と思うような
ユニークなリングネームの
ボクサーが多く所属しています。

いかつくて如何にも強そう!
と言う感じの方も多いのですが
面白さに振り切った写真を使うなど
一味違うボクサーがいて
ちょっと興味が沸きました。

スポンサーリンク

ジャンボ織田信長書店ペタジーニとは

調べていても、若干の
表記ゆれがあるのが気になります
書店本屋だったり
織田おだだったり。

もしかして時期によって
微妙にリングネームが
違っていたのでしょうか(笑)

このTwitterアカウントは
妹さんだそうで……本名は(あ)

リングネーム:
ジャンボ織田信長書店ペタジーニ
生年月日:1987年12月16日
年齢:29歳(執筆時)
出身:大阪府吹田市
身長:184 cm

日本一長いリングネームのボクサー
2013年度のスーパーライト級
全日本新人王という経歴の持ち主。

復帰戦となる2017年7月30日
トリプル東洋太平洋タイトル戦で
スーパーウエルター級の王者に
挑戦するも敗れて
その後に引退を表明してました。

けどアウトデラックスにボクサーとして
出演したと言うことは
現役を続ける感じなのでしょうか?

妹さんの小田ゆりえさんは
芸能界で活動をしており
職業は女優?CDをリリースしたり
ジャンボ織田信長書店ペタジーニさんの
試合で国歌斉唱をするなど
芸能人という括りでしょうか。

関東よりも関西、大阪の方で
精力的に活動しているとのこと。

この巨大ボクサーの兄と
可愛い女優で歌手の妹という
ギャップもまた凄いですね!

むしろアウトデラックスが
この人材をどこから引っ張ったのか
私はそこが気になる。

ジャンボ織田信長書店ペタジーニの由来や本名は?

日本一長いと思われる
このリングネーム。

本名ではないのは明らかですが
そもそもの話、
一体どんな経緯があれば
このリングネームに至るのか
由来がかなり気になりました

このリングネームをつけたのは
所属する六島ジムの枝川孝会長
名前をつけたそうです。

リングネームの由来は長身なので「ジャンボ」、本名が小田なので「織田信長」、信長といえばアダルト書店チェーンの「信長書店」、入門当時は二回りも年上の女性と交際していたので、元夫人が25歳上の「ペタジーニ」(元巨人)のすべてを組み合わせて、六島ジムの枝川孝会長が命名した。
引用元:http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20170731-OHT1T50038.html

『ジャンボ』:184cmの長身
⇒わかる、こういうのはわかる。
でもこれだけだと普通ですかね。

『織田信長』:本名が小田なので
⇒強そうなのはわかるけど、
天下が取れなそう。

『信長書店』:信長といえば
アダルト書店チェーンの信長書店
⇒ええ!?アダルトサイトだから
リンクは貼らないけど理由がwww

『ペタジーニ』:入門当時は二回りも
年上の女性と交際していたので、
元夫人が25歳上のペタジーニ
⇒ちょっと古いけどわかる

でもこれを全部くっつけるセンスは
私にはわからない
悪魔合体過ぎますよね(笑)

ちなみに本名は妹さんからも
薄っすら判るかと思いますが
小田貴博 という名前だそうです。

そりゃ織田じゃなくって
メディアなどでは『おだ』
空気読んで記述するわけだわ
と個人的に納得。

スポンサーリンク

ジャンボ織田信長書店ペタジーニのブログも個性的?

最近のボクサーは
プロモーションの一環として
SNSなどで活動していますが
ジャンボ織田信長書店ペタジーニさんも
ブログがあります。

名前が『ザんぼ織田信長書店ペヤング』なので
普通だと引っかからないのでしょう。

J☃Pさんのブログ「ザんぼ織田信長書店ペヤング」です。最新記事は「ていへん。」です。

割と短文というか
これならTwitterの方が
良さそうだとは思うけれども。

でも文章を漁ってると
アウトデラックス向きな
雰囲気をそこかしこに
感じる内容ではあります。

これをユーモアと取るか
狂気と見るか
非常に難しいですね。

私みたいに調べてから
はじめて知った人間からすると
「減量の辛さがにじみ出ている」
位に感じたのですが。

そしてもう1つ見つけましたが
こちらは旧ブログかな?更新が
2011年で止まっています。

jopさんのブログ「ジャンボ織田信長書店ペタジーニ47のブログ」です。最新記事は「シマキ~を探せ」です。

所属しているジムからのリンクが
前者の方ですし、
最近の試合の結果についても
語っているので先に紹介した方が
ジャンボ織田信長書店ペタジーニ選手の
ブログだと判断しています。

そもそもジムの所属選手の名前が面白い?

六島ジムの所属ボクサー
引退のところにいる選手を含めて
結構面白い名前の選手が
多いことに気がつきました。

六島ボクシングジムのオフィシャルサイト。ジムの最新情報などを配信します。

一番左上の細川貴之選手が
変顔を載せているのを筆頭に

  • ジャンボ織田信長書店ペタジーニ
  • 鯱ドラゴンズ敬太
  • ぴょん拓也
  • 加藤GACKT
  • 最暴愚畷谷
  • 香美の子岡村ケントキッド

引退選手まで見たときの
一番最後に不覚にもやられる

この路線はなんというか
私の中で近しいと思ったのは
ゴールデン・ボンバー感といいますか
惜しいんだけどちょっと違う感

過去にはWBAの世界王者を
輩出したジムですし、
指導力には間違いないでしょう
さらにこのリングネームのセンス。

いきなりタイトル戦をさせるのではなく
実力にあった相手との試合を重ねて
タイトル挑戦した方が良かった気が。

試合後のメディアでは引退との
報道が出ていましたが、
テレビに出演するのならば
現役続けるのかな?

世界を取ってないボクサーが
テレビに出るのって
難しい印象がありませんか?

そこが気になっているので
今後テレビに出るのかを
注目したいと思います。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする