市川海老蔵が女性自身の新彼女報道に激怒?再婚はする・しない?

歌舞伎

10月31日に女性自身によって
市川海老蔵さんに新彼女が
いるとの報道がされました

一方当人の市川海老蔵さんは
ビックリして笑うしかないという
怒りや悲しみを通り越したリアクション

再婚する・しないは確かに
芸能界にいる以上は
皆に気にされてしまいますが
もうちょっとそっとしておいても
いいのではないかと思うのですよ。

芸能人もこのクラスになると
その場を納めるための言葉も
迂闊に言えなくなるのかな
こういった報道を見ると
思ってしまいますね。

スポンサーリンク

市川海老蔵さんに新彼女の報道

歌舞伎界のドロドロは
ちょっと調べればいくらでも
出てくるものですが
梨園関係者ってそんなにも
自分達の思い通りにするのが
好きなのかなと邪推しちゃう。

市川海老蔵さんの新彼女の報道
本当にそんな風に感じました。

「梨園は『このまま独り身で大丈夫か』と心配しています。実は数名の女性が“後妻候補”に名乗りを上げているほど、周囲から嫁取りを望む声が高まっています」(梨園関係者)
~中略~
「後援者たちは『團十郎襲名するなら奥さんがいたほうがいい』と切り出し、『麻央さんのお姉さんはどうか。子どもたちとも仲がいいみたいだし、問題ないだろう』と猛プッシュ。すると海老蔵さんは言うべきか困ったような表情をした後、『実は付き合っている人がいます』と話したんです」(目撃者)
引用元:海老蔵 嫁取り望む後援者に仰天告白「付き合っている人います」

やばい、記事を読んでも
『周囲』がそう望んでる
『周囲』がそうすべき
うーん、この状況証拠だけで
事件作っちゃいました感

一番きついと思ったのは
麻央さんの実姉・小林麻耶さんとの
再婚を望む声のプッシュ。

それを後押しする例として
『近年』ではうつみ宮土理さんの
『父親』が『順縁婚』してるし、
ありえるよとしている点も
私にはキツイ。

うつみ宮土理さん70超えてるし
その父親の話って何年前?

いじめる相手を探しているだけ
そんな気すらしてくるのですが
歌舞伎界の大物が独身だと
こうも大変なんですね。

女性自身を名指しで激怒?

女性自身の報道を受けて
市川海老蔵さんのリアクションです
激怒というよりも色々と
通り越してしまって
乾いた笑いしか出てこない感じ

私は私に彼女がいるらしい事を
週刊誌を通して知りました。
海老蔵に彼女いるらしい…
そんな気持ちになれないよ、
酷いと思いました。
とりあえず笑っとこ笑笑
引用元:https://ameblo.jp/ebizo-ichikawa/entry-12324316024.html

次のエントリーでは
気持ちを切り替えるように
身体のメンテナンス関係の
話題になっています。

女性自身の報道も
『梨園関係者』『目撃者』という
若干情報元としては
どうなんだろうかというモノでした。

後援者などの女性からすれば
市川海老蔵さんの再婚の問題は
「心配(するふりを)して、
口に出す(と面白い)話題」
なんじゃなかろうかと。

子育てパパのほっこり物語より
歌舞伎界のドロドロの方が
より注目度が集まりますしね

これ、今後も『團十郎襲名』や
『東京五輪2020』に絡めて
何回も話題になると思います。

市川海老蔵さんには
負けないで欲しいなぁ。

スポンサーリンク

市川海老蔵さんは再婚する・しない?

市川海老蔵さん本人はそもそも
再婚する・しない?というのを
考えられないと発言しています

確かに若い頃のままであれば
女性自身の報道のほうを
信じたのですが最近の
市川海老蔵さんの様子などを
見ているとちょっと信じられない

歴代の彼女問題とか遍歴とか
そういうのも加味すると
確かに話題にしやすい方だと
私も感じます。

ただ、2010年に無期限謹慎を受け
2011年の復帰と直後に
長女・麗禾(れいか)ちゃんの誕生。

ここから画面越しに見ていても
雰囲気が変わったと思ったのは
私だけでしょうか?

ギラギラしていたのが、
今、ブログなどでよく見る
市川海老蔵さんになったのは
この頃だと思っています。

むしろ麻央さんのこともあるし
そういうことを考えないでいいように
周囲が支えるものであると
それが普通だと感じるのですけどね。

周囲って専念させてあげないのだなぁと


2020年に團十郎襲名披露興行
東京五輪でも開会式の目玉と
見なされているなど
ビッグイベントが控える
市川海老蔵さんですが
周囲のフォローとは一体

「付き合っている女性がいる」
という発言もむしろ、
再婚に関する話題を
されたくないが故に発した
発言であったかもしれない。

というか、その後に続く言葉が
あったとしてもカットされている
そんな可能性すら感じます

「僕は麻央と付き合ってます」
と後に続いていたら
周りも黙らざるを得ないし
こう返していたのではないかと
私は思ってるんですよね。

市川海老蔵さんの團十郎襲名にあわせ
こういった不慮の出来事があっても
大きな興行を成功させられるような
システムを作るほうが
よほど大切だと考えます。

まあ、でもゴシップネタの
近くにいると楽しいのでしょうね。

この報道に関しての
市川海老蔵さんのリアクションは
これで終わりなのか、
改めてアクションを取るのか
今後も見守りたいですね。

というか、見守るだけで
いいんじゃないかなと。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする