ガチャめしとは?メニューや排出率は?西紀SA以外でも流行かも?

ガチャ

ガチャという言葉だけでドキドキする
ガチャめしとは何、どこで買えるの?
出てくるメニューや排出率はどれくらい?

実は普通よりお得だし、
昼飯で「なんでもいい」を選択できるので
SAで流行するかも?ということを
色々と調べてまとめました。

メニューから食べられないものがない限りは、
決められない場合にガチャ
というのは面白いアイディアですね。

「なんでもいい」と答えて
内心で「それが一番困る」と思われるよりは
ガチャというのは良い選択肢だと思います。

スポンサーリンク

ガチャめしとは?

ガチャめしというのは
兵庫県・丹波篠山にある
舞鶴若狭自動車道
西紀サービスエリア下り線にて
8月5日よりスタートしたサービスです。

1回500円のガチャで引いて出た(券)の
食事が食べられます。
お昼を500円のガチャで決めるので

  • お昼は何でもいい
  • メニューよりガチャで楽しみたい
  • 迷って決められない

という方には特にオススメ。
これは私も気持ちがわかります。

そして「旦那や子供ガが毎回ご飯を
何でも良いと答えてイラっとくる」
なんて奥さんやお母さん達にも
実はありがたいんじゃないかと思います。

「なんでもいいが一番困る」のは
何でもいいといったのに文句を言う人が
いるからだと思うのですが、
自分でガチャを引いた以上は
自己責任になるのでそこがいいですね!

ガチャめしのメニューや排出率は?

まず排出率からですが、こちらは
記事執筆時点のもので、
変わっている可能性もあります。

ガチャめし排出率(仮段階時点)
SS(A):7% S(B):10% A(C):50% B(D):33%

しかも1回500円で600円以上のメニューが
かならず排出されるので
とてつもなく良心的!!

0.3%とかじゃなくって本当に良かった(涙)

ガチャめしメニュー

さっそくガチャを引きに行った方の
Twitterでの投稿をみると

うどんやそばのセットラーメン
とんかつ定食などが見えますね。
ちなみに左側は100円の
ガチャめしミニのほうです。

冷しぶっかけ出石そばなどもあって
本当にラインナップが豊富。
どれが当っても私はバッチ来いです。

当りとして考えていいのは
但馬牛丼(1200円)
但馬牛うどん・そばセット(2100円)などの
高級料理ですね。

どう考えても店が損になるガチャめし
私も近くならば引きに行きたくなる
そんなラインナップです。

季節限定や、ガチャめし限定メニューも
今後登場予定だし、出るでしょうが
西紀サービスエリア下り線だけでなく
他でもきっと真似すると思います

そしてご当地ガチャとかスイーツガチャとか
増えるんだろうなーと楽しみ。

スポンサーリンク

他にもあるの?今後は流行るかも!

チラっと名前を挙げましたが、
ガチャめしミニという100円の手軽なものもあり
こちらはコロッケなどおかず系が当ります。

なんでもいいを選んでもいいという
この発想は非常に面白く、
夏休みならばファミリー層は
西紀SAを選んで休憩するのでは?

これ、単にSAだけでも色々と
応用ができるアイディアだと思います。

フランクフルトやアメリカンドッグなど
軽く食べたいんだけどこれというものがない!
という時に『フランク系ガチャ』があれば
私なら間違いなくそれを引きます。

他にもトッピングが多い、スイーツ店などで
トッピングがランダムになったものが
ガチャに入っているというのも面白いというか
何を選んだらいいのかわからない層には
ありがたいと思いますし。

日本酒の種類がたくさんある居酒屋で
日本酒ガチャとか……
いくらでもアイディアが出てきますからね!

個人的にはお店が損にならなければ
ガチャ廃人も出ない純粋に
楽しいガチャだと感じました。

これは流行るんじゃないか
各地のSAの動向も期待したいです。

なんでもいいを選んでもいい

単なる面白いサービスというだけではなく
なんだもいいクセに文句を言うお父さん
優柔不断だったり、迷っちゃう子供たちに対する
お母さん達の心労にも優しいと感じました。
※私の子供の頃の補正が入っております

現状はお店側の損をする率が
凄まじいように見えるのですが
こういった楽しいことは続くように
利益も調整して欲しいところ。

返金・交換・アレルギーなど
注意すべき点もきちんとありますし
おそらくは西紀SAで落ち着いて
ガチャを引けるのは夏が過ぎてから
という気がします(盛況すぎ)

今後流行して色んな所で
当たり前に出来る可能性もあり
夏は無理でもシルバーウィークや
年末までには各地に広がる予感。

SAを探すのが楽しくなるといいなと
おっさんながら期待しています。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする