石井美音奈の身長や体重は?SEIZAへ向けての練習場所はどこ?

トレーニング-練習

女子格闘技界も徐々に認知度が上がってくると、
他の飽和している業界から流れてくるのかな?
なんて思いました。

2017年12月の格闘家デビューに向けて
練習している石井美音奈さん。

身長・体重などのデータや、
知らない方向けに簡単な説明、
練習場所などの情報をまとめています。

スポンサーリンク

石井美音奈さんのプロフィール

夢はアクション俳優でそのための経験になる
と格闘家へのデビューへ踏み出した
”kiss bee”の石井美音奈さん。

元アイドルだったと後から知るのは
私の中ではOKなのですが
アイドルが挑戦と聞くと
ドキュメンタリーっぽく宣伝している。
そんな風に見えてしまうのは
薄汚れたおっさんだからでしょうか。

石井美音奈さんのプロフィールを
簡単にご紹介します。

名前:石井美音奈(いしい みおな)
ニックネーム:みおたん(ほとんど呼ばれず)
生年月日:1999年11月22日
年齢:17歳(執筆時)
出身:東京都
血液型:B型

情報通ぶる気は全くないのですが
女子中高生から人気のグループ
”kiss bee”なんですね。

そりゃおっさんじゃ知らないよね(*ノノ)

グループではスポーツ担当で
運動神経が抜群、小学生の時には
合気道を習っていて中学生の時は陸上部

格闘に対しての素養が全くない
というわけではないのはちょっと安心。

話題作りだったら悲惨なことになるのは
最近の中野たむさんを見ていて
改めて感じていたことなので。

参考記事中野たむが可愛いけど本名と年齢は?彼氏やカップサイズも調査!

12月まで6ヶ月で格闘技の
トレーニングや練習に浸かるという
わけにはいかないでしょう。

芸能人からの格闘家デビューだと
私の世代だと”金子賢”さんが思い浮かびますが
彼も2年で1回も勝てませんでした

男女の違いはあるでしょうけれども
色々と厳しい見方は当然かと。
本業は一応アイドルですし。

アイドルも独自色を出す為に
色々と大変なんだなーと思います。

石井美音奈さんの身長・体重

普段ならグラビアなどでイメージを
膨らませる為に身体データを
調べてまとめるのですよ。

まさかアイドルを格闘技目線で
身長などを調べることになるとは。

身長:156 cm
体重:試合の時に発表予定
スリーサイズ:非公開

そうですよね、自分でも思いました
普通はグラビアとかで雑誌デビューが
なんだよなーと。

一般的なそういうルートに進めないのは
グラビア業界も戦国時代だからですが。

身長は156cmで背が高いわけではなく
リーチを生かすという感じでは無いですね。

体重は試合までには公開するので
そこはアイドルとは違う覚悟が
ちゃんとあるんだなーと。

参戦するSEI☆ZAの選手はそこまで体格の差が
あるわけではないですが、日本人ではないです。

その差を覆すポテンシャルを見せられるか?
そこが一番の見所になりそうですね。

スポンサーリンク

SEI☆ZAって何?

GIRL’S BUDO ENTERTAINMENT『SEI☆ZA』
各国から様々なバックボーンを持つ
格闘家の女性を集めて育てる
育成型エンターテイメント。

柔道と柔術と空手と相撲の勝ち方や
ポイントの取得の仕方を全部取り入れた
かなり面白そうなスポーツになってます。

打撃でダウンをとったら1ポイント
投げて背中から落とせたら1ポイント
関節技で相手がエスケープしたら1ポイント
場外に押し出したら1ポイント
などなど

色んな選択肢があって面白いといいますか
リアルでやる格ゲーチックなルールですな。

それが全員女性というのが凄い。

正直、石井美音奈さんのような
アイドルが参加することには
未だに疑問視が残るのですが
このルールなら戦い方があるのかな?
そう考え直しました。

世界中から「女神」たちが武道の術と心を身につけにやってくる そして世界初のプロBUDO「SEI☆ZA」が誕生する!

中々に面白いです。

石井美音奈さんの練習場所やトレーナー

石井美音奈さんが練習&指導してもらっているのは
神奈川・横浜市にある小見川道場です。

トレーナーは総合格闘家・小見川道大さん。
道場では次世代のオリンピック選手となる
柔道家を未就学の子供から教えています。

柔道をメインに、様々な格闘技の経験があるので
トレーナーとしての実績もあります。

それにSEI☆ZAの選手の指導もしているので
そのつながりでしょうね。

小見川道大さんですが、石井美音奈さんに対しては
割と現実的なことを口にしているので
その点も私は信頼できると感じましたね。

この日練習を見た小見川は
「12月大会でデビュー出来る確率は今のところ20%。
僕は格闘技デビューには反対です。
だけどこの僕の意見を覆して欲しい。
それは、アイドルの格闘技デビューに
批判的な格闘技ファンも含めてです。
それぐらい練習をして欲しい」とエールを送った。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00000007-gbr-fight

そうですね、どちらかというと
私も批判的な意見ですが
それを覆して欲しいとは思います。

初日でこれならと思いますが、
ここからどう伸びるのか
防御中心で練習して
頑張って欲しいですね!

成功して欲しいが止めて欲しくもある

こうやってどんどん様々な女性が
挑戦することで業界が活発になって
ビジネスとしてやっていけるようになって欲しい
という思いも当然あります。

ですが何か事故が起きた時に
やっぱり止めた方がよかったんだ
みたいな方向になるのが心配で
アイドルの格闘家への挑戦への
批判的な意見はそこにあると思います。

本当にセンスがあって、アイドルとしても
格闘家としてもやっていけるならば
そりゃもう、ゲームのヒロインみたいですし
一気にブレイクしそうな予感があります。

いい意味での非現実感を求めている
そういったファン層がいるのも確かですから。

そのキャッチコピー通りの動きが
試合の中で見せられれば
たとえ負けたとしても、
私を含めて口を閉じるでしょう。

批判的なようですが、
一番それを覆して欲しいファン層も
その中に存在するわけで。

面倒くさいおっさんでした。

お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする