ダンボールハウスの簡単キット!子供へのプレゼントにおすすめ!

子供の頃に大きなダンボールを
部屋のように使っていましたが
それを発展させた
ダンボールハウスが人気

特にカッターなどを使わずとも
見栄えのいいおしゃれなものが
あっという間に組みあがる
簡単なキット子供への
プレゼントにもおすすめです。

キャンペーンなどで
シールなどを貰っても
それを貼ってもいい場所や
ものって中々用意できない。

その点で言うとダンボールハウス
シールでデコったり、
お絵かきや落書きをしてもOK

そりゃお子さんも喜びますよね。

自分のセンスのなさや
不器用さを省みると
切ったりという行程が
少ないのに見栄えが抜群という
簡単なキットの存在が
ありがたかったりします。

スポンサーリンク

ダンボールハウスがプレゼントで人気

ダンボールハウスは
まだ小さい子供への
プレゼントとして人気です

サイズ的に3歳前後といった
対象年齢ですが
自分の部屋のようにしてあげたり
秘密基地にしたりと
用途は多いですよね。

プレゼントする側の
人気の理由としては
こんな感じでしょうか。

  • 軽いので移動が楽
  • シールや絵を描いたりしてもOK
  • いらなくなっても処分が簡単

素材がダンボールなので
掃除をするから移動させたい
と思ったときにも軽くて楽です。

部屋の壁にシールを貼ったり
落書きをしたりはダメですが
ダンボールハウスなら
存分にできます

むしろ子供と一緒に
絵を描いたりして遊べますよ。

最終的に処分をすることになっても
あくまでダンボールなので
処分も簡単ですよね。

自分の部屋がない子供からすれば
自分の部屋ができた気分にも
なれるのが個人的には○

見た目もおしゃれで本格的なものが増えた

ダンボールハウスにあった
私の過去のイメージは
ザ・箱! です(笑)

そこから窓を開けたり
出入り口を作ったりと
そんなイメージはありますが
最近のは超本格的ですよね。

ほらこれなんか、
まんま家ですよ。

今までのものってぶっちゃけ
「買うほどのものでは無いな」
という印象を抱くものが
多かったのは確かです。

「私の箱ハウスとの違いが
 わからないのにお金が取られる
 解せぬヽ(#>口<)ノ」

なんて思ったりもしたものですが
子供用にキチンと
作られたものは作りやすさ
というだけではなく
子供が手を切らないようにという
工夫もされているものも

それは不器用な私では
センスでもテクニックでも
叶いませんな(*ノノ)

スポンサーリンク

不器用なので完全に手作りは不安

スーパーでダンボールを
貰ってきて自分で
ダンボールハウスを作る。

まあネットで探せば
設計図とかブログであるだろ
よしやったるでー
できればいいんですけどね

  • 折りたたんでコンパクトに
  • 移動に便利な取っ手をつける
  • 耐久性を高くする
  • 手が切れないように側面をカット

……やっぱり通販などで
販売するだけの工夫が
簡単な手作りキットには
されてるんだなと実感

いやー私には無理です。
ダンボールハウスに
なんでそんなに需要があるのか
しみじみと感じちゃいました。

おすすめのダンボールハウスキット

いくつか私が見かけた中で
おしゃれだったり
組み立てが簡単だったりする
おすすめのダンボールハウスキット
ご紹介していきます。

入り口が複数・チャイム付き

パッと見た目で家だ!
となるダンボールハウス。

煙突や抜け道、
裏面はウエスタンな
酒場っぽいドアになっていて
ニヤニヤしちゃいます。

組み立て所要時間は
これで30分程度。

屋根に取っ手がついていて
移動も楽です。

まさに秘密基地!?

あ、これは手作りだと
無理だなーと
一目で思ったものです。

男の子がよろこびそうな
面白いデザインです。

工具不要なダンボールハウスで
鍵などのギミックも
ついているのでかなり好き。

ハウス?いえ、キャッスルです

もう1つ今度は女の子用に。

ディズニーのビビデバビデブーとか
思い出してしまうわけですが
そういうのとセットで
楽しめたら最高ですね。

おまけ

コレクション用ではなく
完全に貼ったりデコったり
そういう用途にどうぞ
シールの福袋です。

なんでも福袋って
あるんですねー。

というわけでいくつか
ダンボールハウスの
キットをご紹介しました

こういった経験から
クリエイティブな趣味に目覚め
色々と工夫するような
子供になってくれたらいいなー
という期待も込めちゃいます。

ただ、作っている間は
子供を無視して楽しんでしまう
そういうの、ありだと思いますよ。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする