デジタル終活とは?スマホやPCのデータが心配!参考本はある?

USB-メモリ

デジタル終活とは何?

PCやスマホなどになれたからこそ、
いざという時の心構えがあった方がいいです。

見られたくないデータ
SNSの裏アカウントだけでなく、
ネット証券で取り引きをしている場合も
色々と心配ですよね!

参考に出来る本がないか?
そのあたりも調べてみました。

スポンサーリンク

デジタル終活とは?

パソコンやスマホなどに残されたデータなどを
デジタル遺品と呼びます。

デジタル遺品は残された家族にとって
トラブルとなることも多く、
その対策をすることをデジタル終活といいます。

もし貴方がなくなったとして、
残されたご家族は大抵の場合
生前に所持していたパソコンやスマホの
データを確認するでしょう。

通常の遺品と比べるとデジタル遺品は
相続人が想定できない、把握していない
そんなものが残されていることもあって
整理しておかなければトラブルの
原因になりうるわけです。

男性だとちょっとエッチなデータとか
よく「ハードディスクの中身」とか
そういった言い方をするイメージ。

デジタル終活という言葉が広がるにつれて
そういえばあれも、これも!
ともし自分が亡くなってしまった場合に
トラブルになりそうものが出てくるものです。

終活といういと、高齢者の方がする
そんなイメージでしたが
デジタル終活はむしろ若いうちから
意識しておかないと、
今後自分でも把握していないような
デジタル遺品が増えていくでしょうね。

デジタル終活の対象になるもの

ざっくり挙げます。

  • 画像や動画
  • 仕事の資料などのファイル
  • ネット銀行やネット証券の講座
  • SNSのアカウント
  • クラウド上のデータ
  • 仮想通貨

スマホの画像やデータ
PCで取り込んだりダウンロードした
画像や映像などのデータのファイル
最近ではクラウド上のサービスを利用して
ファイルを保存している人もいるでしょう。

家族の写真なども最近ではピースを
している写真から3Dプリンタをつかって
指紋を盗み取るなんていう
映画か物語の世界の技術が現実になっています。

他にも、フリーランスで活動している方は
パスワードのやり取りをしていない場合
取引先にデータを引き継ぐことができず
迷惑をかける可能性もあります。

ネット銀行やネット証券のアカウントは
別にわからなくてもいいんじゃない?
と思うかもしれません。

しかし資産を処分するとなったとき
株は時価になるわけで、場合によっては
大きく下がってから売ることもあるでしょう。

なお、若い人を対象にした(女性も含む)
遺したくないデジタル遺品として
1位はエッチな画像やデータ

「死んだらPC(スマホ)を物理的に破壊したい」
というのは共感できることのようです(笑)

スポンサーリンク

デジタル終活はどうするの?

しらべてみると以下のような形に。

  1. デジタル遺品を仕分けする(意識する)
  2. アクセスできなくなる事を防ぐ
  3. エンディングノートのように紙に残す

デジタル遺品を仕分けする

デジタル終活で意識すべきはデジタル遺品でしょう。
オンラインオフラインのどちらなのか
それによってお対処の仕方がかわるでしょうし、
なにより分けることでイメージがしやすくなります。

ネット銀行やネット証券のアカウント
SNSのアカウントなどのオンラインのデータ。

スマホやPCの中に保存された
画像や仕事の資料などの
オフラインにあるデータ。

こうやって分けることでそういえばあれも
と思い出せることもありますからね。

アクセスできなくなる事を防ぐ

アカウントの整理をしておくのも大事です
自分の頭に入っているから大丈夫
というのは今回はお話になりません。

パスワードにしても取引先ならば
亡くなった後でもわかるとか
そういった形で分類をします。

次に紹介する紙に残すための前段階ですね。

エンディングノートのように紙に残す

実は徐々に流行りはじめている
デジタル終活ようのエンディングノート
クラウド上やPCにパスワードを残していても
それが見れなければ意味がないので
紙に残すのが一番便利です。

デジタル遺品となりそうなものの
整理の総仕上げにもなりますからね。

そして個人的に利点だと思っているのが
パソコンなどが急に壊れた場合の
バックアップとしても優秀

私がそうなのですが、アカウントや
パスワードはソフトで管理しています。
ロボフォームという有料のソフトなのですが
それはさておき、PCは消耗品なので
突然壊れることがあります

過去に2,3回経験しているのですが
新しく買い換えたり、復旧して
以前と同じような状態にするのに
アカウントやパスワードがわからないと
物凄く時間がかかるか、諦めることに。

逆に、そういった情報を手元に残しておけば
いざという時にも安心できるので
終活以外にも、有効だといえます。

番外編:隠蔽する

一番見られたくないと思われているのが
エッチな画像だったりデータの類。

「シークレット」という名前のフォルダをみたら
若い相手との浮気の証拠が出てきたり
なんて話は本当にあるんです。

デスクトップ上にショートカットを作るなど
もってのほかです。
普段使いは勝手が悪くなりますが
いざというときのことを考えると
偽装や隠蔽をしておくのも
デジタル終活には必要だと思います。

デジタル終活の本はあるの?

この記事ではさわりだけなので
手元に本が欲しい方も
いるかと思います(私がこのタイプです)

探してみたのですがまだまだ
種類が少ないですね。

いずれは家計簿のような感じで
ウリに出されるのではないかと予想

デジタル遺品を意識する、しないにしろ
そういったアカウントやパスワードは
気がついたらたくさん増えていますよね。

パソコンが壊れたり、使えなくなったり
買い換える前に普通にアクシデントが
起こるものだと思った方がいいです。

終活じゃなくても、やってみるのは
決して悪いことだとは思いません
むしろおすすめです。

メモだと無くしちゃうので、
ノートとか大きなものにした方が
結局は便利なんですよね。

お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする