板垣公一さんのプロフィールや実績!凄すぎる超新星ハンター!

超新星

板垣公一さんがおとめ座の銀河に
超新星発見!というニュースを見て、
ヘーと最初はそれだけ。

しかし124個目の発見だと聞いてビックリ!?

超新星ハンターと呼ばれる板垣さんの
簡単なプロフィール
実績を調べてみました。

こんな凄い人がアマチュアだとは驚き。

スポンサーリンク

板垣公一さんのプロフィール

名前:板垣公一(いたがき こういち)
生年月日:1947年11月12日
職業:株式会社 豆の板垣 代表取締役社長

山形県山形市在住のアマチュア天文家で、
超新星ハンターとして名が知られており、
その他にも彗星や新星も発見している。

日本の超新星の発見の半分は
板垣公一さんによるものと言われてますね。

超新星はわかります。
恒星の寿命が尽きる時に起きる爆発のことです。

そういえば新星は?というと
ちょっと難しかったのでリンクを用意。

超新星とは違うということだけ
わかれば大丈夫です。

板垣公一さんの機材は?

お名前で検索するとたくさんの画像が
ネットで見つかると思います。
著作権の問題もありますし取り上げません。

とはいえ、瞬時にわかるほどの
多数のモニターに囲まれており
天体観測というと望遠鏡で夜空を見上げて
と思っていた私の考えはとは全然違いました。

物凄くハイテクなんですね!

アマチュアということですし個人がほとんど。
現在もそうであるかの確認までは
とることができませんでしたが、
ご自分でプログラミングしたソフトを利用して
観測されているそうです。

株式会社 豆の板垣

山形県ではメジャーなようですが、
他県では聞いたことがないか
手にしていても知らない可能性あり。

ちょっと欲しいと思ってしまいました。

小魚入りというのがツボ。

この『豆の板垣』が豆菓子のミニパックを
業界で最初に導入したという
が流れているのですが
出展元は特定できませんでした。

超新星ハンターの実績を思うと
納得してしまうのかもしれませんね。

板垣公一さんの実績

1968年 『多胡・本田・山本彗星』を独立発見
2000年 超新星の捜索を開始、記録は現在も更新中
2006年 同一天体が異なる二度の爆発を起こす
という初めての実例を観測
2007年 上記の功績によって
山形大学より名誉博士号を授与
2008年 110年以上見失われていた
ジャコビニ彗星を再発見
2009年 新彗星を発見、『板垣彗星』と命名される
2014年 数々の功績を称え
小惑星(14551)が『板垣』と命名される
2014年 通産100個目となる超新星を発見
2015年 1晩で、しかも30分の間に
3個の超新星を発見する。

※小惑星(14551)の発見者は別の方です。

これでアマチュアというのが凄すぎます。

今までのペースを考えても
これからも実績は増え続けるでしょうね。

「見ているところに超新星が発生する」

という発言もされており、
野球で例えるならイチローのような存在
そんな印象を受けました。

関係が薄れてしまうので書きませんが
全盛期のイチローコピペのような
そんなレベルなんですよね。

スポンサーリンク

日本の超新星発見者TOP10で比較

※データは1980年1月1日~2017年3月24日のもの
※独立発見を含む。
※同数を含めたので11名います。

板垣公一 124個
串田麗樹 14個
青木昌勝 13個
坪井正紀 12個
広瀬洋治 8個
嶋邦博 6個
岡崎清美 3個
堀口進午 3個
佐野康男 3個
佐々木俊司 3個
市村義美 3個
参考:国立天文台・日本人が発見した超新星一覧より

■独立発見とは
……何人かがお互いの発見情報を知らずに
それぞれ独立して発見したということ。

10個でも凄いと思っていたのですが、
板垣公一さんは桁が違います。

まさに超新星ハンターの名前の通り、
ずば抜けた発見数です。

ちなみに2014年の1年間の
超新星の発見数は14で
2位の方の総数と同数。

どんだけ板垣公一さんはすごいのか。

今後も活躍に期待

今後もいったい幾つの超新星や
彗星・新星等を発見するのか
非常に楽しみですね。

しかしこれだけの発見数でも
世界有数ということは
もっと見つけている人が
世界にはいるということです。

空を見上げても新しい星どころか
流れ星だって見つからないのに
いるところにはいるんですね、凄い人が。

今後は『板垣』と『1**個目』という
キーワードに注目です!
すぐに内容がわかります(笑)

記事をお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする