ほぼ日上場で気になるのはやはり優待!株主総会も気になる!

ほぼ日 優待 株主総会

ほぼ日手帳でおなじみ、
コピーライターの糸井重里さんが設立した
『ほぼ日』が3月16日に
ジャスダック市場に上場しました。

糸井さんご本人が楽しみとおっしゃられている
『株主優待』『株主総会』は私も気になります。

欲しいものなどを含め予想してみます。

スポンサーリンク

ほぼ日の株主優待を予想してみる

配当権利確定日は一般的に
決算を迎える3月か9月になります。

3月に貰えるなら手帳を買わなくて済む
なんて思いましたが
もし9月なら既に持っているので
手帳の線は薄いかも。

それに糸井さんご本人が
「株主になる人は(ほぼ日以外を含めて)
手帳を既に持っている」
と発言しています。

『皆が笑っちゃうような』ものを
優待として考えているそうなので
もっと別のものになりそうですね。

私が欲しいもの

私がほしいものという観点で考えると
笑っちゃうようなものとは
方向が違ってしまいますね。

何が欲しいかなというと本ですね。

ほぼ日手帳の発売ページに行くと
みんなの使い方という
実際に使用している方の使用例があります。

これをまとめた本があったら欲しいなぁと。

なんでもマニュアル・攻略本があると
安心するタイプなのと
使用例自体が見ていて面白いなー
凄いなー参考になるなーなんて
ワクワクしながら見れるのがいいんです!

とはいえ優待で笑っちゃうような感じにするなら
社員だけで集めてみました?とか

……うん、どうやら私はセンスがないらしい
きっと入社できなかったでしょう。

ストアにはないような
それでいて想像しなかった
そんな優待になるんじゃないかと想像すると
株主になっておこうかと考えちゃいますよね。

株主総会が楽しそう

株主総会というと、知らないとお堅いイメージかも
しかし実際は企業によってかなり異なります。

例えば福山雅治さんやサザンオールスターズが
所属するアミューズでは
総会後にライブが行われます。

いきなり楽しそうな話になりましたが
一応の名目として以下の3つを決めます。

  1. 会社の根本に関わる事項
  2. 会社の役員の人事に関する事項
  3. 株主の利害に大きく影響を与える事項

企業によってもかなり変わりそうです。

先ほどアミューズを取り上げましたが
ほぼ日の株主総会は楽しそうな雰囲気が
すでに感じています。

「小ネタ劇場のあのネタは面白くなかった
なぜ収録してしまったのか?」

とか総会で株主から質問が出たら
私がその場にいた場合
確実に噴出す自信があります。

想像しただけでも楽しそうでしょう?

それに、多くの企業では
株主総会に出席した方に
お土産を渡されています。

お土産が気になる企業

ほぼ日はこれからなので、
何が飛び出してくるか
優待を含めてわかりませんが
既存の企業で気になったものをチョイス。

※2016年のものです。

  • サンリオ……ハズレなしのくじ
  • ぴあ……雑誌(夏ぴあとおいしいパンの店)
  • 富士通……野菜と電池
  • スクウェア・エニックス……スライムグッズ
  • 任天堂……ピカチュウとマリオのグッズ
  • 東映アニメーション……アニメグッズ
  • サマンサタバサ……お菓子
  • 大和証券グループ本社……とらやの羊羹
  • 日本テレビHD……バウムクーヘン

等などで、これらはほんの一部。

自社製品だったり、お菓子だったり
クオカードや図書カードであったりと
企業によって違います。

ほぼ日はきっと自社製品か
少なくとも絡んだ商品がお土産になると予想。

その時期だけ株主になるというのも
十分に検討に入ると思います!

スポンサーリンク

上場って何?楽しいもの?

優待や配当、総会などの話を聞くと
いい話のように感じますが
上場すると何が変わるのか?

難しい話になりそうなので
できるだけ簡単に。

上場することのメリットはというと
お金をたくさん集めることができるようになる
ということですね。

優待や総会の話が出ましたが
一般の我々がその企業の株式を
購入できるようになりますよね?

このように広く資金を集めることが
できるようになるのです。

ほぼ日の場合だと
今までの規模では難しかった
大きな企画ができるようになる
という点がメリットなのだと思います。

デメリットも多い?

いままで好きにやってきた経営が
株主達の意見によって
左右されてしまう可能性もあります。

糸井さんはそういうのは
嫌がりそうなイメージだったのですが
実際にしているから
上場のデメリットは織り込み済みなのでしょう。

総会も楽しみとおっしゃっていましたし
他の企業にとってはデメリットになる点が
あれ?もしかしてデメリットになってない!?

一応事務作業などが増えるので
「ライターやデザイナーばかりが来る」
というほぼ日の社員さんの負担は増えそうです(笑)

今後の展開に期待!

今回の上場で今までではなかったような
企業間の提携も現実味を帯びてきました。

糸井さん本人も
「これからは他社を口説くかもしれない」
と口にしており

大きな規模でのお話が出てくるかもしれませんね。

生活のたのしみ展のたのしみ商店街が
もっと大規模になって
幕張メッセや東京ビッグサイトで
開催されるようになったりとか。

こじんまりとしたものも良いですが
大きな箱をどのように使うのかなど
実現したらかなり楽しそう。

公開価格は2350円でしたが、
今日一日でどれほど上がるか想像もつきません。

そしてできれば私は
私の想像を飛び越えたことをして欲しいと
いつも期待しているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする