ド・ドドンパは日本一の速度で事故が怖い?待ち時間や混雑は?

ジェットコースター

富士急ハイランドの
名物コースターがリニューアル、
その名もド・ドドンパ

日本一の加速度と速度と
ループの直径を誇るだけに、
速さもそうなのですが
事故が怖いですよね!

そして最新アトラクションは
混むのが必然!

待ち時間混雑はどうなるのか?
回避するにはどうしたらいいのか
まとめました。

スポンサーリンク

ド・ドドンパのスペックは?

昨年2016年に営業を中止し
今か今かとリニューアルを待っていた
そんなファンも多かったと思います。

まずはスペックから。

加速力:1.8秒で時速180 km
最高速度:時速180 km
ループの直径:39.7 m
ループの高さ:49 m
全長:1,244 m
利用制限:身長130 cm~
年齢制限:10歳~
料金:1,000円

ドドンパとの変更点はこんな感じ
最高速度が時速172km⇒時速180km
全長が1,189m⇒1,244 m

ループの直径は現在のギネス記録を持つ
米カリフォルニア州の遊園地の
シックスフラッグ・マジックマウンテンにある
”フルスロットル”の直径が38.75 m

ギネスを更新しますね!

これにより、ド・ドドンパは
加速力・速度・ループの直径
以上で日本一になります。

富士急ハイランドはギネス大好きですよね。

ド・ドドンパは怖い?

私は絶対に乗りたくないですけど?

怖いか怖くないかで言えば
大抵の人は怖いんじゃないかと。

特にループの頂点に達する時は
減速するわけですが時速30km程に
一時的に遅くなります。

どうなるか?

まっさかさまで停止している気分が味わえる
いや、味わいたくないですから
フリじゃないですよ?

そもそもループになったのも
タワーだと速度的に無理というのがあって
コースを変更したという経緯があるわけで
怖くないはずがないんだよなぁ。


スポンサーリンク

ド・ドドンパは事故が起こりそう?

基本的に事故が起こらないものでもない
特にこうやってスリルを突き詰めたものはそうですね。

大小含めれば割と起こってます。

ドドンパに関しても部品が外れたり
という報道がありました。

設計上は安全なようにできているでしょうけれども
それは他のアトラクションでも同じで
その他のアトラクションで停止したりといった
事故が起こっているわけです。

絶叫マシンはスリルを楽しむもの
かもしれませんが
それは事故が起こるかもしれない
そういったリスクがあるものだと
理解したうえで乗車することをおすすめします。

富士急ハイランドも全体で見れば
2年に1回ぐらいは事故というか
止まったりしている印象なんですよね。

また、ディズニーだって過去には
事故を起こしたアトラクションがあるわけで
絶対は無いと思っていいでしょう。

待ち時間や混雑を回避するには?

絶対混むわーと思った貴方
私も混むと思います。

ディズニーで120分待ちとかに慣れていると
感覚がおかしくなりますが
60分だって大抵ですからね!

待ち時間を無駄にしない、
混雑の中を回避するにはどうしたらいいか?

実は園内で絶叫優先券が買えるんですよね
指定の時間に優先的に乗れるという。

それが今年2017年の夏から
デジタルチケットで前売りされるとのこと。
それを利用しましょう

私自身が、チケットをどこにやったっけ?
と割と焦るタイプなので
スマホを見せればいいデジタルチケットは
賛成の立場なのですが
さらに優先券も買えるようになるなら万々歳。

私は乗りませんけれども
ド・ドドンパや他にも富士急ハイランドで
夏は楽しむぞ!という方は
公式をチェックしておくといいでしょう。

ちなみに、執筆時はまだデジタルチケットの
前売りは正式に発表されていませんので注意。

数に限りもあるそうですし
結構な競争率になるような気がします。

スーパードドンパじゃなかった

ドドンパよりも凄くなったら
やっぱりスーパードドンパなのかな?
そう考えていた人は仲間ですね!

実際にはド・ドドンパになりましたが
これは発射の瞬間のタメが凄くなって
加速力がまさにド・ドドン!
って感じになっていると期待していいかと。

今年も暑くなるかはわかりませんが
少なくとも夏に長時間待つのは
熱中症などの危険もありますし
絶叫優先券の確保はしたいですね。

別にその時間にならばなくても
涼んでいる事だってできるわけですし
時間を上手く使って楽しみましょう。

私はド・ドドンパ無理ですけどね
だから、フリじゃないですよ?

もし乗って怖くない、楽しかったよ!
という方はどんな感じで楽しかったか
怖かった方はどんな感じで怖かったか
コメントで教えてください(*ノノ)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする